世界を震撼させた経済危機から10年。「リーマン・ショック」ガイド!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

10年前の2008年9月15日、アメリカの投資銀行である「リーマン・ブラザーズ・ホールディングズ」の経営破綻をきっかけに世界的な金融危機が発生しました。日本では「リーマンショック」の呼称が有名ですが、アメリカでは「2007年〰08年の金融恐慌」あるいは「2008年金融危機」と呼ばれています。OKWAVEでのリーマンショックに関連したQ&Aをまとめました。


★Q&Aサイト「OKWAVE」で、弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、30人以上のプロの専門家への非公開&無料相談が可能です。ぜひ、ご利用ください     
https://project.okwave.jp/private_qa/?&slp=201809

なぜリーマンブラザーズが特別で「リーマンショック」という名前がついているのでしょうか

リーマンショックについて

世界中でいろいろな会社が破綻したと思います。
しかし、なぜリーマンブラザーズの破綻が特別(?)というか、リーマンショックと言う名前までついているのでしょうか??
理由を教えてください!

簡潔に述べるならば、
行き過ぎたマネーゲームによるバブルが弾けた際、
「どんな事があっても、あの大企業は決して潰れないだろう」という大衆の予想に反して、
リーマンブラザーズという歴史ある名門の大企業が潰れたので、
象徴として名付けられてしまった。

リーマンブラザーズは約64兆円という史上最大の倒産をしました。
これにより、直接的な被害としてリーマンブラザーズが発行している社債や投信を保有している企業への影響が発生し、次いで取引先への波及と連鎖などの恐れが広まりました。

リーマン破綻とその影響から、アメリカ経済に対する不安が広がり、ひいてはその影響で世界経済に影響を及ぼしたわけです。

世界金融不安の発生源がリーマンブラザーズ破綻から始まったといえるので、リーマンショックと呼ぶのです

まぁ象徴としてです。
またこの事から資本主義の崩壊などとも言われますが、これは決して大げさな話ではなく”本来の市場の原理に基づけば”そのまま事実であるのです。

リーマン・ブラザーズの破綻は60兆越えの史上空前の大破綻でした。そしてこれをそのまま放置すれば市場原理に基づき連鎖破綻で米国の大多数の企業と大多数の洲も、米国政府も、そしてそこと繋がる世界中の企業も年金基金なども、自由な市場に任せ市場の原理に基づき放任すれば、すべては破綻し深刻な大恐慌に陥るはずだったのです。

それ以前、07年中期から米国のバブル崩壊が始まり徐々に問題は表面化し始めていました。ファニーメイ、フレディマック、ベア・スターンズなどの事実上の破綻とその救済がその表面化の一端でもありました。またその手の問題が噴出するたび世界同時株安などといった事態が起こり、市場は不安定化していました。またこのような救済政策が行われる度に、そのような公的資金注入による救済は一部企業の優遇であるとして米国政府は厳しい批判にさらされていました。
この救済策は市場全体を守るという意味では正しくても、自由競争・自由市場を掲げる米国にとっては、この市場原理に基づかない一部企業の救済策というのは、一部企業への優遇政策として批判される事もまた正論でした。

その結果、リーマン・ブラザーズが破綻状態にあることが政府の耳に入った頃、政府は公的資金によるリーマン救済などとうてい行えないような状態となっていました。また他の金融機関への買収合併なども内々に打診もしていましたが、どこもギリギリの状態でありリーマンを救済する余力など残っていないような状況となっていたのです。

そしてリーマン・ブラザーズは史上空前の大破綻となりました。
その後はこれまで米国が掲げてきた自由な市場・自由な競争などかなぐり捨てた、資本主義など土返しの救済法の整備、救済のための財政出動など、諸外国の政府も巻き込んでの米国市場救済の政策が行われました。

何故か日本だけが2008年9月のアメリカ経済不安を
「総称」してリーマン・ショックと呼んでいる。

その為、マスコミの言葉を鵜呑みにした人達の間では
リーマンブラザーズが約6,130億ドルの負債で破たんした
事でアメリカの経済破綻が発生したと思っているようです。

この勘違いの為、アメリカ経済不安=リーマン・ショックと
なってしまい、そのままリーマン・ショックと呼んでいます。

確かにアメリカでもリーマン・ショックを使いますが、リーマン
程の会社が破たんすることだけに使用され経済不安自体は
「サブプライム住宅ローン危機(subprime mortgage crisis)」と
言われるようです。
日本でサブプライム住宅ローンと言っても一般市民には
意味が通じない為、経済を知っている人には知名度があり
当時の破たん額では史上最大の金額で破たんした会社の
名称であるリーマンを使ったと思われます。

そもそもアメリカの経済不安は、リーマンが破たんする1年も
前から顕著化しており2007年だけで100社近い会社が
破たん状態になっています。
その最大級の爆弾がリーマンとAIGということです。
但しAIGは政府に救済された為、日本ではリーマンだけが
悪となっているようです。

-------------

よって一般サラリーマンレベルの常識では住宅ローン問題で
リーマンが6,130億ドルで破たんしアメリカのみならず世界全体が
不況になった、その為その引き金となったリーマンを冠として
リーマンショックと呼ぶようにしたが、正解となります。

海外および経済の専門家と話す場合は、2007年2月頃から
サブプライム住宅ローンが破たんし始め、2008年に不安が
拡大、大手金融機関が他社に救済されるなか見捨てられた
リーマンが破たんし、AIGは992億9000万ドルの損失をだした。
これを総称して「サブプライム住宅ローン危機」と呼ぶとなります。
*AIGが救済された理由は、CDS問題があった為。
 CDSが崩壊すれば数十兆ドルの損害となる。

リーマンショックとはどういう倒産事件だったのですか?

リーマンショック

リーマンショックってよく聞く言葉だけど
どんな事件かイマイチよくわかってないのですが
リーマンブラザーズと言う証券会社が倒産したって事で
良いのでしょうか?

基本的にはそうです。リーマンブラザーズはサブプライムローンという不動産ローンをたくさん抱えたため、バブル崩壊でサブプライムローンが焦げ付いたため、債務超過に陥り、米国政府も公的資金の投入をあきらめたため、金融破たんしました。その規模はとても大きく、世界中の経済がとてつもない影響を受けました。なんといっても世界的な金融危機の発端となりましたからね。
詳細は下記のURLを参照ください。
リーマンショック
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF

リーマン・ショックとは「リーマン・ブラザーズの破綻を切っ掛けに世界恐慌直前にまで至り、それまで政治的に推進されてきた経済秩序・政策にとんでもない誤算があったことを浮き彫りにした」という大事件。

リーマン・ブラザーズが最初に破綻しましたが、当時のアメリカの投資銀行はどこも似たような状態にあり同規模の金融機関がリーマン・ブラザーズ同様に破綻秒読みの状態になっていました。原因は07年からのアメリカの「金融と住宅のバブル崩壊」にありました。
このまま経済原理に則り、野放図な経営を行ってきた金融機関の破綻と そこから始まる連鎖倒産を放置すればアメリカの恐慌入り、そして世界各国がそれに巻き込まれることは明らかでした。
そしてアメリカ政府はそれまで喧伝してきた様々なアメリカ経済的道理を放りだして、恥じることなく金融機関を破綻させないための保護法を次々に作り、公的資金注入により金融機関救済を行い、社会主義さながらの市場介入を行うことで恐慌を止めました。サブプライムローン問題はその氷山の一角でした。

リーマン・ショックとは金融機関主導で作り出された世界恐慌直前にまで至った経済危機という事態でした。

リーマンショックはどのような理由で起きたと思いますか?

リーマンショックってどうして起きたと思います。

リーマンショックってどうして起きたと思います。あれは金融工学の失敗ですかね?

リーマンショックが起こらないように、高額物件を低金利で販売する商品を作らなかったとします。そうだったら、米国の住宅バブルは起こらずに景気浮揚に失敗していたかもしれませんね。リーマンショックは高額物件の販売促進で住宅バブルを起こし、住宅そのものは破綻しても、その間に売れた大型家具、大型家電、自動車、ヨットなどの高額商品の消費増に期待した政策だったのではないかと思います。失敗がわかっていても、消費を伸ばして景気浮揚に繋げたかったのでしょうが、それは曲がりなりにも成功しています。

 リーマンショックでバブル崩壊したとは言っても、それまでの間は住宅バブルが続いたわけで、それが狙いだったのではないですか。

 考えてみれば、プール付きの豪邸が一般労働者が買える金利で販売されるというのが、危ないのは最初からわかっていたはずで、米国人は一定期間贅沢が出来れば、後は人手に渡っても構わないという考えがあるので、飛び付いたのでしょう。日本とは文化が逆ですからね。

 日本で10年間、プール付きの豪邸に低金利で住めて、その後は売り払わなければならないとしたら、財産にならないのに買うなんて馬鹿馬鹿しいという人が多数派ですが、米国人は違うのでしょうね。

まず、アメリカでサブプライムローンという、低収入というかいわゆる貧乏な人向けのローンがあったんです。
それは一般の人向けのローンよりも利子は高くつきます。
サブプライムローンの大元は、リーマンブラザーズっていうアメリカの証券会社です。
  簡略するとリーマンブラザーズが、貧乏人向け住宅ローンをやってたと思ってください。
 で、そのサブプライムローンが流行ってたころ、アメリカの地価が上昇してたので、貧乏な人たちはそのローンでお金を借りて土地が高くなったら売って儲けて借金とかを返そうとしてたんです。
大まかな話。
 ですが、不景気がおきて、予想とは裏腹に地価が下がってしまいました。
ここで問題だったのは、アメリカの住宅ローンのシステムです。
日本の住宅ローンは、ローンが残ってる限り、家を手放しても払わなくてはいけませんが、アメリカの場合、家を手放せば残りのローンは払わなくて良いのです。
早い話が、ローン全部返済してなくても、家を売り払っちゃえば借金チャラです。
なので、払えなくなった人たち (払えなくなった原因は不景気と思っといてください、後このまま家を持っていても、地価が上がりそうに無いから損すると考えたんだと思います。)が、次々家を手放しました。

 まあそんな紆余曲折があって、リーマンブラザーズが貸したお金を返してもらえなかったりして、経営が悪化して倒産したんです。
 リーマンブラザーズって言うのは、大手の証券会社だったので、他にも社債とか発行してたので、それを持ってた他の銀行とかの経営も悪化してしまい、アメリカが更なる不況に追い込まれて、それが日本とか他の国々にも影響したわけです。

簡単に言うと。
 お金を借りてた人たちが、返済できなくなったこと=サブプライムローン問題
それによって貸していた会社(リーマンブラザーズ)が経営悪化、後に倒産。
 それによるアメリカ経済、世界経済への(悪い)影響、要するに世界的な不況=リーマンショックとなった。
出典 YAHOO 知恵袋https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1434932924

wikipedia によると、
 リーマン・ショックは、2008年9月15日に、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングス(Lehman Brothers Holdings Inc.)が経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界的金融危機が発生した事象を総括的によぶ。

なお「リーマン・ショック」は和製英語であり、英語では同じ事象をthe financial crisis of 2007–2008(2007年から2008年の金融恐慌), the global financial crisis(世界金融危機), the 2008 financial crisis (2008年金融危機) と呼ぶのが一般的である。文脈にもよるがthe financial crisis (金融危機)だけで「リーマン・ショック」を意味することも多い。

 2007年からの住宅市場の大幅な悪化と伴に、危機的状態となっていたファニー・メイやフレディ・マックなどの連邦住宅抵当公庫へは、政府支援機関における買取単価上限額の引上げや、投資上限額の撤廃など様々な手を尽くしていたものの、サブプライム住宅ローンなどの延滞率は更に上昇し、住宅差押え件数も増加を続け、歯止めが効かないことを受け、2008年9月8日、アメリカ合衆国財務省が追加で約3兆ドルをつぎ込む救済政策が決定。

「大き過ぎて潰せない。」の最初の事例となる。

 リーマン・ブラザーズも例外ではなく、多大な損失を抱えており、2008年9月15日(月曜日)に、リーマン・ブラザーズは連邦倒産法第11章の適用を連邦裁判所に申請するに至る。

 この申請により、同社が発行している社債や投信を保有している企業への影響、取引先への波及と連鎖などの恐れ、及びそれに対するアメリカ合衆国議会・アメリカ合衆国連邦政府の対策の遅れから、アメリカ合衆国の経済に対する不安が広がり、世界的な金融危機へと連鎖した。

 2008年10月3日には、アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュが、金融システムに7,000億ドルの金銭支援をするための法案(Troubled Asset Relief Program)に署名する。

 日経平均株価も大暴落を起こし、9月12日(金曜日)の終値は12,214円だったが、10月28日には一時は6,000円台(6,994.90円)まで下落し、1982年(昭和57年)10月以来、26年ぶりの安値を記録した。

破綻とリーマン・ショック
 負債総額、約6000億ドル(約64兆円)という史上最大の倒産により世界連鎖的な金融危機を招いた。

 リーマン・ブラザーズは、破綻の前日までアメリカ合衆国財務省や連邦準備制度理事会(FRB)の仲介の下で、HSBCホールディングスなど、複数の金融機関と売却の交渉を行っていた。

 日本のメガバンク数行も参加したが、後の報道であまりに巨額で、不透明な損失が見込まれるため、見送ったと言われている。

 最終的に残ったのは、バンク・オブ・アメリカ、メリルリンチ、バークレイズであったが、アメリカ政府が公的資金の注入を拒否していたことから、交渉不調に終わった。

 しかし交渉以前に、損失拡大に苦しむメリルリンチは、バンク・オブ・アメリカへの買収打診が内々に決定され、バークレイズも巨額の損失を抱え、すでにリーマン・ブラザーズを買収する余力などどこも存在していなかった。

 リーマン・ショックの経緯についてはアンドリュー・ロス・ソーキン著の「リーマン・ショック・コンフィデンシャル」(原題: Too Big to Fail)に詳細に説明されている。

 日本は長引く不景気から、サブプライムローン関連債権などにはあまり手を出していなかったため、金融会社では大和生命保険が倒産したものの直接的な影響は当初は軽微であった。

 しかし、リーマン・ショックを境に世界的な経済の冷え込みから消費の落ち込み、金融不安で各種通貨から急速なドル安が進み、米国市場への依存が強い輸出産業から大きなダメージが広がり、結果的に日本経済の大幅な景気後退へも繋がっていった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF



で、あなたの質問
『リーマンショックってどうして起きたと思います。
 
あれは金融工学の失敗ですかね? 』ですか。

以下は、推測ですが。

 過去の不動産価格の変動を見てみると、戦後の低価格から、徐々に経済成長して、価格は上昇して、バブルまで上昇して、急降下。
 一般市民は、バブルの時期に買って、弾けて、1億円が、3、000万円に低下し、大損、7、000万円の損。

 経済学上の不動産価格は、そこで、何か営業して利益が出て、ローン返済出来る価格とある。(以下、不動産価格の法則)

リーマンショックの時は、明らかに、その不動産価格の法則の水準を超えていた。

 プロである銀行、証券会社の主力は、破綻の危機を予測出来ていて、不動産を売り払い準備して、破綻させたのでしょう。

と考えると、推測ですが、銀行、証券会社の行った不動産価格のバブル崩壊の引き金として、行われた。

引き金が、必要だった。

まあ、推測ですけど。

教訓、不動産価格の法則を知り、バブルには買わないことですかね。

まとめ


<public relations>       

★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、今後、様々な優待に利用できます。


OKWAVE

https://okwave.jp/ 


新規登録

https://okwave.jp/register


OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626



このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ