ニュースな話題「アメフト」QA特集

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:556
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

最近、話題のテーマをQAで紹介するニュースガイド。

今回のテーマは「アメリカンフットボール」。「アメフトの魅力」「反則になるプレー」「日大の事件について」に関するQAをまとめました。


★弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、30人以上のプロの専門家への無料相談ができます
https://project.okwave.jp/private_qa/ 

アメフトにハマったきっかけは何でしょうか

アメリカンフットボール

アメフトファンの方にお聞きします。
アメフトにハマったきっかけはなんでしょうか?
また、サッカーは好きですか?
アメフトにハマるとサッカーなんか見ていられませんか?


僕から見たアメフトのイメージは・・・
・アメリカでしか流行っていない
・footballと呼んでいるのが気に入らない(自分的にはフットボール=サッカーであり、世界的に見てもそう)
・NFLに日本人がいないので感情移入出来ない
・そもそもルールがわからない


それが理由で、食わず嫌いならぬ、「見ず嫌い」しています。

最初にアメリカンフットボールを知ったのは、40年ほど前のことでした。
ルールもさしてわからないものの、格好いいユニフォーム(プロテクターやヘルメットを含めて)を着た、選手たちがぶつかり合っている姿が面白く、小学校でも真似て遊んでました。
(今思うと、子供同士とはいえ防具なしでぶつかり合ってよくぞ誰も大怪我をしなかったものだと思います。)

それから10年ほどしてアメリカにしばらく住んでいたのですが、
その地がサンフランシスコの郊外で当時は49ersの黄金期でした。(モンタナやライスの時代です。)
まあ、街中が49ers一色で元々スポーツ全般は好きだったのもあって、テレビにかじりついて見てました。
(自分の英語力の向上にも凄くフットボールは役立ちました。)
ルールや戦術などもわかってくると一層面白くなりました。
基本的には、サッカーやバスケットよりも野球に近いスポーツであることもわかりました。
(攻撃側と守備側が完全に分かれていることやプレイのフォーメーションが細かく決まっていることなど)

それでサッカー(やラグビー)とアメリカンフットボールのどちらが面白いかということについては、
単にフットボールという名称が同じなだけで、全く違う競技なので比較できないものと思います。

例えるならば、パスタ類と蕎麦やうどんやラーメンを同じ麺類として、どれが美味しいかと比較するようなものでしょう。

アメフトの魅力について

アメリカンフットボールの面白さ

自分はサッカーとか野球が大好きでよくテレビを見ているのですが?
アメリカン・フットボールについては、あまりよく知らないせいか
見ててもあまり面白くありません。

もしかしたら、違う視点でみれば面白いのかもしれませんが
よくわかりません。
あのスポーツの魅力的な面白さってなんなんでしょうか?

 アメフトには「 小さな成功 」や「 大きな成功 」があります。
小さな成功はファーストダウン獲得( 攻撃側が攻撃権を更新する )や、
守備側ならサック( パスを投げる前のQBにタックルする )です。

 次に中くらいの成功があり、それは攻撃ならフィールドゴールで
3点を獲ること。守備側ならインターセプトでボールを奪うことなどです。

 そして、大きな成功がタッチダウンです。このようにアメフトには
何段階かの成功があり、その積み重ねで勝利を目指します。

 いっぽうでサッカーには、「 ゴール 」という大きな成功しかあり
ません。敵陣にボールを蹴りこんでも成功ではないし、ボールを奪う
のも試合中に何十回とありますから成功とは数えられません。好例は
試合結果を報じるニュースで、そのほとんどがシュートシーンだけで
構成されています。中盤での見事なパスは放映されません。

 私は観戦スポーツとしてのサッカーには興味がもてないのですが、
それはひとつのプレーが持つ重みの違いです。サッカーは無数のどう
でもいいプレーと、一部の重要なプレーで成り立っています。それが、
すべてのプレーに神経を集中して見るアメフトとの違いです。

※サッカーにどうでもいいプレーなどないという原理主義者も
 いるでしょうが、サッカーファンだって「 自陣でボール回すな! 」
 って怒りますよね。それがどうでもいいプレーの典型です。

 また、サッカーは手を使えないという制限を加えて競技性を高めた
反面、ボールのハンドリングが不自由なので、数多くの失敗プレーが
積み重ねられます。あさっての方向に飛ぶシュートが典型ですが、
それを認容できるかできないかの違いも大きいです。

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q5528047.html

日大のアメフト事件について

アメリカンフットボール

ルールは知る立場にないけど、スポーツならどんなことをしても
反則としての処理だけに限定されてしまうのでしょうか、素人が
見ても、スポーツに見せかけた意図する行為にしか見えないけど、
目的はわからないけど、見ていて選手にはふさわしくないような
気がします、宜しくお願いします。

> スポーツならどんなことをしても反則としての処理だけに限定されて
> しまうのでしょうか

 そんなことはありません。

 ただ、本気でスポーツをやっているつもりなら、例えば「殺人の故意がない」から、例え人が死んでも殺人罪にはならない。「暴行の故意がない」から、人が死んでも傷害致死罪にならない、というダケの話です。

 この関係は、スポーツだけではなく、ふつうにあることです。例えば、冗談で肩を突いたら偶然電車が来て、巻き込まれて相手が死んだ場合、殺人罪にはなりません。殺人の故意がないからです。

 仮に、Aがスポーツ中に「この際Bをぶん殴ってやろう」と思って実際にぶん殴ってBが死ねば、傷害罪は暴行罪の、傷害致死罪は傷害罪の「結果的加重犯」ですので、Aには「殺す故意」は無くても、傷害致死までの責任を負うことになりましょう。

 ※結果的加重犯・・・ 故意はなくても、結果が生じれば加重して処罰される犯罪のことです。暴行の故意と暴行行為があれば、相手がケガをすれば(傷害の故意はなくても)傷害罪となります。こいう関係にある場合、「傷害罪は暴行罪の結果的加重犯である」と言います。

 今回のアメフトの場合、「潰す=ケガをさせる=傷害」の故意はあったらしいので、傷害罪の責任は問われるでしょう(当然、亡くなっていないので、傷害致死にはなりません)。

 ただ、実行した選手は、監督やコーチから「潰せ=ケガをさせろ」という明確な命令を受けてやったようです。

 しかも、選手は逆らえない立場のようなので、新入りヤクザと命令したヤクザの大親分のような関係であったと認められれば、選手は「道具」です。

 選手は、おおいに話題になり、かつ退部という社会的制裁を受ける(らしい)ことでもありますので、被害者の告訴・上申書なども見て、刑は軽く(一番軽いなら起訴猶予)なるんだろうなと思われます。

 命令した監督・コーチはもちろん、傷害罪でしょう。

 ただ、アメフトは「潰せー!」とか「殺せー」とか常時叫んでいるスポーツらしいので、「選手があんなことをするとは思わなかった、暴行の指示はしていない」と弁護士が主張して、無罪になる可能性もありそうです。

アメフトで反則になるプレーはどのようなものがありますか

アメリカンフットボール反則ルール

アメリカンフットボールを最近見始めました。
フィールドの格闘技とよく例えられますが、どこまでが反則なのかがわかりません。
バックドロップみたいな行為でも特に反則を取られることもなく。
フェイスマスクを捕まえるのは反則なのは知っているのですが
QBがパスしようとしているのを邪魔されないようディフェンスするような場面で顎を押さえているように見えますが、あれも反則ではないのでしょうか?
よろしくおねがいします。

 荒っぽいプレーに関する反則を知りたいんですよね?
明らかな反則としては、以下のプレーが挙げられます。

・殴る、蹴る、首を絞める、逆関節を取る (アンスポーツマンライク・コンダクト)

・不必要で過剰なブロック、タックル(アンスポーツマンライク・コンダクト)
 ※たとえばボディスラムはこれに当たります。いっぽうでバックドロップは、
 流れの中で出たなら問題ありません。プレーに関係ないところでやったら
 反則になります。

・足で引っ掛ける(クリッピング)
 ※倒れている自分の横を走っていく選手に脚を掛けるような行為。

・フェイスマスクを掴む(フェイスマスク)
 ※#1さんのご説明どおり、マスクを押すのは構いません。
  だからアゴを下から押すのも構いません。

・襟元の後ろ側を掴んで引きずり倒す(ホースカラータックル)
 ※ユニフォームを掴むことは反則ではないのですが、襟元を
  掴むと危険性が高いので、数年前から反則になりました。

・ヘルメットのテッペンから突っ込む(スピアリング=槍突き)
 ※ヘルメットから当たること自体は反則ではありませんが、
  テッペンから当たるのはタックルではないと判断されます。

・オフェンス側が相手を抱え込んだり腕を掴む(ホールディング)
 ※オフェンス側の選手は、相手を押すこと(すなわちブロック)
  しか認められていません。抱えたりタックルするのは反則です。
  この反則はほとんどの場合、オフェンスラインの選手が犯します。

・パスを投げた後のQBにタックルする(ラフィング・ザ・パッサー)
 ※無防備な体勢のQBを保護するルール。パスを投げる瞬間までは
  いくらでもタックル可能。パスのあとでも、勢い余って触れた場合は
  適用されません。目安はタックラーが2歩以上踏み込むとアウトです。

 大体、こんなところです。一見、すごく細かいようですが、ようするに
プレーに不要な行為や、苦し紛れに相手を止めようとすると反則になります。

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q8891598.html

まとめ

Photo by photo AC

その他の「アメフト」QAはこちら

https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%95%E3%83%88


<public relations>       

★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、様々な優待に利用できます。


OKWAVE

https://okwave.jp/ 


新規登録

https://okwave.jp/register


OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626


チップは様々な優待に利用可能

http://blog.okwave.jp/staff/2018/09/20/7140.html

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ