誕生花「もみじ」特集!「紅葉と楓の違い」「紅葉は夏には使えない?」「大坂のもみじ天ぷらの発祥」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:506
  • ありがとう数:0

はじめに

10月3日の誕生花は「もみじ」(花言葉は「自制」)。紅葉(もみじ)に関連したOKWAVEでのQ&Aをまとめました。


  • もみじは秋を表していて夏には使えませんか?
  • 大坂のもみじ天ぷらの発祥は?
  • もみじとかえでの違いを教えてください


★Q&Aサイト「OKWAVE」で、弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、30人以上のプロの専門家への非公開&無料相談が可能です。ぜひ、ご利用ください        
https://project.okwave.jp/private_qa/?&slp=201810

もみじは秋を表していて夏には使えないのでしょうか?

もみじ

こんにちは,教えてください。
もみじは,秋をあらわしていて夏には使えないのでしょうか?
俳句とか着物の柄とかお茶碗の絵とか?

もみじの赤い葉が美しいのは「秋」ですが、
旬もまだ早い瑞々しい緑のもみじの葉は「夏」のものですよ。
夏の緑の葉が美しい「夏もみじ」という言葉の表現をすることもあるようです。

俳句や風流の世界のことは分かりませんが、参考にまで。

緑や青の「もみじ」柄は青楓(あおかえで)といって初夏(5月6月ごろ)の植物です。
着物やお茶碗も青楓ならこの時期に使用します。

赤や黄色の「もみじ」は秋の植物ですから季語としては秋に用いるのが適しています。
晩秋(10月ごろ)に「紅葉」「紅葉狩」「柿紅葉」など多様なもみじ表現が使えます。
初冬(11月ごろ)にも「冬紅葉」「紅葉散る」といった季語があります。

着物の柄は季節のものをとりいれますので、季語と同様に紅葉を秋に着る方が多いです。
10月からの着物である袷(あわせ)で秋に着用します。
ただし、着物の柄は季節を先取りすると素敵です。
夏の着物である「絽」や「紗」に紅葉を入れて、晩夏(8月ごろ)にお召しになる方もおられますし、
9月の着物である単(ひとえ)の柄としてもおかしくありません。
むしろ、お花見にその花の着物を着ていかないように、
紅葉が華やかな時期には遠慮したほうが粋かもしれません。

ちなみに、桜と紅葉がどちらも入っている着物やお茶碗は春秋OKです。
時期が限定されず使いやすいのでよくあります。

大坂にもみじの天ぷらはあるそうですが、なぜ食べるようになったんでしょうか

もみじの天ぷら

大阪にもみじの天ぷらという珍味があるそうですが、なんでもみじを食べる事になったんですか?

箕面公園がモミジのてんぷらの発祥の地です。
阪急電車の箕面線終点で降りると、箕面の滝までの、約3 km の間に十数軒で、モミジの天ぷらが、揚げながら売っています。
モミジの葉にコロモと言うよりも、味付けした、小麦粉を貼り付けて揚げてありますにので、揚げせんべいのようなものです。
最近は、その味付けが、良くなって、なかなか美味しくできています。

大阪より、京都、高山や愛知県の香嵐渓などで有名ですけどね。
大阪のは↓に説明があります。

1300年前、修験道場であったこの箕面山(大阪府)で、白衣に錫杖、ホラ貝姿で修行していた役の行者が、滝に映えるもみじの美しさを称え、灯明の油(菜種油)で天ぷらを作って旅人に振舞ったのが「もみじの天ぷら」のはじまりと云われています。

とのことです。

紅葉(もみじ)と楓(かえで)の違い

カエデとモミジの違い

 カエデとモミジの違いって何でしょうか?それぞれの特徴は書かれてあっても、違いがよくわからなくて...
 私は学生ではないので、そんなに詳しい回答でなくても大丈夫です。

カエデ(楓)とはカエデ科カエデ属の木の総称。
モミジ(紅葉)は科、属を問わず、様々な樹木の紅葉(こうよう)を総称することとして使われることが多い。

簡単に言うとこんなところでしょう。

カエデもモミジもカエデ科カエデ属に属し、植物分類学上の区別は無く、カエデの仲間の中で葉が5列以上に分岐して切れ込みが深い種類
(イロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジなど)を園芸上の分類で「モミジ」と通称しているようです。

秋の紅葉で、黄色く色付くのが楓で、赤く色付くのがモミジとの説も有りますね。

このような説明も見つけました。
http://plaza.rakuten.co.jp/miya1967/diary/200710270000/
かえでについて
 かえでは、「かへるで(蛙手)」が「かへで」と転訛したもの。
 葉の形から、「かえで」は、その現代表記。
 日本では、かえでに楓の字を当てる。
 しかし、漢名を楓(フウ,feng)という植物は、マンサク科のフウ。
 (フウは、カエデと類似の葉形をもつ全く別の木のことです)
 従って、日本でカエデに楓の字を用いるのは誤り。
 カエデ属の植物の漢名は、槭(シュク,qi)である。
 まあ、普段気にせず使っていますが・・・

もみじについて
 晩秋に木々の葉が赤や黄に変色することを、奈良時代に「もみつ」
 と言い、それが平安時代に「もみづ」と濁った。
 名詞形はこれらの連用形に由来し、奈良時代に「もみち」、
 平安時代以降「もみぢ」と言った。「もみじ」はその現代仮名表記であり、
  1. 晩秋に木々の葉が赤や黄に変色すること
  2. もみじの美しい木、ことにイロハモミジとその近縁のカエデ類
 を言う。
 つまり、元々、紅葉(こうよう)を指す言葉がいつの間にか、
 対象そのものを示すことになってしまったようです。

但し、盆栽界では明確に区別されていて、イロハモミジ、ヤマモミジ、
オオモミジなど葉が5つ以上に切れ込んで掌状のものをモミジと呼び、
トウカエデ(切れ込みが3つのもの)をカエデと呼んでいます。

まとめ

<public relations>       

★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、今後、様々な優待に利用できます。


OKWAVE

https://okwave.jp/ 


新規登録

https://okwave.jp/register


OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ