「東京五輪」ガイド!「東京五輪2020は成功する?」「五輪をやるメリットはある?」「夏開催の危険」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

10月24日は「東京オリンピック」の日。

1964年のこの日「東京オリンピック」が閉幕。日本が獲得したメダルは金16、銀5、銅8個という成績でした。OKWAVEでの「東京五輪」「東京オリンピック」に関連したQ&Aをまとめました。


  • 東京五輪2020は成功しますか?
  • 五輪をやることで日本にメリットはある?
  • 日本での真夏開催は危険では?
  • ★Q&Aサイト「OKWAVE」で、弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、30人以上のプロの専門家への非公開&無料相談が可能です。ぜひ、ご利用ください         https://project.okwave.jp/private_qa/?&slp=201810

東京五輪2020は成功しますか?

東京五輪

東京五輪は成功しますか?


東京五輪のために海外から多くの外国人客が来られることが予想されますね。

全国からも東京に。

東京が予想以上にごった返すと思いませんか?

日本の夏に弱い?外国人客、連日続くオリンピックに予定通り競技が行われるのか?


ただでさえ東京には多くの人口がいて地下鉄が通勤や通学される方々の妨げにならないのか?が心配。


また、経済効果、東京をアピールできたとしても、東京五輪がピークで今後東京に伸び代があるのか?


何もトラブルや想定外の事件や事故なく東京五輪が成功しますか?

南アフリカのW杯の時も「アフリカでちゃんと開催できるのか?」「治安は大丈夫なのか?」など、いろいろ言われましたが、とくに何事もなく終わりました。
おそらく東京五輪も無難に終わると思います

確かに昭和39年の時とは違うでしょう。
新幹線、高速道路。
経済成長の軸でした。
今度は、難しい。
テロの心配も。

東京五輪は成功しますか?
日本の国力からすれば間違いなく成功はするでしょう。
ただし、地震などの自然災害、ミサイル、テロなどはない限り。
これは五輪うんぬんの話ではありませんから。

東京五輪のために海外から多くの外国人客が来られることが予想されますね。
全国からも東京に。 東京が予想以上にごった返すと思いませんか?
競技会場周辺はともかく、他はさほど影響はないでしょう。ごった返すのはごく一部の観光地などぐらいです。
今でも都心のビジネスホテルなどは中国人のおかげで予約がとりにくくなってます。

日本の夏に弱い?外国人客、連日続くオリンピックに予定通り競技が行われるのか?
客とか暑さとかは全く関係ないでしょう?客が集団で熱中症になったったて競技は行いますよ、注意喚起はするでしょうけど。意図がわかりません。
前述とおり、自然災害などない限り無事進むでしょう。外国と違い日本人は分刻みに計画を行う民族です。

ただでさえ東京には多くの人口がいて地下鉄が通勤や通学される方々の妨げにならないのか?が心配。
東京五輪は学生の夏休み期間に行われますから、普段より電車は混雑しません。問題ないでしょう。競技会場のある駅など、競技が終わった直後などは一時的に混雑するのはどこでも同じです。

また、経済効果、東京をアピールできたとしても、東京五輪がピークで今後東京に伸び代があるのか?
それは今後の課題であると以前から政府や議員の人たちは言ってますよ。昭和の時代であれば国威発揚で開催して国力がついたケースはありましたが、今はどの国が開催したってみんな五輪がピークです。貧乏な国は開催できませんからね。

何もトラブルや想定外の事件や事故なく東京五輪が成功しますか?
繰り返しますが、自然災害などは予期できません。なので、これには誰も答えることは出来ません。

五輪をすることで日本に良いことはあるのでしょうか。巨額の資金は回収できるのでしょうか?

東京五輪

日本ですることで何か良いことでもあるのでしょうか
巨額の資金は回収の見通しあるのでしょうか
宜しくお願いします。

五輪の開催費用だけの話なら赤字にはなるでしょう。
しかし開催することによっての経済効果は、試算するところによってバラツキはあるものの、20兆から60兆はあると試算されています。

開催期間中もその前後も多くの観光客が外国から訪れるわけですから、たくさんお金をばら撒いてくれるわけです。都内周辺のホテルは割高にしても超満員状態、関連グッズなどの土産や飲食や観光地訪問、外貨をたくさん獲得できるし、会場はもちろんインフラも整備されれば、五輪終了後もしばらくは、五輪開催前の今より多くの観光客でにぎあう、これらを試算してのことです。早い話、企業は大歓迎で、それで景気もよくなればわれわれ庶民にも少しずつ見返りが出てくるわけです。

メディアというのは新聞なら発行部数、ネットなら閲覧数、テレビなら視聴率を稼ぎたいわけなので、いいことを宣伝せずに赤字になることばかりを取り上げれば、それらを稼げるので、経済効果などについてほとんど取り上げるところはなく、それで五輪開催そのものについての是非が出てきてしまうのは残念ですね。まぁ、長い目で幅広い視野で見て取り上げてほしいものです。

>日本ですることで何か良いことでもあるのでしょうか

短期的な経済効果は大きいでしょうね。少なくとも2020年までは外国人観光客が減ることはないですから、ホテル業界や観光業、飲食業界や各種お土産業界は大いに潤うことになると思います。
また日本人は私も含めてお祭り好きですから、そのお祭り気分でなんとなく世間全体が高揚して消費活動が活発になるということもあると思います。サッカーのワールドカップもやる前は日本じゃサッカーは盛り上がらないとか史上最低の盛り上がりのワールドカップになるだろうといわれながらあれだけ盛り上がりましたからね。
我が民族のいつものパターンなんですよ。やる前は散々酷評したりツマランとか興味ないとかいってるのに、いざ始まるとあの興味ないっていってた人たちはどこに行ったの?ってくらい盛り上がるのです。

>巨額の資金は回収の見通しあるのでしょうか

回収するためにやるもんじゃないですからね、お祭りは。例えばハロウィンの仮装なんてやってモトがとれるのかといったらとれないじゃないですか。ヘタすりゃたった1回しか着ない仮装のためにお金をかけちゃうわけでしょ?

ま、もう決まっちゃったことだからしょうがないですよ。しかしもし仮に東京ではないとしたらイスタンブールで行われることになったと思いますが、トルコは今、シリアやロシアと緊張状態にあり(軍隊同士の武力衝突も起きています)、しかもシリアからの難民が大量に流れ込んでいますので、イスタンブールだったら東京以上に「本当に開催できるのか?」ってなったと思います。

東京五輪、真夏の開催は危険ではないですか?

東京五輪、真夏開催!

この時期、全国的に猛暑が続いています。 熱中症で病院に・・
なんて人も増えているようです。 さて、こんな日本の真夏に
オリンピックなんか開催したら大変な事になるのではと、
思うのですが、どうでしょうか? 
夏開催の最大の理由が「放送権料」問題って言うから、唖然と
しますが・・。

オリンピックに最大の金をスポンサーしてるのは、アメリカのテレビ局です。放映権もそうですが、最大の要望が聞き入れられるのです。
金をもらってるからIOCも反論できない状態が現在のオリンピック。

ではなぜ夏なのか。
オリンピックは7月~9月初旬までに開催とあります。
この時期はアメリカにおいてスポーツのビッグゲーム空白地だからです。
これ以降は、バスケットやアメフトが開幕しますし、MLBも優勝が決まりワールドシリーズに突入しますから、オリンピックなんて見なくなるのです。
だから開催地の都合など関係ない。
競技時間にしても同じです。アメリカに人気のある種目は必ずアメリカのゴールデンタイムに放送できるように調整されており、開催地の都合で調整できません。
だから水泳の決勝が朝、ということになるのです。
それにアメリカは興味ないけど欧州は人気のある競技は欧州のゴールデンタイムに合わせることとなり、ほとんどの人気競技は開催地にはベストな時間で見れないのです。
マラソンなどは人気のあるのは日本だけ。
ですが暑さ対策のために早朝開催。
誰だったか、マラソンメダリストが、マラソンは冬の競技なんだから冬季五輪にすればいいのに、と発言されてました。
その通りだと思います。
サッカーもマラソンもウインタースポーツなので、冬季五輪にすればいいのですが、サッカーに関しては冬にやれば、各地のリーグ戦に穴が空くからFIFAは反対するでしょうね。

話は逸れますが、野球・バスケット・サッカーは夏季五輪の時期はオフシーズンなのです。
だから選手が集まる。
野球なんかシーズン中なのですから開催する必要はないのです。
やるのなら社会人・大学のアマチュア中心。
プロを入れるなら独立リーグから召集。
百歩譲れば、年齢の上限を設け、若手や2軍の選手から出せばいい。

ま、ロス五輪以来商業主義になった五輪などつまらない!の一言です。
そこまでアメリカ中心にプログラムを作るのなら、一生アメリカ国内で開催すればいいのです。

東京オリンピック自体は、日本での開催ということもあり、関心はあるのですが、さて、酷暑期の真夏開催については、不安が多いですね。

年々、気温の上昇がエスカレートする中で、路面の照り返しの工夫や日陰などの対応策を超越する体温上昇による熱中症などの多発による観客のみならず、参加国の至宝とも言える選手団の生命の危機に対する懸念。

しかし、私が一番心配しているのは、開催前後を含めた凡そ20日間にも及ぶ期間における天候の変化。

ズバリ、海水温とアスファルトの地表温度の極端な上昇による上昇気流が作り出す巨大な積乱雲によるゲリラ豪雨。

交通の麻痺は当然のことながら、それに伴う観客動員数への影響、さらには、大会種目の順延や中止などを含めて、真夏の開催には、負の要素が目白押しです。

この東京オリンピックを機に、真夏の日本開催は終わりにすべきだと思います。

また、開催の予算規模の膨張は、もはや、オリンピックの目的が先進国だけの特権的な商業主義であり、アマチュアスポーツの祭典としての意味は殆ど失われていることからも、今後の日本開催は辞退する時期にも来ているように思いますがね。

唖然も何も「商業五輪」となってしまってからは、放映権をもつテレビ局の意向に左右されるのは、今に始まった話ではありません。北京五輪では陸上の決勝が深夜0時になるなど、その都度物議を醸してますから。五輪以外でもワールドカップなどどんな競技でも、放映時間がそのたびに物議を醸してます。

最初から決められた日程であり、以前から五輪はずっとアメリカのテレビ局が放映権を獲得してるので、それに従うのはわかっていた上で立候補した以上は、その日程でやるのは当然、それが今回たまたま酷暑が問題となってる東京である、ということです。日程を変えたり開催そのものうんぬんを言う人もいるようですが、戦争や地震などの災害でもない限り、そういう議論をしても変わることはないのです。議論をするとすれば、酷暑対策をどうするか、しかないのです。

となれば、東京五輪の組織委員会などがどう対策するか、にかかるわけですが、以前問題となった新国立がコスト削減のために冷暖房の設置を取りやめた時点で、期待できませんね。もしかしたら今から設置を検討する可能性もありますが、そのカネはどこから出るのか、心配のタネはつきませんね。

この放送権料問題ですが、秋に開催すると、日本のプロ野球やサッカーもそうなのですが、各国(特にアメリカ)などのプロスポーツの年度決勝とぶつかったり、その白熱した最終戦に近づいた試合の放送とかぶるので、夏季オリンピックは開始時期を夏に、冬季オリンピックは、雪が少ない春近くにズレています

しかし、この放送権料が、各国の選手育成に回されていることも事実です

つまり、選手の育成・競技向上のための資金に放送権料が使われているという実態もあるということを、まずは認識しておく必要があるかと思います

で、オリンピックがなんのため?誰のために?となるかと思います

そうなりますと、オリンピック理念に鑑みて、参加競技者のため・・となります

また別の話で、北京オリンピックでは、大気汚染のために出場をボイコットした選手もいましたし、リオオリンピックでは、治安が悪いということで出場を見合わせた選手もしましたし、実際に参加選手に被害も出てしまいました

つまり、参加競技者のための理念がありつつ、参加は自己責任であることも前提としてあります

>夏開催の最大の理由が「放送権料」問題って言うから、唖然としますが・・

つまり、競技者のための放送権料であるのなら、オリンピック理念と差異はないように思えます

また、今のところ、今年のような猛暑は5~6年に1度であることもあります

これが毎年のことになるかは、未だ専門家もはっきりとは宣言していません

>どうでしょうか?

参加自由で、その準備をしてきてくれ・・こっちもなんとか考えてみるから・・・ということになるかと思いますが、会場で見る側の熱中症対策は個人の問題かと思います

まとめ

<public relations>       

★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、今後、様々な優待に利用できます。

OKWAVE

https://okwave.jp/ 

新規登録

https://okwave.jp/register

OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ