悲運の天才画家「ゴッホ」ガイド。「生涯についての感想」「ゴッホの絵は下手ですか?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:643
  • ありがとう数:0

はじめに

7月26日はオランダの歴史的画家、フィンセント・ヴァン・ゴッホの命日。

「ひまわり」が代表作として有名ですが、歌川広重の模写などもしており、日本に興味を持っていたことも知られています。OKWAVEでのゴッホについてのQAをまとめました。

https://kanazawabunko.net/works/1912


★Q&Aサイト「OKWAVE」で、弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、30人以上のプロの専門家への非公開&無料相談が可能です。ぜひ、ご利用ください
https://project.okwave.jp/private_qa/?&slp=201807

ゴッホの生涯についてどう思いますか?

ゴッホの生涯

画家のゴッホの生涯について、
みなさんはどんな評価をしていますか?

あんまり人と打ち解けることの少ない彼にとって画家は天職だったでしょう。肉親といえば、弟のテオという人だけ、営業として画商と交渉しているようでした。人間関係にはあまりにも希薄すぎて、その点が彼の理解者が少ないことにつながり、孤独心を強めた自殺してしまったのかもしれません。

繊細過ぎて絵を描くことしか他にできなかった社会不適合者。

という感じですね。そして、精神に異常をきたす以前は「どこにでもいる個性のない画家」にしか思えないです。
精神に異常をきたしたら、それが幸か不幸か確変を起こしてスーパーサイヤ人ゴッドになったって感じですね。精神に異常をきたした以降の作品は天才だと思います。
最後は、ああいう死に方をするしかなかったでしょうね。長生きしても基本的に周囲に迷惑しかかけないので、早世して正解だったと思います。私が憧れる、破滅型天才ですね。

ゴッホの絵がたくさん見られる場所はどこですか

ゴッホの絵がたくさんみられるところはどこですか?

私は絵画にとても造詣が深くて
その中でも特にゴッホの絵が感動を呼び覚ましてくれます。

そこで一度にたくさんのゴッホの絵を見られる美術館は
どこなのでしょうか?

また外国では、なんちゅう美術館に行けばたくさん見られるのでしょうか?

下記ページにゴッホの主な作品とその所蔵美術館の一覧が掲載されています。
■ゴッホ 絵画作品と所蔵美術館
http://kininaruart.com/artist/world/gogh.html

これによるとオランダにある「ゴッホ美術館」と「クレラー・ミュラー美術館」の所蔵数が飛び抜けて多いようですね。
■ゴッホ美術館
http://www.vangoghmuseum.nl/vgm/index.jsp?page=12532&lang=en
■クレラー・ミュラー美術館
http://www.kmm.nl/jp/

ご参考まで。

ヴァン・ゴッホ橋の行き方(フランス)

【フランス旅行】ヴァン・ゴッホ橋へ行くには?

ヴァン・ゴッホ橋までアルルから
どんな方法で行けるんでしょうか?

ヴァン・ゴッホ橋はゴッホの絵の中の風景「アルルの跳ね橋」で有名です。

アルルからタクシーしかないのでしょうか。
私は団体の観光バスでいきました。
まわりは見渡す限り何もありませんでした。
バス停・駅などは一切ありませんでした。
アルルから二キロ程度なのでタクシー代もたいした事ないでしょう。
必ず同じタクシーで往復しましょう。
でないと帰路は途方に暮れます。

友人が「ゴッホの絵は下手だ」と言っていたのですが、下手ならなぜこんなに有名なのですか? ゴッホの良さはどこですか?

ゴッホのよさについて

トモダチが ゴッホは下手だといっていました
下手ならなぜこんなに有名なのですか
ゴッホの絵を 生で たくさん見ている方に質問です
ゴッホのどこがよいですか

パリなどで真面目に描いてた当時の絵は、正直いって凡百なイメージがあります。展覧会で見たこともありますが、あまりグッとこなかったです。

精神を病んでから、色がグルグルと回り出しサイケデリックになってあの「ゴッホ」が誕生していますね。
見ているこっちが目が回りそうな、狂気と天才の紙一重のところを行ったり来たりしているところが魅力ですね。草間彌生さんの魅力に通じるものがあると思います。

まず色です。
印象派の点描に影響を受けたのかとも思いますが、それとは違って原色ではない色で短い線状のタッチを描いています。
そして明暗で立体感を出す従来の方法だけではなくてそのタッチの線でかたちを描く独特な方法で描いています。
面的な色とその上のタッチの線の色との対比や重なった時の効果が独特です。
http://www.vangoghgallery.com/catalog/Painting/2129/Portrait-of-the-Postman-Joseph-Roulin.html
ゴッホは弟のテオに絵の具を買ってもらったりしていたようですが、確かに途中からいい絵の具を使っていたように見えました。

そこらの人が真っ暗と思い込んでいるような夜空のほのかな光をとらえて渦巻くような、取り巻く大気や銀河を描き出しています。
http://i.gzn.jp/img/2012/02/14/gogh-starry-night-interactive-animation/starry-night-01.jpg
植物や畑を描いた作品は生命感が燃えるようです。
http://www.polamuseum.or.jp/collection/997-0008/
http://free-artworks.gatag.net/2013/04/12/110000.html
http://mikestravelguide.com/things-to-do-in-the-netherlands-visit-the-kroller-muller-museum/olive-grove-vincent-van-gogh-kroller-muller-museum-otterlo-netherlands/
渓谷を描いた作品は岩の重なりや流れる水が躍動するようです。
https://www.museumanote.com/creations/view/5825da15-1cc8-4dcc-bfae-396231d49af6
http://www.vangoghgallery.com/catalog/Painting/303/Les-Peiroulets-Ravine.html
あのような表現は、単にねらいではなくてそのように見えていたのかもしれないとも思うのです。

そして身近な人や物に目を向けて愛情深く描いている。エライとか立派とかとは対極のものを感じます。

やはり素人画家と目されていたゴーギャンを仲間として誘ったのはそれまで技術のすぐれた絵師が「本物そっくり」なだまし絵的なテクニックを売るものだった美術に対してそうでないものを目指す者同士の共感を持っていたからではないでしょうか。

だから下手というのも外れてはいないとも思いますが、本当にテクニックが無かったのかというと実際観た感じではそうではなくてやはりいろいろな造形的な工夫をしていて楽しんでいるように思いました。

まとめ

<public relations>       


★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、今後、様々な優待に利用できます。


OKWAVE

https://okwave.jp/ 


新規登録

https://okwave.jp/register


OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ