もしもの時や老後のため、プロに相談して、あなたに適した賢い投資で資産を増やしてみませんか? 

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:989
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by OKWAVE非公開Q&A(公式)

高収入の方は老後も安泰ですが、一般家庭ではただ銀行に貯金するだけでは利息もなく、物価の上昇などで資産は目減りします。また、銀行は将来的に口座維持手数料の導入も検討しており、手元の資金について真剣に考えなくてはいけない時代が来ようとしています。もしもの時や老後のため、資産形成・運用、不動産活用など、ファイナンシャルプランナー・宇野 彰人先生に相談し、積極的に資産を増やす努力をしてみませんか?(無料相談できます)


・投資の種類

・OKWAVEの関連QA

・宇野先生のプロフィール&インタビュー

・先生の過去回答

・先生への非公開質問方法


その他の「投資」QAはこちら

https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E6%8A%95%E8%B3%87

投資の種類

投資の種類は主に下記のものがあります。

どこに投資すべきか、資金はいくらにするか、運用の期間など、素人には分かりにくいので専門家のアドバイスがとても役立ちます。


株式

企業の将来の(配当可能)利益やキャッシュフローを元に価値は形成される。公開株式の場合の市場での取引価格は、需給要因や市場心理や金利を含めた金融市場環境などで変動する。


債券

業またはその他の債券を発行した経済主体の将来の利子・元本支払能力とイールドカーブなどの金融市場の条件やインフレ動向などによって価値は形成される。実際の取引価格は、こういった条件への期待の変化や、需給動向、流動性などを反映して取引価格は変動する。


商品

コモディティーはそれぞれの固有の需給動向を反映する。金は特殊な投資対象で、実際の需給だけに依存しない固有の価格形成が行われる。


不動産 土地、マンション、アパートなど。固有性が強い実物資本。


為替 実質的に二国間の短期金利への投資。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%95%E8%B3%87

数千万の資金があったら、無難な資産運用ってありますか。マンションなどがいいでしょうか?

資産運用

私はただの貧乏人ですが、何千万円のお金があったら無難な運用として、銀行に預けての金利収入より、マンションなどの不動産を購入して賃料収入のほうがよいんですか?
(老朽化の問題もあるんでしょうが)
株だと東電のようなことがあり、他に無難な運用ってあるんですか?

何か一つだけ選ぶという考えそのものが間違い

当たり外れもあるし、経済状況の変動もある

1年、2年の話なら一発勝負もアリかも知れないが
10年20年なら、3分割とか5分割が必要なんじゃない?

>株だと東電のようなことがあり、

いや株だろうが何だろうが、1つのみにつぎ込んじゃったらリスクが高いんですよ。たとえば先進国の(別に後進国でもいいのですが話が複雑になるので)これは堅いと思う株を10種類買って、ゼロになったなんて歴史上もほとんど無いのでは。
一千万を5分割して、200万ずつ投資し、10年間でAとBが10倍、Cが5分の1、Dが2分の1、Eが1.2倍だとすると、合計2380万です。
20年以上分散投資していますが、買ったことのある銘柄は30種類ぐらいにはなると思いますが、1つも一度も買値から半値以下になったのはありませんし、仮に3つや4つなったところで困りもしなかったでしょう。

株は銘柄によりますね。
それと一番は買うタイミングが一番重要です。
じゃあ、明日から買おうとか来月から初めてみようというタイミングで買うと損するだけです。
株は上がり下がりがあるから、上昇している株買っても下がる率が高いので買うだけ無駄になのます。
なので一番下がっているタイミングで買うのがベストなのですが
それを待つのに1年かかったりします。
そのタイミングで何千万とかつぎ込むので後は上昇するのみで毎月お金ががっぽがっぽ入ってくるだけです。
株で儲けたいと思うなら株の事を色々知っておかないとお金儲けは出来ません。
実際に株の儲けだけで遊んで暮らしてる人もいるくらいです
私も一番下がった状態で買って、今は一応株で儲かってます。
銀行の金利の百倍千倍は儲かるのでやらない手はないと思いますね

>銀行に預けての金利収入より、マンションなどの不動産を購入して賃料収入のほうがよいんですか?
不動産経営も長期の借り手がうまく見つかればいいですが、必ずしもそうとは限りません。
また、必ず老朽化しますので、その対応も結構大変でしょう。

>株だと東電のようなことがあり、他に無難な運用ってあるんですか?
資産運用はローリスクローリターン、ハイリスクハイターンです。
”絶対安全”を重視するなら、銀行の定期預金以外にありません。
ただ、あまりにもローリターンです。
また、株は初心者にはあまりおすすめできません。
もちろん、儲けることは可能ですが、その逆もありえます。

「ラップ口座」とかはどうでしょう。
簡単にいうと、プロが日本株式、外国株式、日本債権、外国債券などに分散投資し運用してくれます。
また、安定運用コース、バランス運用コースなど、希望に応じた資産運用のスタイルを選択できます。

参考
http://allabout.co.jp/gm/gc/9040/

宇野先生のプロフィール&インタビュー

OKWAVEをご利用の皆様はじめまして

「家計の防衛隊」元陸上自衛隊のファイナンシャルプランナー・住宅ローン診断士・転職アドバイザーの宇野彰人(うのあきと)です。


家庭のトラブルに見舞われ、お金にまつわることで苦労した経験から金融のことを学び始めたのがきっかけでとなり、自分と同じような悩みを抱える人を助けたいと思いで転職を決意、現在に至る。また自身の転職の経験から、転職を考える方に向けた就職支援も行っております。


◆注力分野・対応分野
【注力分野】

資産形成及び運用、不動産活用、保険活用、相続対策

【対応分野】
ライフプランニング、金融資産運用、タックスプランニング、リスク管理、不動産、相続


◆OKWAVE編集部から専門家へのインタビュー


【Q:お仕事をされる上で、大切にされている点は何でしょうか?】
本人の求めることと答えと一致しているかどうか

【Q:お客様からはどういった点で支持されていますか?】
前職のイメージとかけ離れた親しみやすさで元気をもらえる、丁寧かつ柔軟な対応対応、フットワークの軽さ

【Q:最後に、ご自身のタイプ・ご趣味などもお教えください】
頼まれたら一生懸命やる、前向き思考、お酒が大好き

宇野先生のOKWAVEでの過去の回答例

家計収支、圧迫により自己所有自宅を売却すべきか?

お世話になっております。

8/21から岩手県の企業にて就労しております。嘱託社員で、ボーナスが
支給されない代わりに、月給が上澄みされています。
収入は、まだ就労はじめて手取りがいくらになるか、まだわかりませんが、
567,000円と雇用条件通知書に記載があります。

現在の支出は、下記のとおりです。
家賃:23,000円、食費:30,000円、医療費:15000円、光熱費:20,000円、携帯:30,000円、 ガソリン代:20,000円、損害保険:6000円、生命保険:20000円、住宅ローン:105,000円、 家族へ仕送り:100,000円、市民税:26,000円、知人借金返済:30,000円

一点、ご相談なのですが現在大阪市に中古住宅の持ち家が
あり、家内と子どもが住んでいます。現在の会社では、上述のとおり
ボーナスが支給されないことから、月々の返済が105,000円になり
非常に大きなウエイトとなります。
2500万円借り入れしまして、あと残債は、2100万円ほどあります。
以前、住友不動産に諸事情で売却した場合いくらで売れるか?
見積もりをとりました。1,800万円程度にしかなりません。
しかし、そこまで支払う手取りがあるか、9月の給料明細を見て判断
することになりますが、恐らく家計を非常に逼迫することになると
考えます。
借り入れ銀行に相談しても、今からボーナス分を
月々の返済に上乗せするような契約は無理だとの返答でした。
住宅ローンは、75歳まであり現在の会社は、一応定年は60歳ですが
会社が認めれば何歳でも就労することができます。しかし、健全な身体で
就労できるか否か、現時点ではわかりません。
売却損が出ても、住宅を売却して賃貸に移るのは得策がありますでしょうか?
上述には当然、家内の承諾が必要となりますが。。。

お手数ですが、上述の内容についてご回答いただければ幸いでございます。
よろしくお願いいたします。

1つ目
大阪の物件を管理してもらえる方がいらっしゃればその方に借りてもらう方法

2つ目
損切りで売却、ご家族共々岩手に移り住む

3つ目
住宅ローンを組んだ金融機関と事情を説明し、借り換え、若しくは返済条件の変更を行い、賃貸物件として貸し出す、その際は大阪で管理や賃貸付をお願いできる賃貸屋さんを見つけておく必要があります。

参考までご回答させていただきました。
http://suumo.jp/kasu/knowhow/loan/
(住宅ローン物件を賃貸する際の注意事項)

老後の資産形成について悩んでいます。自営なので退職金がなく老後の資金が心配です。投信積み立て、債権など、どれがいいでしょうか

老後の資産形成について

退職金の代わりとなるような資産形成について悩んでいます。

一昨年、公務員を退職し、現在自営の38歳 男 独身(結婚の予定はないです)。

収入は減り、質素な生活を余儀なくされているものの、自分のペースで働ける今の状況には満足しています。フルタイムの勤務には戻れないとも思っています。

ただ、自営ということで、退職金がなくなるので、老後資金が心配です。

そこで、投信積み立て(新興国株式 インデックス ノーロード 手数料計0.3%程度)のもので、積み立てていくことが長期保有には有利なのかな、と思っているのですが、なにぶん素人考えなので知識のある方からのアドバイスをいただけたらと思っています。

債券等に分散させるメリットも分かるのですが、必要になるであろうお金と、積み立てられる金額を両方を考えると、ハイリスクハイリターンを選ばざるを得ません。結果的に増えていなくても、積み立てた金額と同程度が残れば、残念ではありますが、ぎりぎり納得はするつもりです。

長期保有と、ドルコスト平均法で、リスクは少なくなると思うのですが…


今後20年以上のお金の使い方に関わる局面なので、慎重に決めたいと思います。アドバイス、よろしくお願いいたします。

>自営ということで、退職金がなくなるので、老後資金が心配です。

自営業者用に、中小企業共済(自分で掛ける退職金)があります。
月の上限額(7万円)はありますが、メリットとしては毎月の掛金は
全額所得控除になります。←これ意外と大きいです
個人事業を廃止した場合、共済金を受け取れる共済制度です。

詳細は↓で確認願います。
http://www.smrj.go.jp/skyosai/index.html

これをやりながら、投信積み立て等出来ればよいのでは?
自営の所得がとんでもなく多いと、全額所得控除になっても焼け石に水?(笑)

まず、選択肢が受身運用の投信だけとのことなので、非常に良い投資方法だと考えます。積極運用の66%はインデックスに勝てないという事実がありますので、インデックス投信に投資するのは非常に合理的です。購入時手数料ゼロだけを狙うのも賢明です。

しかし、新興国株を狙うのは宜しくないと考えます。GDP成長率と株式投資リターンは、必ずしも比例しません。試しに、中国とアメリカの2002~今日のGDP成長率と株式投資リターンを比べてみると良いです。下のTable1で比較できます。
http://www.oecd.org/eco/outlook/economicoutlookannextables.htm

確かに新興国のGDP成長率は、先進国のそれを大きく上回っています。しかし新興国の株式リターンは貧弱です。新興国VEIEXとアメリカVTSAXを比較するとよく解ります。過去10年で、新興国株は1.5倍、アメリカ株は2倍です。GDP成長率に惑わされてはなりません。

投資対象として最も優れているのは、アメリカのSP500です。1970年に投資した1ドルが、2014年に88ドルになった市場です。しかも世界はアメリカを中心に回っているので、政治も安定しています。新興国でお馴染の暴動も、妙なローカルルールも、アメリカにはありません。投資先はアメリカ株を中心に置くと良いです。アメリカ以外の世界株は、オマケ程度に。

債券に投資する必要はありません。債券に付く金利収入では、インフレに勝てません。ジェレミーシーゲル教授「株式投資」の図1-4に、1801年に投資した1ドルが、その後200余年で幾らに成長したのかのデータ(インフレ調整済み)があります。1801年の1ドルは今頃、銀行預金なら0.06ドル、純金なら1.95ドル、債権なら1,083ドル、株なら755,163ドル(タイプミスではない)に育っています。株の圧勝です。ピーターリンチ氏も、呆れ口調で「債権を好む者は、自分が失っているものに気がついていない(BeatingTheStreet・序章)」と言っています。

というわけで、アメリカ株80%、その他世界株20%の比率が良いと思います。債券はゼロ。健闘を祈ります。

★回答 あくまで 私なら以下よ あくまで投資は自己責任

安倍政権 世界金融緩和政策の 方針からみると

債券はりスキー やらない

長期保有と、ドルコスト平均法で、リスクは少なくならない

長期はリスクも大きい リターンも大きい

短期分散がリスクは小さい

でも長期分散でリスクをとらないと 資金は増えにくい
短期の場合は値動きがいい レバレッジのきく 株 FX になる


☆よって あらかじめ資金を 長期 短期中期 生活 予備に分散する

長期では暴落の起きたときだけ動く 予備(MRF)から投入 株ETFを買う

短期中期は逆指値 高速損切り 株ETFを買う インバースETFも買う

中期はNISAで 国内株 米株に分散 平均4年ぐらいで売却

予備はMRF マネーリザーブファンドにつっこんで 普段動かさない

株は米 日 に分散 外国ETFでもよい 商品にはETFで分散 ヘッジはインバースETFを使う

銀行⇔MRF は無料の金融機関を使う NISAも手数料無料だろ


その他 公的年金には入っておく
年金がまったく出ないことはない
あなたのもらうころには じゃまな 爺さん ばあさんは死んでいない
年金基金も改善するはず
あなたが爺さんの時はまだ地球に存在してない人の納税額が原資になる運用になってるはずだ
数千万あれば有料老人ホーム 快適生活で趣味にぼっとうできる
うまく運用すれば 下流老人になる心配もない
自営の38歳 男 独身(結婚の予定はないです)なら資金効率はばつぐんなはずよ
あなたの心理 運用しだいだ

参考 アンサー
定年退職
http://okwave.jp/qa/q8989316.html
経済格差
http://okwave.jp/qa/q8859759.html

先生への非公開質問はこちらから!

Photo by OKWAVE非公開Q&Aの(公式)

宇野先生への非公開質問はこちらから(右上の質問ボタンからどうぞ)

https://okwave.jp/profile/u2825682.html?&slp=201801

まとめ

必要なもの

依頼する場合

  • インターネットに接続したPC
  • OKWAVEへの会員登録

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ