家電接続_引っ越しのテレビ配線のコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:878
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 家電接続Guide

引っ越し後の配線で苦労するのが「テレビ」です。インターネットやDVDプレーヤーやゲーム機など、接続している機器が多いためです。

荷造りの際に、ちょっとした工夫で、誰でも元通りに接続できるようになります。


SONYのサポートページにわかりやすい手順が記載されていましたので、そちらを参考に解説します。≪参考リンクはこちら

STEP1作業の前に準備しておくもの

荷造り札、汎用シール、サインペン

はずしたケーブルを、引っ越し後にもとの配線に戻すときに迷わないようにするために必要です。


・荷造り札:穴が開いたメモで穴の先に針金でくくれるようになっているものです。ない場合はメモとテープで代用できます。テープの粘着剤が残ることもあるので、引っ越し後はすぐにはがしましょう。


・汎用シール:丸いシールです。ない場合は、上から書き込みができて粘着力のあるもので代用できます。ビニールテープ(白が望ましい)など。


結束バンド

はずしたケーブルを束ねておくために必要です。

STEP2配線の取り外し、片付け

1.テレビ本体、録画機器などの電源スイッチで電源を切ります。

確実に電源が切れていることを確認してから、コンセントから電源コードを抜きます。

2.撮影

引っ越し後にもとの配線に戻すときに迷わないように、デジタルカメラや、携帯電話などで機器のうしろの写真をあらかじめ撮影しておきましょう。

3.汎用シールと荷造り札に番号を記入

Photo by Sony_Support

4.シールと荷造り札をケーブルにつける

接続されているケーブルに荷造り札を、本体の端子にシールを、「 番号が同じになるように 」 つけます。


※分波器 (または分配器) とつながっている配線は、外す必要が無いので、配線は外さずにまとめておきましょう。


※テレビにつないでいる機器側も、ケーブル先端および機器の端子部分に、同じ番号の荷造り札とシールをつけてください。

Photo by Sony_Support

5.配線をはずす

はずした配線は、結束バンドでひとまとめにしておくと、よいでしょう。

Photo by Sony_Support

6.配線と取扱説明書などをしまう

取扱説明書や転倒防止のネジなどは、配線と一緒にしまっておきましょう。

Photo by Sony_Support

まとめ

これで完了です!

引っ越しはついつい慌ててしまいますが、時間の余裕をもって準備しておくと、引っ越し後の手間が省けてラクになります。


また、日本最大級のQ&AサイトOKWAVE.JPでは、家電どうしの接続情報、互換情報、使い方情報を共有する「家電つながるコミュニティ」を提供しておりますので、是非ご活用ください。

https://okwave.jp/join/s26.html

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ