債務整理をしたい!「任意整理」「民事再生」「自己破産」、自分はどうするのが良い? 弁護士が回答します

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1084
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by OKWAVE非公開Q&A(公式)

浪費の積み重ね、投資の失敗、会社の倒産などで借金を背負い、重苦しい毎日を送っている方、思い切って弁護士に相談してみませんか? あなたの債務状況をプロが診断し、どうすべきか適切なアドバイスがもらえます。※無料質問できます


・債務整理って何をするの?

・畑中先生のプロフィール

・先生の過去回答

・OKWAVEでの関連QA

・先生への非公開質問方法


その他の「債務整理」QAはこちら

https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E5%82%B5%E5%8B%99%E6%95%B4%E7%90%86

債務整理って何をするの? 4つの方法があります

債務整理とは借金を減らしたり、支払い猶予を持たせることにより、借金で身動きのとれない状態から解放されるための手続きのことです。債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産、過払い金請求という4つの方法があります。


任意整理

任意整理とは弁護士が債権者と返済方法や返済額について話し合いをし、支払い可能になるような、現在よりも良い条件での合意を成立させる手続きです。


個人民事再生

「個人民事再生」とは自宅等の財産を持ったまま、減額された借金を(※減額は借金額、保有財産等によって異なります)、原則3年間で分割して返済していくという手続きです。自己破産のように住宅などの財産が処分されることもなく、就職の制限などもありません。


自己破産

全ての債務の支払い義務が免除され、手続きの開始後は債権者は給料の差し押さえ等の強制執行ができなくなります。しかし、5~10年間、新たな借金は不可能となり、氏名と住所が官報という国の機関紙に掲載されます。また、免責決定を受けるまでは一部の職業に就くことができません。


過払い金請求

不当に高い利息で借金返済を続けていた場合は、過払い金の返還を請求することで、今ある借金を完済したり減額したりすることができます。(請求の期限は10年となっています)

債務整理で借金をチャラにしてブラックリストに載っている彼と結婚するのは大丈夫でしょうか?

債務整理

私の彼が競馬で借金をしました。最終的には知り合いの弁護士を雇って債務整理して借金をチャラにしてもらいました。
ブラックリストに約10年くらいは載るみたいで、残りは5年くらいみたいです。
今は仕事をしていますが、風俗の社長です。もちろん営業許可もありますしかなり有名なお店みたいです。
こんな彼と結婚を考えていますが、正直不安です。
同じような境遇な方がいらしたらアドバイスお願いします。

債務整理してから、たった5年で風俗店の社長ですか?お店を借りる「資金」はどのように調達したのでしょうか?
水商売の事は解りませんが、たぶん風俗店は、許認可が必要なはずです。本当に許可が下りたのか?
グレイの部分がかなりあるように思えるのですが、アンダーグラウンドの世界とつながっているのでは?

あなたは彼の事を知らなさすぎると思います。結婚を考えるは自由ですが、行動は早すぎると思います。

ブラックが消えるまでは借金はおろか、たかが車を買うくらいでも保証人にすらなれません。
商売の上で信用取引もできません。常に現金払いです。
バリバリ商売をなさっている状況からして、どこから経営資金を得ているのかだけも
ちょっと気になります。
まして借金の原因がギャンブルでチャラにするツテがあるようですから
もう少し彼の交友関係などを知ってからでも遅くないと思います。

二度目の債務整理は可能ですか?

再びの債務整理

3年ほど前に弁護士介入の債務整理をやって完済したのですが、また借り入れをしてしまい首がまわらなくなりました・・・
再び債務整理をすることは可能なのですか?

強者ですね。ブラックになって尚借りまくったわけね。

ご心配なく。任意整理は何回でも出来ますよ。まあ、たいていは違う先生に頼むんじゃないかな。バツ悪いよね。

減額も期待出来ないし、場合によっては自己破産もいいのでは?

ちなみに、年利29.2以上取ってる貸金業登録業者、または無登録の闇金から借りてる場合は、1円たりとも返さなくてOKです。


安い先生探して下さいね!

なんら問題ありません。
普通に依頼すればいいと思います。
ただし、借り入れを繰り返してしまうのはあなたの責任なので、
そこが治らない限りは一生多重債務者でしょう。

詳しい状況が分からないので、とても失礼な回答かもしれません。
しかし、債務整理をしても、浪費癖がなおらずにふたたび多重債務に陥る人が多いのは確かです。
債務整理は、根本的な問題解決にならないことを知っていてください。
債務整理がただの利息カットの手段として使われてしまうと、ほとんど意味がないです。
生活再建が債務整理の目的なのです。
また、再度の債務整理は、弁護士にとって気分がよくないことも知っていてください。
弁護士は、「この人、結局なおらないのか」「債務整理しても無駄じゃないか」と思いながら仕事をすることだと思います。

依頼するのは簡単ですから、ご自由になさればいいと思います。

畑中先生のOKWAVEでの過去回答

生前にもらったお金は相続からひかれますか?

55歳の女性で、父が亡くなりました。父が生きている頃、500万円借りて
月々10万円返済していました。使い道は、夫が亡くなり、夫から相続したアパートに夫の会社の抵当権がついていたので、それを買い戻すために使いました。
母からも300万アパートの修繕費として
もらいました。父が亡くなり、相続になったとき、兄がその800万(130万円はすでに返済済み)を相続から引くと言ってますが、父と母が善意でしてくれたことに対してそんなこと可能ですか?

お父様とお母様は分けて考える必要があります。
お父様からの500万円は、もらったのではなく借りたのですよね。
そうすると、その残額370万円は、お父様のあなたに対する債権ですから、その債権を、相続人が相続することになります。仮に相続人がお兄様とあなたの2名だとすると、185万円ずつ相続することになり、あなたが相続するあなたへの債権は混同によってなくなるといえますが、お兄様に対する185万円払う義務は残ることになります。ですから、その分を差し引いて遺産分割するのが合理的ともいえます。
お母様からの300万円は、もらったものですから、特別受益にあたりそうです。そうすると、その300万円を相続財産に持ち戻して計算し、それを差し引いた分をあなたが相続することになります。ただ、お母様が生前、持ち戻し免除の意思表示をしていれば、持ち戻さなくてもよくなります。
お近くの弁護士に円満な解決方法につき相談することをお勧めします。

畑中弁護士プロフィール

畑中優宏(ハタナカ マサヒロ)弁護士
横浜弁護士会

【対応エリア】神奈川県を中心に隣接県まで対応
【営業日】9:30~17:30(時間外希望の方は事前にご予約お願いします) 土日祝日(ご予約ある場合は休日も対応可)
【女性弁護士在籍】小さいことでも、心配なことは気軽に相談できる敷居の低い法律事務所を目指しています。同じ法人内に、元教員、元銀行員、女性がおり、それぞれの個性を生かして、幅広い分野に対応できます。

■重点取扱業務
刑事事件(裁判員裁判も多数経験)、離婚、相続、債務整理、交通事故、不動産、労働事件、行政事件、損害賠償請求等一般民事事件など


事務所サイト

http://sy-law.jp/

先生への非公開質問はこちらから!

Photo by OKWAVE非公開Q&Aの(公式)

畑中先生への非公開質問はこちらから(右上のボタンからどうぞ)

https://okwave.jp/profile/u2677625.html?&slp=201801

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

依頼する場合

  • インターネットに接続したPC
  • OKWAVEへの会員登録

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ