払込み用紙、コンビニで払えるものと払えないもの

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:135
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by YellowGold06
ショッピングの振込みや税金の払込み等、コンビニエンスストアで払えるものと払えないものがありますよね。 わざわざ銀行や郵便局まで行くのも面倒だし、コンビニで払えたらラクなのにと思いますね。 これはコンビニで払えるかしら?と思い、コンビニへ持って行ってみると払えなくて、銀行や郵便局まで行って二度手間なんてことも。 払込み用紙の取り扱い機関を見てもよくわからない。 そんな時に一瞬でコンビニ払いができるかどうかの見分け方があります。

STEP1とても簡単です。

払込み用紙の一番左の枠内にバーコードがあるかどうかです。
バーコードのあるものはコンビニで支払うことができます。
バーコードのないものは取り扱い機関まで。

STEP2

バーコードがついていても支払い期限が過ぎたものはコンビニでも払えません。
たまに払えるものもありますが、そのしくみはよくわかりません。

まとめ

取り扱い機関を調べなくても一瞬で見分けられます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ