NEW ART、香港子会社経由で年内にICO計画

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1593
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by TokenNews

2018.03.13

STEP1NEW ART、香港子会社経由で年内にICO計画


  • ジャスダック上場企業
  • 調達金額は最大150億円
  • 仮想通貨事業は新ビジネス

ジュエリーやエステ事業を手掛けるNEW
ART(7638)は、年内に香港の子会社「HONG KONG NEW
ART(HKNA)」を通じて最大でおおよそ150億円(140百万米ドル)をICOで調達する計画があると発表した。ジャスダックに上場する同社の旧社名はシーマ。


調達資金は、国内外におけるジュエリーおよびエステ事業の店舗展開やブロックチェーン技術を活用したダイヤモンド取引を目的とするプラットフォームの構築などに充てるほか、仮想通貨交換所事業の参入に必要なプラットフォーム開発などにも使用する。


(3月)15日に販売を開始するICOは、6月20日に終了を予定している。


同社が発行するトークン「NAR」は、ビットコイン(1NAR = 0.0001BTC)またはイーサリアム(0.001ETH)のいずれかで購入可能とする一方で、日本居住者および一部の国の居住者による購入は不可。


同社は、仮想通貨事業を新規ビジネスとして拡大させると同時に、台湾や香港の海外事業拠点をベースに中核事業におけるアジア展開を狙う。


2018年3月期における連結売上高は約130億円を見込む。


時価総額は約110億円。




http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1563038



まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ