SBIホールディングス、マレーシアの金融取引システム開発会社に出資

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:899
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by TokenNews
  • パートナー名はN2N Connect Berhad(N2N)
  • 今後もデジタル・アセット分野で提携模索

マレーシアの金融商品取引システム開発会社N2N Connect Berhad(N2N)に出資

SBIホールディングス(8473)は、マレーシアの金融商品取引システム開発会社N2N Connect Berhad(N2N)に出資することを発表した。


デジタル・アセット分野における事業拡大が主な狙い。出資額および比率は非開示。


N2Nの設立は2000年8月でマレーシア新興株式市場(ACE Market)の上場会社。

シンガポールや香港などにグループ会社を保有。投資銀行および証券会社向けの金融商品取引システムの開発を主力事業とする。今後は、既存のプラットフォームにデジタル・アセット対応などを目的にブロックチェーン技術の導入を目指す。


一方、SBIグループはデジタルアセット事業の拡大に向けて、関連ベンチャー企業に対する出資・提携先を拡げる考え。SBIグループの時価総額はおおよそ6500億円。

N2N概要

所在地:Wisma N2N, Level 9, Tower 2, Avenue 3, Bangsar South, No. 8, Jalan Kerinchi, Kuala Lumpur, 59200

代表者:Tiang Boon Hwa

事業内容:投資銀行および証券会社への金融トレーディングシステム開発

設立:2000年8月

URL:http://www.n2nconnect.com/

http://www.sbigroup.co.jp/news/2018/0606_11107.html

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ