Infinito Wallet、EOS メインネットをサポートする初のユニバーサル・ウォレット

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1068
  • ありがとう数:1

はじめに

Photo by TokenNews

エキサイティングなニュースです。Infinito Walletは、2018年6月7日からEOS MainNetトークンスワップをサポートします。ブロックチェーン世界の巨人たちの間で新しい勢力として台頭しているEOSに参加するのは、言うまでもなく私たちにとって重要なことです。

EOS、メインネットとメインネットのローンチについてのキーポイント

1 ) なぜEOSが重要なのか

EOSは、誰でもシステムにブロックチェーンベースのアプリケーション(dApp)を作成・保管・実行できる分散型プラットフォームです。 EOSをその世界で際立たせるのは、トランザクション速度や拡張性に見られる最近のブロックチェーンベースのシステムの弱点を解決する能力です。

実際、EOSにはパラレル実行という独自のメカニズムと非同期通信方法があります。 dAppの操作に関連するすべてのモジュールを分離して、トラフィックが高い時の渋滞を防ぎます。より具体的には、すべてのトランザクションは、番を待たずに同時に実行できます。 EOSは1秒間に約30万回のトランザクションを実行できると想定されています。これは、Ethereumのトランザクションと比べて大差です。(毎秒5.2トランザクション)。

驚いたことに、EOSモデルは取引手数料を無料にし、開発者はEOSプラットフォーム上でアプリを実行するための費用を支払う必要はありません。

2 )一般的にメインネットとは何か?

簡単に言えば、メインネットはブロックチェーンの正式版です。

詳細には、送信者と受信者の間でデジタル通貨を送金し、既定のタスクを実行します。メインネットが動作するのは、すでにテストネット上で必要な試験に合格しているからです。 テストネットはテスト用で、メインネットは “最終製品”を運用するためのものと考えてください。

3 )メインネットのローンチとは何か?

メインネットがローンチされると、大勢の人々が対象のブロックチェーンを利用できるようになります。 EOSの場合、メインネットのローンチは、個人や企業がEOSプラットフォーム上であらゆる分散型アプリを開発・ホスト・実行し、取引を行えるようになることを意味します。

Infinito Walletのサポートプラン

1 )Infinito Walleは何を提供するのか?

すでにEOS登録を行っているエンドユーザは、新しいEOSメインネット上で新しいトークンを送金できるようになります。いつものように、Infinito Walletはすべての技術要件を処理し、エンドユーザーは何もする必要はありません。

2 )これはどういう意味か?

EOS登録さえ行えば、ERC20トークンはInfinito Wallet内で安全です。ウォレットのマッピング、シングルまたはデュアルの秘密鍵モードを気にする必要はありません。その利便性は当たり前になります。今やEOSメインネットの豊かな可能性があなたの利益追求を可能にします。これは、BCHハードフォークの準備やICO投資をサポートする3つの新規機能追加などの支援ソリューションに続くもう一つのアクションです。エンドユーザーのサポートが増えるほど、私たちは誇りを感じ、選択した信頼構築モデルへの信念が高まります。

Infinito Walletのチームは、エンドユーザーがEOSに関心が高いことを知っており、エンドユーザーをできる限りサポートするソリューションを考え出しました。 Infinito Walletの助けを借りてEOSに取り組めば、エンドユーザーは豊かな可能性のあるエコシステムに足を踏み入れ、利益やブロックチェーンの貴重な体験を得られるでしょう。

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ