永遠の都「ローマ」特集!「王政ローマ、共和制ローマ、ローマ帝国は同じ?」「地下に多層遺跡がある理由」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC
4月20日はローマ建国の日。紀元前753年のこの日、ローマの建国神話に登場するロムルス王が、ローマ帝国を開いたとされています。OKWAVEでのローマに関連したQAをまとめました。


ガイド記事以外の「ローマ」QAはこちら

https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E

西ローマ帝国が古代ローマ帝国ですか? 東ローマ帝国というのはどういうものだったのでしょうか

西ローマ帝国=古代ローマ帝国? 東ローマ帝国は?

西ローマ帝国の滅亡したとき古代ローマ帝国が滅亡したということでしょうか?
(西ローマ帝国=古代ローマ帝国?)

西ローマ帝国が滅亡した後も東ローマ帝国は続いているはずですが、東ローマ帝国は古代ローマ帝国ではないのでしょうか?

sy5963 さん、こんばんは。

476年ゲルマンの傭兵隊長オドアケルが西ローマ帝国を滅亡させた後、東ローマ帝国に西ローマ帝国領土を返上したようです。
東ローマ帝国の首都はコンスタチノープルですから、今のイスタンブールです。
東ローマ帝国は1453年、オスマントルコの攻撃による陥落まで、約1000年位生き残ることになります。一説には中世ローマ帝国ともいうらしいです。

東ローマ帝国
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%B8%9D%E5%9B%BD

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q9331867.html

王政ローマ、共和制ローマ、ローマ帝国というのは違う国なのですか?

王政ローマと、共和政ローマと、ローマ帝国って違うの?

王政ローマと、共和政ローマと、ローマ帝国って違うの?

この3つは全部、違うの?

古代ローマは王制からスタートしました。当時は今のローマ市内の7つの丘と周辺の湿地帯を中心とした本当に小さい都市で、王といっても周辺部族や城壁都市からのあぶれ者が参加した、半分暴力団みたいな集団のリーダーだったようです。それがローマを拠点して、周辺部族との戦争や和解などによって、徐々に力を蓄え、ひとつの国になっていきました。

すでに王制ローマ時代に7つの丘のひとつ、カピトリーノには神殿が作られ、パラティーノには王宮がたち政治の中心となっていました。

少し時代が下がり第七代王のタルクィニウス・スペルブスの時代になるまでにローマは近隣の中では目だって大きな国に成長していたのですが、内紛が絶えずまた政変が相次いだり王族の横暴などもあり、タルクィニウス・スペルブスを追放し王制を廃して共和制に移行することになりました。

これによりローマは王制から共和制になるのですが、その政治体系は執政官を2人選挙で選出し、毎年交代しながら首相のような役職を勤めました。
ちなみに、ローマには王制時代から民会があり、王であっても市民集会の投票を得ないでは王に選出されることはなく、戦争を行うにも(相手から攻めてきた時は別ですが)市民集会の議決が必要でした。またこれとは別に王制時代に元老院という助言機関があり、これもそのまま共和制ローマに残ります。この二つが共和制ローマの発展と、ローマ帝国への変貌のきっかけになっていきます。

これには少し説明が必要だと思います。
さきにローマの始まりは暴力団みたいなもの、と書きましたが、当時は自分の出身地を追放されたり、土地を借金などで失って食い詰める人々がたくさんいました。初代の王とされるロムルスとレムルスの兄弟は、もともと高貴な出てあったようで、このような者を引き連れてローマを建国しました。
その頃には先進国のギリシャが近隣にあり、民主的な政治体系があったため、かなり初期のころから市民集会の原型はあったようです。これは戦争になれば「死」を覚悟して戦う義務があるゆえに、権利として獲得したものでありました。

これが共和制になっても引き続き有効とされ、市民には市民集会のほかに護民官(按察官)という役職も与えられ、今でも「拒否権」と呼ばれるVETOを持つ強大な権力を有していました。これに対して貴族とか富裕者のサロンでもある元老院は、執政官を排出できる人材が集まる集団として隠然たる権力を保持していました。(執政官は戦争時に指揮官になるため、高度な教育を受けられる貴族などに限定されていたため)

この二つの勢力が、ローマ自体が段々強力になり勢力と国土を広げていく間に何度もぶつかり合います。理由のひとつとして、国土が広がるとその土地に住んでいる部族をローマ市民にするため、平民も増えること、もうひとつは国土が広がると富裕者はさらに富裕になることで、平民格差が広がったからです。富の再分配に対して国内紛争がなんども起きました。

これを最終的に解決する方法を考え出したのが、かの有名なユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)です。彼は地中海全体に広がったローマ共和国の版図を統治するには元老院と市民集会の対立が邪魔になるとして、終身執政官+終身護民官+最高神祇官(これは元々終身)になる役職を考え出します。それも市民集会も元老院もどちらも賛成多数で、カエサルに与えるはずでした・・
と、ここで起こったのが元老院によるカエサル暗殺です。

これによりカエサルが筋道をつけた「皇帝(エンペラー)」にカエサルの養子であったアウグストスが着任することになります。
これにより内政問題がほぼ片付いたため、ローマは帝国としてますます発展するのですが、王とは成り立ちが違っても、所詮は独裁権力であることは同じであるため、代を重ねるごとに皇帝も腐敗し、ローマ帝国の滅亡に至るのです。

最後にエンペラーについて
もともとインペリアルと呼ばれたもので、軍の指揮権を意味します。つまり最高軍司令官です。
こうしてみると、皇帝とは、最高軍司令官・最高行政長官(内閣総理大臣みたいなもの)・護民官(拒否権を持つ平民の長)・元老院第一人者(結果として元老院の議長のようなものになる)・最高神祇官という大国ローマの最高の権力者であり、現在の世界情勢とローマの覇権・周辺国への影響を比較してみれば、アメリカ大統領とローマ法王と安全保障理事会をひとりで行っているようなものでしょう。

このようにして王制ローマからローマ帝国までは一連の流れがあるのです。

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q6040016.html

ローマの地下に何層もの遺跡があるのは何故ですか?

ローマの地下遺跡。

以前、何かの番組で、ローマの地下を掘っている番組がありました。ローマの下にはローマがあるという、何層にも積み上がった構造と言っていた気がします。古い街を埋め、その上に新たに建物を建ててあるような構造らしいのですが、これはわざと埋めたものなのでしょうか?それともやはり火山爆発で、下に埋まってしまったものでしょうか?トルコにも地下にイエレバタン遺跡と言うものもあるそうですが、トルコの場合、敵も多かったのだろうし、地下に作る理由も解らなくもない気がしますが、天下とも思うローマはどうなんでしょうか?

遺跡が何層にもわたって積み重なっている例は少なくありません。もっとも有名なのはシュリーマンが発見したトロイの遺跡で、紀元前3000年頃の第1層から、紀元前300年の第9層まで、9つの都市遺跡が確認されています。

 ポンペイは火山灰に埋もれているだけで、重層的な遺跡とは言えません。また、場所もナポリの近くで、ローマは火山に灰埋もれたことはなさそうです。

 ご存じのように、ローマは7つの丘の麓に発達した都市で、市街地の主要部はイタリー第3の大河テヴェレの氾濫原上にあります。テヴェレ川は何度も氾濫を繰り返したので、古い遺跡は地下5メートルのところに埋もれています。

 また、建築用の石材を切り出したあとを、地下の貯水池、あるいは墓地として利用することもありました。初期のキリスト教徒が隠れた場所でもあります。

 簡単なローマの地図と解説を添付します。現在の市街地の中心は、マルスの野と呼ばれているあたりです。
http://www.vdgatta.com/note_rmap_geography.html

その他の回答はこちら

https://okwave.jp/qa/q7775724.html

まとめ

<public relations>


★弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、プロの専門家への無料相談がOKWAVEでスタート! ぜひご利用ください

https://project.okwave.jp/private_qa/

      

★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、様々な優待に利用できます。


OKWAVE

https://okwave.jp/ 


新規登録

https://okwave.jp/register


OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626


チップは様々な優待に利用可能

http://blog.okwave.jp/staff/2018/09/20/7140.html

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ