【比較】iPhoneバックアップの取り方3つ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

機種変更時、iPhoneを初期化した時、そういう場合にiPhoneをバックアップする必要が’あります。バックアップの方法はいろいろありますが、このブログで私が’使っていた3つの方法及びそのメリットとデメリットを説明します。
バックアップする3つの方法について詳しい手順はこの記事を参考してください:https://www.imobie.jp/support/backup-iphone-data.htm

方法1、iTunesでバックアップする

iTunesのメリット:

  • 無料
  • データのセキュリティ性が高い
メリット:
  • 操作がやや複雑だ
  • バックアップされたデータをプレビュー&抽出できない
  • 誤操作でデータが失う可能性がある

方法2、iCloudでバックアップする

メリット:

  • パソコンが不要だ
  • 5GB無料ストレージ付く
  • 操作が簡単だ
デメリット
  • 5GBを超えると、ストレージを購入する必要がある
  • Wi-Fi経由でバックアップするから、バックアップするには時間がかかる

方法3、AnyTrans for iOSでバックアップする

メリット:

  • 操作が簡単だ
  • データのセキュリティ性が高い
  • バックアップされたデータを閲覧出来る
  • バックアップする速度が速い
  • データを失うリスクがない
  • ほとんどのデータをバックアップできる

デメリット

  • 有料ソフトだ(しかし7日間無料体験と60日間返金保証が付きますから、まずは試してみるとよいでしょう。)

まとめ

以上は私がiPhoneをバックアップするときに使っていた3つの方法です。その3つの方法を比較して見たから、明らかに私は三つ目の方法が大好きです。今はもうiTunesとiCloudをやめて、AnyTrans for iOSだけを利用するようになりました。パソコンやスマホに苦手の私にとっては最高なツールです。皆さんはどう思いますか?iPhoneのバックアップに困っているなら、早速AnyTrans for iOSをダウンロードして試しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ