【仮想通貨情報】ブロックチェーン技術を人工知能(A.I.)で -ATN

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by TokenNews
  • ブロックチェーンの応用:A.I.
  • ATNプロジェクトの概要は今後の展開

A.I. Technology Network (ATN)は、人工知能(A.I.)におけるブロックチェーン活用事例およびATNプロジェクトの今後の展開

A.I. Technology Network (ATN)は、人工知能(A.I.)におけるブロックチェーン活用事例およびATNプロジェクトの今後の展開などについて、TokenNewsのインタビューに応じた。


ATNは、ブロックチェーンを活用したA.I.プラットフォームの開発を手掛ける。

仮想通貨の人気が高まった昨年後半あたりから、A.I.に特化した複数のブロックチェーン関連プロジェクトが創出されてきたが、「ユーザー需要がマッチしたプロジェクトおよびサービス展開が成功の秘訣」(ATN マーケティング・ディレクター Hope Fan氏)という。


A.I.技術を通じたビッグ・データ管理がある一定のレベルまで改善されたが、異なる企業(ユーザー)間におけるデータ共有などは限定的である。ATNのホワイトペーパーによると、ブロックチェーン技術がA.I.の今後の開発の鍵を握っているという。


ATNは、Artificial Intelligence as a Service (AIaaS)というプラットフォームをユーザーおよびA.I.エンジニアなどを対象に開発。ATNトークンを通じて、ユーザー間におけるA.I.アルゴリズムやアプリケーション共有などが可能となる。

Fan氏によると、AIaaSプラットフォームは、ヘルスケアおよび製造業などあらゆる業種にて使用が期待される。


ATNメインネットは、来年前半までにローンチを見込む。

現在の主力地域は中国やシンガポールだが、A.Iのグローバルハブになることを目指して今後は日本および韓国、北米などで展開を計画(Fan氏)。


ATNトークンは、HotBitやBigOneなどの仮想通貨交換所などで取引されている。

https://atn.io/

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ