【仮想通貨情報】言語プラットフォームプロジェクト -Unaity

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by TokenNews

Unaityは、ブロックチェーンを活用したコミュニケーション+AIプロジェクト。法人登録地はスイス。

翻訳・通訳・コミュニケーションに関する言語データを1つの集積プラットフォームにまとめる

Unaityはグローバル化の時代において、翻訳・通訳・コミュニケーションに関する言語データを1つの集積プラットフォームにまとめることを目指す。


重要ポイント:


①Oyraa(オイラ)が主要アドバイザー

日本を含むアジア・欧州で通訳者のマッチングサービスを展開しているプロジェクト。

https://www.oyraa.com/


②韓国発のEBCOINも参画

電子商取引及び決済分野で20年以上の経験がある韓国のエンジニア集団が、世界中の旅行者のために不便な税金の還付手続きを改善するために立ち上げたプロジェクト。

https://www.ebcoin.io/


③2019年までにプラットフォーム内の決済システム開発(ウォレット開発も計画)


④2018年中に世界有数の取引所上場決定


⑤NEOプラットフォーム内の通貨となり、NEOウォレットプロバイザーのO3と提携

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ