「図書館」ガイド!「図書館の仕事はラク?」「国会図書館で勉強ができる場所はある?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:578
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC
4月27日は「図書館」の日。1897年のこの日、帝国図書館(現在の国会図書館)が開館しました。OKWAVEでの図書館に関連するQAをまとめました。

その他の図書館QAはこちら

https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8

図書館の職員さんって結構楽そうだなあとか思ったりします。実際はどうなんでしょうか?

図書館

よく図書館に行くことがあるのですが、
図書館の職員さんって結構楽そうだなぁとか思ったりします 冷暖房完備で騒音の無い静かな場所で落ち着いた環境で本を借りにくる人がいてもいなくても、利潤を求めているわけではないからどっちでもいいとか そんなにあせることもなさそうとか うらやましいなぁと思っています 部外者が勝手に思っていることなので偏見かもしれませんが、実際に勤めている職員さんの方の体験談や色々なご意見など宜しくお願いします

 図書館と言っても浦安市立図書館の様なサービスのレベルの高さを全国に名前をとどろかせているところから、司書資格を持っている人が一度も配属されたことのない図書館までピンキリです。
 レベルの高いサービスを提供している図書館には期待して皆さん来ますから鍛えられてどんどんレベルが向上します。そして、利用者が集まるのでどんどん忙しくなります。逆にレベルの低いところには大して期待もされませんから腕がなまってどんどん利用者が集まらなくなります。(yosi74529567さんの行かれる図書館はこちらでは?)
 また、表から見えない面としては、本は重いですから
本棚に返却するのは結構重労働ですし、本の登録でコンピュータを使う図書館の担当者は、どんどん視力が落ちるそうです。自分のところに無い本をリクエストされたりすると、持っている図書館から借りてきて貸すこともまともな図書館ではしますが、これも結構手間暇技術のいる仕事です。
 更に言うと、ニューヨークの公共図書館は日本では考えられないくらいすごいサービスを提供してくれるプロ集団の集まりです。

 浦安市立図書館については
常世田 良 (著)浦安図書館にできること―図書館アイデンティティ 図書館の現場  勁草書房

ニューヨーク公共図書館については
菅谷 明子 (著)未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― 岩波新書

が参考になると思います。

両方ともまともな図書館なら入っているはずです。

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q937774.html

国会図書館って勉強ができるスペースはありますか?

国立国会図書館

国立国会図書館って、借りた本使って勉強出来るスペースありますか?

閲覧席は、いちおうあります。
だから、「借りた本を使って勉強できる」スペースは、有るか無いかと言われれば、「ある」ということになります。

ただ、席数は少なかった気がします。
また、国立国会図書館は、いちおう図書館法により「国内で発行された全ての本を納本する」ことになってる関係で、スペースに限りがある公共図書館や大学図書館には無いような本もあります。だから、資料集めが目的で来てる人もいます。
研究(卒論を含む)の資料を集めるために「借りた本の中で、どこをコピーするかを決める(探す)」という目的で本を見てる人がけっこういます。

1回に借りる(=閉架書庫から出してもらう)冊数にも制限があるし、出てくるまで時間がかかるし、他の人が借りてると(コピーに回ってたり、返却したけど書庫に戻ってない、も含む)出てこないし、どちらかと言うと「勉強する所」というよりも「資料集めをする所」と思ってた方がいいかもしれません。

いちおう、国立国会図書館の館内平面図のURLを貼っておきます。

国立図書館にはどのような本もある?

国立国会図書館

図書館には市立とか県立とかあると思いますけど
大学とかでも一般の人が利用できたりする場所も
あります。
一番大きな図書館規模では国立になるのでしょうか
昔の本で調べたいのがあります、販売されたもの
はどのような本でもあるのでしょうか。
宜しくお願いします。

国会図書館を利用するには、18歳以上でなければならないと変わったと思います。

入館するためには、身分証明書の提示と入館申込み書を書かなければなりません。
この時、利用カードが渡され、その利用カードが館内では必要になります。

国会図書館のほとんどの書庫は、一般の人は立ち入り禁止です。
蔵書目録より、指定書籍の閲覧申込み書を記入して、其れを窓口に提出して、借り出します。
国会図書館では、国会議員以外、本を館外に持ち出す事は出来ません。
閲覧はすべて館内で行います。

入館する際、持ち込める者にも制限があり、バックは透明な物のみが認められます。
(本を盗まれない為。)

本は申し込みしてから窓口に出て来るまで、30分から1時間程度かかります。
窓口に届くと、電光掲示板で、申請したカード番号が表示されるのでカードを持って本を借りて来て閲覧所にて閲覧します。


国立国会図書館は、法律により、日本国内で発行されたすべての書籍を集める事となって居ますが、現実は予算の問題もあり、すべては集められていないです。
しかし、多くの出版社からは無償で送られてくるので、それらは蔵書しています。
集めている書籍に対して年齢制限などは一切ありません。すべての物が蔵書対象になります。

調べ物などで、何回も行っていますが、蔵書がどんどん増えるために建物の増築が多く、見たい本を探すだけで、結構時間がかかります。
(分野やジャンルによって建物が違い(中でつながって居ます)、そのジャンルや分野ごとに受付があります。)

ちょいと行って本を探すと言う場所では無いです。
複数の調べものになると、1日では終わらない位手間がかかります。(書庫に入れないのでちょっと見ながら探すと言う事が出来ません。)

蔵書が多すぎて、管理が出来ない為、マイクロフィルム化が進められていますが、今現在でどこまで進んでいるのかわかりませんが、追い付いて居ないと言うのが現状ですね。

中には、食道、売店、理髪店などまでありますよ。
売店には週刊誌なども売られて居ますが、蔵書と分けるために、販売時に表紙を破かれます。(その分数十円安く買えます。)

まぁ、最近は行って居ないので変わっている部分もあるかもしれませんが・・・
普通の図書館とはまるで違う所です。

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q8933347.html

まとめ

<public relations>     
★弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、プロの専門家への無料相談がOKWAVEでスタート! ぜひご利用ください     
https://project.okwave.jp/private_qa/     

<public relations>       

★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、様々な優待に利用できます。


OKWAVE

https://okwave.jp/ 


新規登録

https://okwave.jp/register


OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626


チップは様々な優待に利用可能

http://blog.okwave.jp/staff/2018/09/20/7140.html

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ