仕事のメンタル疲労、モチベーション維持にお悩みの方、カウンセリングの専門家に相談してみませんか?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by OKWAVE非公開Q&A(公式)

昨今、仕事の疲労やストレスで生きがいが見い出せない、とくに出世もしたくないという人が増えているそうです。楽しく、やりがいのある働き方にするにはどうしたらいいのか? メンタルの問題を抱えてしまった場合はどうすべきなのか? メンタルエナジャイズ(勇気づけ)などのスキルを持つ産業カウンセラー・吉田先生があなたの悩みをしっかりサポートします。【無料で質問できます】



・どうやって「仕事のストレスを解消」していますか?

・「仕事のモチベーション」は、どう保っていますか?

・「仕事が原因のメンタル問題」への対応は?

・先生のOKWAVEでの過去回答

・産業カウンセラーとは?

・非公開Q&Aで気軽に相談できる産業カウンセラーの専門家

・非公開質問方法

みなさん、どうやって「仕事のストレスを解消」していますか?

・仕事のストレスで精神的にやられています。
メンタルクリニックへ通院もしましたし、今はカウンセリングへ通っています。
仕事はいずれ辞めるつもりなのですが、事情がありあと半年ほどは働かなくてはいけません。

そこで、辞めるまでの間どうやってこのストレスをやり過ごすべきか悩んでいます。趣味も楽しんでいますが、楽しい時間から離れると仕事の事を思い出しちゃうんです。みなさんは、どうやってストレスと戦ってますか?

https://okwave.jp/qa/q3439738.html


---------------------------------------------

・私は契約社員の女性で、働いて4ヶ月ほどです。
新しい職場が激務で、やりきれなく、ストレスがたまってやり場なく困っています。ストレスの原因は、とにかく激務で昼休みしか休めず、ほとんどトイレにもいけません。

私は3年間の契約ですが、残業は予算の都合上禁止されています。また、サービス残業務禁止ですが、仕事が終わらずたまる一方です。通常私が担当している仕事のほかに、社員さんの雑務もどんどん入ってくるため、パンク寸前です。

上司に相談しても、私の前の担当者は8年間のベテランさんで、その人がこなしていたので、どうして同じ時間を使ってできないのかと、責められます。
結局、連休社員さんたちは10連休ですが、私だけ休日出勤します。

また、同じ部署に一人だけ社員の女性がいるのですが、いつも暇そうで、ネット三昧。でも、お局様なので、誰も彼女には何も言いません。私の仕事がたまると、彼女にしわ寄せがくると思ったらしく、この前「前の人は、私にはいっさい仕事させなかった」と何も言ってないのに言われました。

愚痴をいうといろいろありますが、社員さんで遊んでいる人はたくさんいて、給料をたくさんもらっている。私が薄給で馬車馬のように、こき使われて・・・こんなもんだと思っていてもやりきれない。

仕事は仕事と割り切れなくては、と思ってますが、ほかの契約社員の人や、社員さんは休憩を長くとったり、仕事中ネットしたり、そんな感じなのに、どうして私だけこんなにボロボロになってるんだろうと理不尽です。

理不尽にお金が発生するとわかっていますが、このやりきれないストレス・・・・。

みなさん、職場の理不尽のストレスをどうやって解消していますか?

https://okwave.jp/qa/q8061025.html

「仕事のモチベーション」は、どう保っていますか?

・海外赴任中の者です。

仕事量が膨大に増え、労働時間もはるかに増えました。海外で働くことで得られる経験は語学も含め、金銭で得られないことは重々承知しているのですが、反面、収入は手当も含めてかなり減り、また赴任先の物価も高いことからどんどんモチベーションが下がってきていることを自覚してきてしまっている状態です。


状況は異なりますが、日本でも役職があがり、時間外手当などつかなくなり
結果的に給与が減ったなどということは良く聞くのですが、
そういった方はモチベーションをどのように保っているのでしょうか?
今後の為にも参考にさせて頂きたいです。

https://okwave.jp/qa/q7958454.html


---------------------------------------------

・会社に行くのが嫌な時はみなさんどうやって自分でモチベーションを上げているんですか??
僕は最近シフトに入ったので平日休みになってしまいます
僕の周りはみな土日休みなので休みの日はだいたい一人です
この前までは土日休みだったので土日に友達と遊んでそれをを活力に仕事をやってきました

それと会社に行けば同僚に会えたので会社でも互いにに励ましあって頑張ってきました。その活力元がなくなった今とても萎えています
最近は夜勤もしているので夜勤なんか特に辛いです…

朝起きたら太陽に照らされて『おはよう』の言葉で仕事に出ていましたが
今は違います…
夕日と月なんです…
みんなが寝静まる頃僕は働いています
夜勤があることはしっていて会社を選んだのですが
どうも不向きみたいで…

仕事へのやる気はあります。

だから皆さん軽くでいいので回答を貰えたらうれしいです

https://okwave.jp/qa/q3228849.html

「仕事が原因のメンタル問題」への対応はどうしたらいいですか?

・メンタルヘルス経験のある方、現在治療中の方にお伺いします。
仕事を続けられないかもしれないと思われたきっかけや、休職しようと思われたきっかけを教えて下さい。今、仕事を続けられるか、現状で続けてもよいものか、真剣に悩んでいます。

個人的には仕事は続けたいのですが、さらに悪化し、自分を押し殺して心が壊れてしまうのが心配です。

https://okwave.jp/qa/q8055319.html


---------------------------------------------


・IT業界に勤めております。

出向先のお仕事で仕事がうまくいかず、人間関係にも苦しんでいます。
出向先上役の方から、

「カスみたいな仕事してんじゃねぇ」
「新人からやり直せ」
「仕事を舐めるな、殺すぞ」

など毎日大勢の前で怒鳴られ、恫喝され、私が相談や報告をしても「意味わかんねぇからもういいや」と話途中で見捨てられ、違う人を行かされたりで、私は放置されたりしています。

何をどう話せば、何をすれば、普通に接してもらえるかわからず・・、半ばうつ病のように虚ろになり仕事をしています。残業も多く過酷な業務で、体調も良くありません。精神的にどうしても難しい場合、一旦静養をさせて頂くこうかと思っています。自社にも相談をしたいと思っています。


上記のような体調面の理由で
お休みは相談できるでしょうか・・?

https://okwave.jp/qa/q7354950.html

産業カウンセラーとは?

産業カウンセラーは、心理学的手法を用いて働く人たちが抱える問題を自らの力で解決できるよう援助する心理職資格です。「メンタルヘルス対策への援助」「人間関係開発への援助」「キャリア開発への援助」の3つを主な活動領域としています。


日本では、心理士、心理カウンセラー(相談員)、心理セラピスト(療法士)等の心理職には国家資格が存在しない一方、民間の心理学関連職は多数存在しています。その中でも産業カウンセラー資格は知名度が高くポピュラーなものの一つでです。

先生のOKWAVEでの過去回答

男30歳手前での未経験から経理への転職

29歳の男です。現在転職活動をしており、現在経理職での内定をもらっています。承諾するか、転職活動を続けるか悩んでいます。
今までは数社で営業職を経験しており、元々営業職での転職を考えていましたが、選考を受けた企業から、経理兼業務職での内定をいただきました。
しかし、未経験での職種転換に迷いがあります。
面接での私の対応や人柄を評価いただけたとの事でした。
※悩む理由としては、
・そこまでゴリゴリ上昇志向があるわけでもなく、これから先ずっと営業をやっていくのか不安もあり、営業職のプレッシャーに疲れてきたのは正直ある。
・あと数カ月で30歳を迎える中で、この年から正社員にて職種変更のチャンスをいただけることは嬉しい。
・これまで特に資格も取得してるわけでもないので、経理職で頑張っていけば、資格・専門スキルを身に付けて手に職をつける事ができるのではなにか。
・会社自体はメーカーのグループ会社で安定してると思われる。経理以外に、仕入れなどの業務もやるそうなので、経理業務だけではない。
一方で、
・営業職のやりがいや楽しさも分かる。
・年収は下がり、そこまでの昇給も見込めない。
・私立文系文学部卒で、営業の経験しかなく、簿記等とも全く無縁で、数学・数字も得意ではないと感じる。

是非ご意見いただけないでしょうか。
早めの承諾するか辞退かの早めの決断を求められており、もう何が正解なのか分からなくなっています。
現在独身ですが、いずれはもちろん家庭を持ち、子供も何人かほしいと思っております。
営業職として選考に進んでいる会社も何社かあるので、ここで決めでよいのか・・
ぜひよろしくお願いします。

こんにちは。

読ませていただきました。

大変興味深いご相談です。

転職の定石としては、今までのキャリアの延長線上でステップアップするということですが、営業職から経理へというキャリアの変更をどう考えるかということだと思います。

まず話を整理してみます。

>営業職のプレッシャーに疲れてきたのは正直ある。
>この年から正社員にて職種変更のチャンスをいただけることは嬉しい。
>経理職で頑張っていけば、資格・専門スキルを身に付けて手に職をつける事ができるのではなにか。
>安定してると思われる。経理業務だけではない。

>営業職のやりがいや楽しさも分かる。
>年収は下がり、そこまでの昇給も見込めない。
>私立文系文学部卒で、営業の経験しかなく、簿記等とも全く無縁で、数学・数字も得意ではないと感じる。

まず、「今までは数社で営業職を経験」ということですが、この件はここでは不問にしておきます。

とはいえ、どうも営業のやりがいや楽しさはわかるが、プレッシャーに疲れてもいるわけですし、同時に、「いずれはもちろん家庭を持ち、子供も何人かほしいと思っております」というわけで、今回の内定を受け入れるとすれば、安定的にプライベートと仕事とを両立を図ることができるのではないかとお考えのようです。

一方、今までのキャリアとして営業職をやってきたということで、年収や昇給という点で言えば営業職にもメリットがあるということですね。

この問題を考えるとき、答えの出し方ですが、あなたもお考えになっていらっしゃるように、将来設計を綿密に行うということです。

まず、5年後・10年後・20年後・30年後の節目節目での自分をイメージしてください。

ご自分の友人や幼馴染の話を参考にしてもいいですし、親兄弟や周囲の先輩たちの生活を参考にしてもいいですね、しっかりイメージしてみてください。

ここから逆算して、今できる決断をしていくというのが、コーチングなどでよく使われる手法です。

私はこれを人生のカレンダーといいます。

中長期の人生設計として、資格を取ったり、自分なりに勉強するという時間薬解決という方法もありますし、「簿記等とも全く無縁で、数学・数字も得意ではない」とおっしゃいますが、営業経験を生かして経理の側面から営業支援をするという方向を考えだしたり、同時に今は様々な経理支援のアプリもありますから、経理が不得意だからこそできる企画提案というものもできると思います。

企画提案というのは、一言で言えば、社内営業ですよね。

ちょっと飛躍したアイディアですが、この考えを延長していくと、AI等を使って会社から如何に経理部をなくすか、ということを経理の仕事をしながら考えるという方向もありだと思いますし、この導入過程で社内営業が必ず必要になりますから、今までのキャリアが生きてくると思います。

これは5年~10年後には確実に押し寄せてくる流れですから、視野に収めておきたいです。

会社に長いこと努めていると、とにかく毎日同じことをしているようで変化の連続ですから、いかに自分の中にビジョンを持っているかが重要ですしね。

採用時の職種などずっと保証されるわけもないですし、キャリアアップは社内でもできるわけで、この時、如何に企画営業ができるかが肝になります。

この時、指針になるのがあなた自身の人生のカレンダーです。

また、営業職となるとしても、経理的な数字とは無関係ではいられませんから、これを機会に経理的なことも勉強なさってもいいのではないかと思います。

良い選択ができるといいですね。

応援しています。

ストレスについて

仕事のストレスで休日はずっと布団から出たくなく何もする気がありません。
趣味のランニングもできない状態です。どうしたらこの状態から脱出できますか?仕事は辞めたくありません。生活習慣で何か変えた方がいいことありますか?

こんにちは。

読ませていただきました。

お辛いですよね。

>生活習慣で何か変えた方がいいことありますか?

ストレスという言葉の意味を書き換えたほうがいいと思います。

あなたがお考えになっているストレスというのは、とても古臭いストレス学説によるもので、実は本当のストレスではありません。

古いストレス学説は病院に入院している人やある特殊な状況に追い込まれた実験動物の反応を基にして考え出された学説で、この学説が広く流布されたため、アメリカでは年間2万人の人がメンタル不調に追い込まれて死んでいるという報告が最近ありました。

アメリカで無作為に抽出された人たちの追跡調査を行ったところ、古いストレス学説を信じていた人のほうが知らなかった人よりもメンタルを悪化させていたということです。

どういうことかといえば、ストレスは悪いものであって取り除かなければならないというのが従来のストレス学説の骨子ですが、このように考えると、自分にとって嫌なものや嫌いなもの、ちょっとした対人関係や仕事などの変化をストレスと捉えてしまうことになります。

心理的には、健康のためにはストレスを取り除かなければならないと思い込むと、人の心理としてストレス探しを始めてしまって、あれもストレスこれもストレスということになって、身の回り全てがストレスに見えてしまい、気になって仕方がなくなるんですね。

これは古いストレス学説のせいで「ストレスノイローゼ」になってしまっているわけです。

あなたのケースでは、ストレスを取り除くために「ずっと布団から出たくなく何もする気がありません」ということになります。

布団の中にいるということは、ストレスのない状態ですね、これを維持しなければというわけで出られなくなってしまっているわけです。

ストレスについて気にしすぎなんです。

では、どうすればいいか。

大規模な調査から分かったことなのですが、傍から見ればすごいストレスがかかっているように見えて、本人はケロッとしている人たちがいます。

この人たちは、身内が死んだり大変な事故にあったとしても、ストレスが本人の幸福を妨げていないどころか、逆に幸福度を上げているという人たちです。

こういう人たちは、困ったときに相談出来たり励ましあったりできる豊かな人間関係を持っている人たちです。

豊かな人間関係を持っている人たちは、それが防波堤になってストレスから守られているという言い方もできるのかもしれませんが、一言で言うと「相談力」がとても高い人たちといえると思います。

「相談力」とは、一言で言うと、自分にとって重要な人とつながれる能力のことです。

まず、無前提で自分を受け入れてくれ、話を聴いてくれるような母親とかおばあちゃんのような人を大切にしており、何かあったらとにかくこの人に真っ先に包み隠さず話を聴いてもらっている。

次に、様々な仲間を大切にしており、互いに励ましあったり、多少嫉妬したりしながらも、現在の自分の位置を常に明らかにしてくれる兄弟のような人たちを作ることを重要視していること。

さらに、自分と同じような境遇・考え方・課題を抱えながらも、成功しているヒーローのような人を胸に抱いており、ピンチを如何にくぐりぬけたか参考にしていること。

等です。

こういう人たちは、ストレスを受けることによって「相談力」を発揮し、周囲との人間関係をさらに強化し、強化された人間関係にって幸せになるというポジティブな循環を生み出しています。

こういう人たちがすでにいるということはとてもラッキーなことですが、そうでないとしても、ちょっとしたスポーツサークルや文化サークルで誰かとつながる努力をすることは、中長期的にメンタルに良い影響をもたらしますし、とっさの時に助けになります。

親兄弟や昔の友達に連絡を取ってみてください。

こういうところでもう少し具体的な相談をして誰かに慰めてもらってもいいですし、SNSを使って誰かに愚痴を言ってもいいです。

さぁて、すこしは「ストレスノイローゼ」が軽くなりましたでしょうか。

あなたが布団から出られないのはストレスのせいではなく、古臭い学説が引き起こしたストレスノイローゼのせいです。

少しは元気になりました?

だったら、思い切って布団から出て、先ずはおいしいものでも食べてリラックスしてくださいね。

応援してます。

非公開Q&Aで気軽に相談できる産業カウンセラーの専門家

産業カウンセラー

吉田 修


ご質問者・みなさまへ

コーチング最新メソッドを使い、自分でできる、気持ちの切り替え方法をご提案します。分野別専門家をご案内できる体制もございます。何なりとご相談ください。


専門家詳細プロフィール


【講演実績】

日本コーチ協会四国チャプター、コーチング体験会など


【得意とする講演・研修テーマ】

メンタルエナジャイズ(勇気づけ)セミナー、コーチング基礎体験セミナー


【来歴】

大手通販会社のコールセンター勤務を経て、現在、株式会社Dream・Giver代表取締役社長。


コールセンター等に勤務時には、約5万人のお客様への応対を行い、いくつもの失敗や成功事例を積み重ねる。この経験から、メンタルヘルスやモチベーション維持の大切さを実感し、対人支援を志し、産業カウンセラー資格取得後、(株)チーム・フローにて平本あきお、宮越大樹の両氏からコーチングのトレーニングを受ける。また、広く優れたコーチをクライアント様に紹介すること・チームコーチングの可能性を追及しています。

非公開質問方法はこちら

Photo by OKWAVE非公開Q&A(公式)

 吉田先生への質問はこちらから

https://okwave.jp/profile/u2684694.html?&slp=201802

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

依頼する場合

・インターネットに接続したPC

・OKWAVEへの会員登録

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ