行政書士のお話【反社対策はしていますか?】

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1339
  • ありがとう数:1

はじめに

Photo by photo AC

法務のことは俺に任せろ!

行政書士石川でございます。


暴力団関係者とのつながりを断つための対策はしてますか?


反社会勢力のリスクと対策

https://lightworks-blog.com/antisocial-forces

反社会勢力とのつながりで倒産することも・・・

シビアと思われるかもしれませんが、暴力団関係者とのつながりがあることが認定されると銀行取引停止され、それにより倒産した会社などもあります。


私も二件現在進行形で説明文書作成中。


社員を採用する際はもちろんですが、取引先、特に新規取引をする相手が暴力団関係者ではないとの確認書を作成しておくことをお勧めします。


知らなかったでは済まされせん。


明らかに相手が暴力団関係者でないことの確認書なりを書いていただくことをお勧めします。


最近は、不動産賃貸契約書にも当たり前のように入っていますが、そうではない契約書については、まだまだ記載されていないケースも多いです。


暴力団関係者ではないとの宣言をしておきながら暴力団関係者であったという場合は、詐欺などを理由に、会社を守ることができるかもしれませんが、そうでなければアウトです。


昔の総会屋対策ではないですが、被害者にならないことはもちろん、加害者にならないように法務総務は気をつけるべきでしょう。


経験が多いプロに頼んで助かることも多いかと思います。


ご相談はお早めに、、、


法務総務のアドバイザーもしています。

まとめ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 OKWAVEで専門家として活躍中!非公開Q&A受付中!
 専門家 行政書士 石川裕也 OKWAVE内プロフィール
 https://okwave.jp/profile/u2792966.html?&slp=201806

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

徳川綜合法務事務所

行政書士石川裕也事務所

☆ホームページ☆

http://www.t-comprehense-l.com

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ