太らないおつまみの選び方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

これから冬にかけて、忘年会シーズンになり
お財布も寒ければ外も寒い、なのになぜか脂肪ばかり蓄えられて体脂肪率だけはホクホク…
そんな事態が待ち構えています。

でも
お酒の席でおつまみ選びにさえ気を付ければ、太ることなく忘年会シーズンを乗り越えられます。

STEP1☆お酒自体は太らない!

アルコールは体の組織にならないため、それだけを摂取しても体脂肪にならず、代謝によって消費されます。
宴会続きで太る理由は、おつまみにあるのです。

お酒を飲むと、脂っこいものや塩気の強いものを欲してしまい、つい食べ過ぎてしまうもの。
それを避けることを念頭にして、飲み会に臨みましょう。

STEP2☆焼き鳥は塩で!

定番メニューの焼き鳥は、タレよりも塩のほうが低カロリー。ねぎま、砂肝、レバーはOK。皮やつくね、手羽先は脂肪分が多くNGなので避けるようにします。

STEP3☆鍋ものも具材を選ぶ。

おでんは大根、こんぶ、コンニャク、つみれ、はんぺんなど、揚げものではないOKメニューをチョイス。さつま揚げ、いかげそ揚げ、いか巻きなどはNGです。

湯豆腐は鍋自体が低カロリー高たんぱくで優秀なので、ぜひおつまみに加えていただきたい一品です。

STEP4☆お刺身はネタ次第

お刺し身はしょうゆをつけすぎないことをルールに、たいやひらめなどの白身魚、たこ、えび、貝ならOK。
まぐろのトロ、いくら、うに、はまちはカロリーが高いので、控えたほうがベターです。
上司にぐいぐい勧めましょう(笑)

STEP5☆洋風おつまみには要注意

洋風のおつまみ選びのポイントは、脂肪分、塩分の多い食品や揚げものを避けること。
おすすめメニューはスティックサラダやスモークチーズ、シュリンプカクテル、オニオンスライスなど。
レーズンバター、サラミソーセージ、キャビア、フライドチキン、ピザなどは、定番でつい頼みがちですが、NGです。

まとめ

お酒を飲んだあとにやラーメンやお茶漬けなどを食べ直すのは、もちろん御法度です。

お酒自体の飲みすぎも、内臓に負担をかけますし、おつまみへの自制心も崩しかねません。
適量をおいしく楽しむことが太らない飲み会をこなすコツです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ