【気になるお金の豆知識】「貯金300で30万の家族旅行は贅沢?」「なぜタバコは二重税?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:863
  • ありがとう数:0

はじめに

OKWAVEのQ&Aから、経済や税金、保険や身近な買い物まで、ちょっと気になるマネーのネタをまとめました。

  • 消費税がアップしたら、あなたの生活は変わりますか?
  • タバコはなぜ二重に税金がとられているのでしょうか
  • 貯金300万円以下で30万の家族旅行は贅沢でしょうか


★Q&Aサイト「OKWAVE」で、弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、30人以上のプロの専門家への非公開&無料相談が可能です。ぜひ、ご利用ください      
https://project.okwave.jp/private_qa/?&slp=201810

消費増税したら、あなたの生活は変わりますか?

値上げ

増税に伴い、私の生活はどのように変わると思いますか?

喫煙者ではないので「タバコ税は」関係ありませんが、輸入食品で小麦粉が増税するだけでも食生活に影響しますね?


今から2%上がるだけにしても、衣食住変わりますね?

備えまでもいかなくても、節約家の観点から、増税に伴う影響でどのように生活は変わりますか?

同じ生活水準を維持していくと 貯金できるお金が減る。

喫煙者ではないので「タバコ税は」関係ありません
そんな事はありませんよ。
たばこ税は
住民がより住みやすくなるような環境を作るため、公園の建設や道路の整備、下水道の管理など区画整理に費やされる土木費。クリーン活動やゴミ収集、環境調査などを行うための衛生費や公害対策費。
地震や火事、水害など天災が起きた時の消防活動や救助活動に充てられる消防費。小中学校や美術館、図書館などの文化施設運用のための教育費。
観光名所のある地域には観光地の整備や、その土地ならではの商工業に使われる産業経済費などもあります。もちろん借入金の返済に充てられる公債費にも使われています。
増税に伴って節約されると税収が減り生活環境は悪化の一途です。

別に変わりません。お上に政策有れば民には対策有りと云う訳で、忙しすぎる今の世の中も工夫すれば宜しい。

例えば都市生活者なら、食料の買い物、百貨店、スーパーは閉店頃なら半額になってます。

これなど一例ですが、業務スーパーの活用など色々考えれば増税云々と嘆くよりも考えて工夫すればかえって楽しく今まで通りの支出で済みます。

100円ショップがすべて安いとは限りません。
ポテトチップスら100円ショップより業務スーパーの方が何割か安いし、菓子の安売り大型店よりドラッグストアーの方が安い、等々。

但しお住まいの場所によって述べたような店が無いとおっしゃられるならごめんなさい。

戦前から生きている身としては一番高いと思う物は交通費。
金券ショップを利用すれば少しでも安くつきますね。
年賀はがきなどは62円が55円台で売ってます。切手、印紙、ビール券、色々な金券然り。

増税が堪えると嘆くより、どうしたら良いかと前向きに考え行動する方が世の中楽しく過ごせます。

一番私が奇異に思うのは日本の家庭、まあ色々ごちゃごちゃとろくでも無いものがワンサカ。必要のない小ものがらくた類で埋まってます。

そう云う物は買わない、使わない。 それだけでも増税は恐れるに足らず、ヨーロッパの消費税なんか20%台ですよ。

なぜタバコは二重に税がとられているのでしょうか?

タバコ税

タバコ税はなんで国税と地方税の両者から取られるのでしょうか。こんなのタバコくらいですよ。

消費税も国税と地方税がある。

あなたが毎日一番多く支払っている消費税も同じです。
消費税(国税)が6.3%、地方消費税(地方税)が1.7%、その合計が8%です

給料からは所得税(国税)と住民税(地方税)が取られてる
ガソリンには揮発油税と地方揮発油税が取られてる

タバコで既得権を得ている業種があるから直接は言えないが、
タバコ止めなさいと言うこと。
医者にも忠告されるし、今では公共の場でも自宅内でも吸えない状況でしょう。
常識ある人はほとんど止めました。

貯金300万以下で30万の旅行は贅沢でしょうか?

貯金300万以下で旅行に30万。危機感無いですか?

小学生と3歳の子と夫婦の4人で年末年始に沖縄に旅行に行きたいと思っております。どうしても旅行に行けるのが、高いハイシーズンになってしまいます・・

持ち家はローンあり。他の借金はありません。夫は年収が平均以上と私はパートで月数万円です。

貯金していた方が良いでしょうか?

良い意味で言いますが。人生何があるか分かりません。行ける時に行っときましょう♪お金はいつでも貯めることができますが、時間を戻すことはできません。

家族旅行てすごく大切です。子供が小さいときは特に。
後からもよく思い出して話をしますよ。
私も以前は沢山出掛けました。
でも、子供との沢山の経験が今は宝です。

人生何があるかわかりません
だから若い時の今思い出つくりとして沖縄とかハワイとかに旅行する人。
そうではなく何があるかわからないからこそ
そのお金でローンを一刻も早く軽くしておく人。
人はいろいろ。
長期計画を立てたうえでご家庭でどうしてもやりたいことを
支出の部分に組み込んで計画を立ててみてご家族内で話し合ってください
その激しい話し合い自体が家庭の思い出つくりになるかも。

旦那さんの仕事が分からないですが収入が平均以上なら問題ないでしょう。
ただ、5~10年後に6割の人がAI(人工知能)に仕事を奪われると言われているので貯金は必要ですね。

ローンは残り少ないようでしたらいいですが、まだ10年以上あるようなら貯金は必要でしょう。
お子さんを大学に行かせたいならそのお金も必要ですから

国外のパックツアーよりも国内旅行のほうが高いですからね 
もっと安上がりで楽しめることを探してもいいかなと思います。
キャンプ 貸別荘 料理をするのは 夫と子供。
自治体指定保養所という制度のあるところにお住まいでしたら(役所のホームページなどに記載あり)それを利用するとかなり割安。
東京は江東区にもキャンプ場があります。
http://www.tptc.co.jp/park/03_09/reservation_info

お金をたっぷり使う旅行は 夫婦二人になってからの楽しみにとっておいてもいいと思います。

こんにちは。

私達夫婦も旅行が好きで、ほぼ2ヶ月毎に国内各地の温泉旅行に行ってますが、確かに年末年始やゴールデンウィークとかお盆休みのような繁忙期になるとホテルの宿泊料金を始め航空機の搭乗券なども運賃が高くなりますから、旅費の総額も高くなりますが、旅行に行ける時期が限られてるなら仕方がないでしょう。

また、持ち家のローンを返済中なら預金の残高が少ないのも仕方がないことで預金の残高が多ければ繰り上げ返済をしてるでしょうから、300万円以下の預金残高で総額30万円くらいの家族旅行をしても危機感がないとは誰も思わないです。

ちなみに、年末年始でも大晦日の12月31日から新年を迎える元旦を温泉宿で過ごすと宿泊料金は通常料金の数倍に跳ね上がりますので、私達夫婦は年末年始の温泉旅行はしませんが、年始でも3ヶ日を過ぎると随分と宿泊料金も安くなりますから小学生の子供さんが冬休みの期間中に旅行日程をずらすような工夫をすると少しは旅行費の総額が安くなりますので、そのような工夫をすると旅行の計画を考えるのも楽しいですし、数万円くらいの旅費は直ぐに浮かせることが出来るものです。

まとめ

<public relations>       

★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、今後、様々な優待に利用できます。


OKWAVE

https://okwave.jp/ 


新規登録

https://okwave.jp/register


OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626

必要なもの

「マネー」カテゴリ

https://okwave.jp/c213.html

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ