「チャーチル」特集!これは終わりの始まりですらない。しかしあるいは、始まりの終わりかもしれない

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

5月10日は英国宰相ウィンストン・チャーチルの日。

1940年のこの日、イギリスは第二次世界大戦に備えるため、チャーチルを戦時特例で挙国一致内閣の最高指導者に就任させました。


★弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、30人以上のプロの専門家への無料相談がOKWAVEでスタート!
https://project.okwave.jp/private_qa/        

Vサインを始めたのはチャーチル?

Vサインはどこの誰が始めたものでしょう?

マイケル・ジャクソンが法廷に入るときにVサインをしていました。
そこで思ったのですが、このVサインは誰が始めたものでしょうか?
昔の映画には出てきませんので、そんなに古いものではないと思います。

よろしくお願いします。

第2次世界大戦のときに イギリスの首相 チャーチルが
演説のときに したのが 最初と言われています。

第二次大戦に勝利してチャーチルが言った台詞は何だったでしょうか

第二次大戦に勝利して、チャーチルが言った台詞は

 第二次大戦に勝利して、チャーチルが国民へ言った台詞があったと思うのですが・・・・
 確か、短い3行程度の言葉だったと思うのですが、

これでしょうか?
「これは終わりではない。これは終わりの始まりですらない。
しかし、あるいは、始まりの終わりかも知れない。」
"This is not the end. It is not even the beginning of the end.
But it is, perhaps, the end of the beginning."

関係ないですが、私が個人的に心に残るのは
「エルアラメインの前に勝利なし、エルアラメインの後に敗北なし」
「悲観主義者はすべての好機の中に困難をみつけるが、
楽観主義者はすべての困難の中に好機を見いだす。」です。

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q2499353.html

「20歳までに左翼に傾倒しないものは・・・」の原文が知りたいです

「20歳までに左翼に傾倒しない者は…」の原文が知りたい

「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない。」
上のセリフをWW2時の英国宰相チャーチル氏が
言ったと聞いたのですが、
これは、本当にチャーチル氏が言ったのでしょうか?
また、どこでこの言葉が使われたのでしょうか?

情報ありましたら教えてください。

調べますと、英国宰相チャーチルが言った言葉は、
下記のようですね。

"If you are not a liberal at 20, you have no heart. If you are not a conservative at 40, you have no brain." That's what former British Prime Minister Winston Churchill once said, anyway. He was right.

20才までに自由主義者でなければ、情熱が足りない。
40才までに保守主義者出なければ、知能が足りない。

左翼(left-wing)という言葉は他のサイトでも調べましたが、
どこにも出てきません。
どこかで 「liberal 」という言葉が「左翼」という訳に
なったのでしょう。

イギリスを戦勝国にしたのに、なぜチャーチルは1945年の選挙で敗北したのですか?

1945年、英首相チャーチルはなぜ選挙で敗北したのか?

歴史に詳しい方にお尋ねします。

1945年7月、英国の首相チャーチル(保守党)はなぜ総選挙で労働党に敗れたのでしょうか?
挙国一致内閣を率いてドイツとの戦いに勝利したのに、国民の評価は意外にも低かったということでしょうか?
ポツダム会議を途中で去らねばならなかった彼の無念さがわかるような気がします。

どうぞよろしくお願いします。

イギリス人はチャーチルを「戦時体制の臨時指導者、戦争屋」であり
それ以上でもそれ以下でもない存在としか思ってなかったそうです。

イギリスは1939年まで、なんとか戦争は避けたいとう非戦論が態勢を
占めており、その段階ではタカ派のチャーチルは「うざったい存在」
でした。
しかし、同年9月ドイツのポーランド侵攻でイギリスは、やむなく
戦争に踏み切りチャーチルは海軍相に就任。
40年5月、首相に就任しました。
つまり、別に選挙で選ばれたわけではなく、戦争期間だけの
限定指導者だったのですね。
当然、戦争が終われば用済みです。
元々人気もなく、戦争大好きのコチコチの保守派、経済政策に関して
は評判が悪かったのですから平時には不要だったのです。

海軍上層部では人気のあったチャーチルも、地上戦(アフリカや
シンガポールでの劣勢、イタリアやオランダでの戦線停滞)で
陸軍や国民からは人気がありませんでした。
バトルオブブリテンも別にチャーチルが戦闘機に乗っていたわけでは
ないですから、あまり大きなポイントにはならなかったのです。

停戦や休戦の機会を全て拒絶し、莫大な戦費を使ったわりには、
東欧は共産主義に支配され、植民地の権益を失い、アメリカに既得権
の多くを持っていかれ、得たのは「戦勝国」という肩書きのみ。
結局、戦時中の「チャーチルの信念」のツケは、
サッチャー登場までの35年間イギリスは没落させ、ドイツ日本
はもとより、一時はイタリアにまで経済的に負けるぐらいまで
落ちました。
そのためかイギリスでは、未だに(終戦時も)チャーチルの人気は
それほど高くはありません。

ちなみに、世界中でチャーチルを高く評価しているのは意外に
日本人なのは、元来の「英国好き」の国民性だからでしょうか。

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q2685193.html

まとめ

その他の「チャーチル」QAはこちら

https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%AB


<public relations>       

★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、様々な優待に利用できます。


OKWAVE

https://okwave.jp/ 


新規登録

https://okwave.jp/register


OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626


チップは様々な優待に利用可能

http://blog.okwave.jp/staff/2018/09/20/7140.html

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ