経験者論文の書き方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 信長JAPAN
経験者論文を書かなければならず、必死に考えているあなたへ。

STEP1

こちらでこういう通信講座も開かれているようです http://www.jitsumu.co.jp/gokaku_navi/kouza/minkan/

もし第三者の評価を頂きつつブラッシュアップしていくお時間があれば、取り組まれては如何でしょう?

STEP2

流れとしては
1、職務経験を端的に説明する
2、職務経験の詳細(どのような工夫をし、どのような成果を得られたのか)
3、職務経験がどのように○○において(←志望先)貢献できるのか

STEP3

3がメインメッセージですので、 1、2はそれに繋がるよう、内容の取捨選択/強弱を考える必要があります。 つまり、”1”から書き出してそのなかで”3”の結論を決めていくのではなく、 予め”3”の結論を決めておいて、それにあわせて”1””2”で網羅する内容/強調すべき点を決め、全体の組み立てが終わった後に書き出します。

まとめ

従って、書き出してから中身を考える、という書き方は最も嵌まるパターンです! 中身を考えてから、残り時間で書ききる、というスタイルのほうがよいかと思います!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ