桜田門外に散った大老「井伊直弼」特集。「良い政治家だった?」「暗殺は幕府の痛手になった?」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC
4月23日は井伊直弼(いい なおすけ)、大老就任の日。

1858年のこの日、近江彦根藩主だった井伊直弼は江戸幕府の大老となりました。日米修好通商条約への調印など、日本の開国を進めましたが「安政の大獄」と呼ばれる弾圧を行い、多数の開国反対派を斬罪、切腹させた結果、怨嗟の的となり、桜田門外にて尊皇攘夷派の襲撃で落命しました。そして、皮肉にも「安政の大獄」によって諸藩の幕府への信頼は大きく低下し攘夷派の行動は激化、幕府滅亡の一因になったとも言われています。

ガイド記事以外の「井伊直弼」QAはこちら

https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E4%BA%95%E4%BC%8A%E7%9B%B4%E5%BC%BC

なぜ「井伊直弼暗殺事件」ではなく「桜田門外の変」なのでしょうか?

何で桜田門外の変って言うんでしょうか。

篤姫見ててふと思ったんですが、なんで昔から「桜田門外の変」って
言うんでしょうか。「井伊直弼暗殺事件」とか、分かりやすいネーミングではいけないんでしょうか。
もっと言えば、歴史上の事件の名称は誰がどうやって決めるのでしょうか?

歴史上の名称は誰が決めるか

歴史家ということになります。
現在の日本で言いますと、日本史学会と言うことになります。
教科書を書くのも日本史学会の人ですし、文部科学省にて教科書を確認するさい、学術的な背景も日本史学会です。
で、学会としての統一見解はないので、常に揺れます。
最近で申しますと、私の高校生の頃は大化の改新でしたが、最近は乙巳の変というのが優勢のようです。

また、基本的にはネーミング権利は「勝った側」が持っています。
井伊直弼暗殺事件 なんて 勝った側にとって都合が悪いですよ。悪いことをしたように聞こえるので。
桜田門外の変に関しては、幕府側の価値観も入っているように思います。「あってはならないことが 起こっちゃいまいした」というニュアンスが「の変」にはあります。(基本的には歴史家は、儒家なので、少なくとも明治初期段階までは)
土木の変:明の皇帝が遊牧民を攻めに行って、かえって負けて捕虜になる。
靖康の変:宋が金にやぶれて、華北を失う。

日本でも 本能寺の変 というのは 本能寺で(あってはならない)主殺しがありましたというもの。

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q4257243.html

井伊直弼が殺された事は幕府の寿命を考えた場合大きな痛手になったのではないですか?

井伊直弼について

井伊直弼が殺された事は幕府の寿命を考えた場合大きな痛手になったのではないですか?

まず幕府は譜代大名のみによって運営されてましたが、この原則を破ったのが「阿部正弘」。
第13代徳川家定時代において幕政を指揮しましたが、開国か鎖国かでゆれる国論をまとめるため、薩摩藩の島津斉彬や水戸藩の徳川斉昭など諸大名から幅広く意見を求めました。
これにより従来幕政に参加し得なかった外様、親藩などの大大名が政治に目覚めるきっかけになり、ある意味幕藩体制への矛盾が明らかになりました。
彼自身は大胆な人材登用を行い、幕府の近代化を計りますが、皮肉なことにこれが人々の目を開かせてしまい、藩という小さな単位から「日本国」という国というものを考えるようになり、従来のシステムでは無理ではないかと多くの人間が思うようになった。
つまり、従来は「尾張の人間」「薩摩の人間」と藩の単位で考えていた人々が「日本人」という共通意識をもったわけです。
彼の跡を堀田正睦が継ぎますが、後ろ盾の阿部正弘が亡くなると南紀派の巻き返しにより、井伊直弼が大老になります。
政治は振り子のように左右にゆれますが、改革派に対する保守派の巻き返しです。
井伊直弼は幕政を昔のように譜代大名が行う形にしようと努力しますが、これまで埋もれていた人材が日本人として目覚めて世に出てきてしまい、また諸藩も政治に参加する意欲をもった現実には、それを力で抑えても無理があり、暗殺されます。
もし彼がいなかった場合、徳川慶喜が13代(実質的な)か14代将軍になり、幕府の軍制はフランス式に近代化され、安政の大獄で死んだ有能な人材もいますから、将軍を議長とする共和国に移行した可能性はあります。
井伊直弼が生きていた場合、革命が起こり、それに徹底抗戦しフランスとイギリスの代理戦争となり、アメリカ、ロシアも介入し、分断国家になった可能性もあります。
システムの破綻ですから、どうあがいても幕府は潰れる運命だったと考えます。
事実保守派の新撰組なども、従来の幕藩体制では出なかった組織ですから、ああいったものが出ること自体体制が破綻してる証拠です。

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q1530532.html

なぜ、井伊直弼は日米修好通商条約を独断で行ったのでしょうか? また、推測ですが安政の大獄をやらなかったらその後、歴史はどう動いていたのでしょうか? さらに、水戸の浪士が桜田門外の変を起こした理由はなぜでしょうか?

井伊直弼について

なぜ、井伊直弼は日米修好通商条約を独断で行ったのでしょうか?

また、推測ですが安政の大獄をやらなかったらその後、歴史はどう動いていたのでしょうか?

さらに、水戸の浪士が桜田門外の変を起こした理由はなぜでしょうか?

>井伊直弼は日米修好通商条約を独断で行ったのでしょうか?
独断で行った訳ではありません。
幕府が、物事を決める際には、老中や若年寄の合議で決めます。
それを、大老が裁定して、将軍の認可を得ます。
大老には内容について再審議させる権限がありました。
将軍によっては、ワシャ認めんといった人もいたようですが、大半は大老任せで「よきに計らえ」でした。

江戸幕府というのは当時としては詳細に海外情報を把握していました。
東南アジア諸国が植民地化されていく様子も、その後の状況も知っていました。
アヘン戦争の経緯も顛末も知っていました。
情報源としては、オランダ商館からの報告と、中国商船がもたらす情報と、遭難して他国に救助されて無事に帰ってきた商船の乗組員や漁民からの聞き取りでした。
アヘン戦争の詳細は遭難した仙台藩の漁民がもたらしたものです。
「呂宋国漂流記」として残されています。
残された文献からすると、船乗り、漁師といえども相当に詳細な観察をして報告しています。
江戸時代を通じて無事に帰還した漁民や船乗りは254件に上ります。
大黒屋光太夫、ジョン・マンジロウなどが有名ですが、そのほかに沢山いました。

これらの情報を幕府が独占して隠匿していただけです。
長崎に居た蘭学者の一部の人達は通辞などとの付き合いから知ってはいました。
吉田松陰が黒船での密航を企てたのも、ジョン・マンジロウがもたらした情報からヒントを得たのではないのかと言われています。
何も知らない天皇以下の京都朝廷はひたすら攘夷の一点張りでした。
外交能力ゼロです。
ましてや薩長の下級武士や水戸の下級武士は世界情勢を知るよしもありません。
坂本龍馬も勝海舟に教えられて初めて海外の知識を得たと言われています。

幕府が米国の要求を飲まざるを得ないと判断したのには、幕府として十分な根拠があってのことです。
天皇にも朝廷にも判断能力がありませんでした。
後に薩長の連中が事実関係に基づいた理論闘争ではかなわないので、征夷大将軍には外交権は無いはずだ、と言いがかりをつけただけです。
知恵を付けたのはおそらく三条実美でしょう。
いかにもお公家さんらしい発想です。
現に、倒幕闘争の最初のスローガンは尊皇攘夷でした。
後から慌てて尊王佐幕に変えています。

>安政の大獄をやらなかったらその後、歴史はどう動いていたのでしょうか?
吉田松陰が長生きできた程度で大勢に影響はなかったでしょう。
既に時勢は、思想家の手をはなれて動き出していました。
場合によっては、藩幕体制がいつまでもグズグズ残って近代化が遅れていたかも知れません。
吉田松陰の意見思想だけで動いていた連中だけではありませんでした。

>水戸の浪士が桜田門外の変を起こした理由はなぜでしょうか?
水戸藩の思想教育は光圀の尊皇思想が根幹にありました。
大日本史は、尊氏を朝敵にするなど、尊皇思想が貫かれた歴史書です。
神戸の楠公神社には光圀の碑と祠があります。
この為に、徳川御三家の一つで作られたものであるにも関わらず、明治政府が大切にしました。
つまり国際情勢に疎い尊皇攘夷思想そのものに凝り固まっていただけです。
後は、薩長の連中の動きに取り残されているという焦りもあったでしょう。

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q8654700.html

井伊直弼は良い政治家だったのでしょうか?

井伊直弼は良い政治家だったか?

幕末当時は、開国派鎖国派、他南紀派一橋派などにわかれてややこしいですけど。

井伊直弼は開国を推進したものの安政の大獄をして、桜田門外の変で暗殺されます。

その後、島津久光が公武合体で上京してなどと続きますが。


井伊直弼の後は安定したのでしょうか?
良い政治家だったのでしょうか?

伊井直助の後、「疾風怒濤」の幕末へと突入し波乱が収まることはありませんでした。
何といっても260年続いた江戸幕府の特別最高職「大老」が、暗殺されたからです。
その江戸幕府の権威失墜は一つの時代の終わりであり、大混乱の始まりでした。それは明治維新後も続き、西南の役後にようやく収まりました。

政治家としての資質は、決断力はあったと言えます。ただ、ご指摘の通り大虐殺をしたのが人間的にもどうかと思います。橋本佐内はじめ有為な人材を多く消してしまったからです。その恨みが暗殺に直結しています。せめて閉門蟄居とか引退させるとかの処罰であれば、桜田門外の変は起きなかったはずです。政治生命どころか命自体を失う政治をしたことをどう評価するかです。
ちなみに勝海舟はこう述べています。「おれは殺人ということはごく嫌いだった。御一新の際にも、牢に繋がれていたものは全部開放してやった。」勝は長寿を全うし、慶喜と明治天皇の和解まで実らせました。(ただし、日・韓・中の三国同時維新は夢と消えましたがー)

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q9230877.html

まとめ

<public relations>  ★弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、プロの専門家への無料相談がOKWAVEでスタート! ぜひご利用ください  https://project.okwave.jp/private_qa/ 

★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、様々な優待に利用できます。

OKWAVE

https://okwave.jp/ 

新規登録

https://okwave.jp/register

OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626

チップは様々な優待に利用可能

http://blog.okwave.jp/staff/2018/09/20/7140.html

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ