車ガイド!「どのメーカーが信用できる?」「今の車、何年乗り?」「おすすめの軽自動車は?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4068
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

1月18日は「車」の日。1924年のこの日、東京に初めての乗合自動車が登場しました。


車QA

https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E8%BB%8A

なにやら車メーカーの不祥事が多いですが、今、一番信頼できるメーカーはどこでしょうか?

車検は民間でも偽造ありますので、機械が検査して緑のランプがついて
OKで見習いがハンコ押しただけで車の検査はOKですので日産。

真面目に報告したスバル。

トヨタ・マツダ・スズキ・ダイハツは日産の不正発覚ご1ケ月後の立ち入り検査で、隠す事ができる可能制があるために信用できない。

日本に車検という制度があり、メーカーが新車時の車検を簡略化するために、メーカーでの検査制度というものを作ったのに、自動車メーカーがグローバル化したら、世界標準を重視したあまり、日本での検査制度を忘れたという事でしょう、その面では社内規律がしっかりしている、トヨタ、ホンダ、ダイハツ、マツダ、スズキは検査不祥事は出ていません。
そういう意味での信頼性なら、信頼性がないのは三菱、日産、スバルとなるでしょう、一番信頼の置けないのは日産か、三菱、だと私は思っています、中韓の部品を多用しているからコストが安いので、価格競争で競り勝つ、一時は100%近く韓国部品だった、いわば日本組み立ての韓国車、世界では日本車と韓国車では価格が違うわけで、日産の言うブランドの韓国車がやすいのは当たり前。
元々信頼性の低い韓国部品を使った車が信頼性があるとはいえないでしょう。
一方1番となると、何処に信頼性が高いかでメーカーが異なります。
トヨタは優等生タイプなので、t国高信頼はないが、信頼が低い部分もない。
スズキはミッションが昔から信頼が低い、ホンダはDCTの信頼がぼろぼろ(3回連続リコール)だけどエンジンの信頼は高いなど。
まあ新技術は信頼性が問題なのは仕方ないことです、実績がないわけですから。

何を信頼するのか、何を期待して信頼するのか?というところかと思います。

私は、自動車メーカーに求めるものは、「きちんとした車であること。」「きちんとした取り決めのアフターサポートが行われること。」だけです。

検査確認のハンコを誰が押したのか?(検査は行われている)
なんて、ことは気にしません。

また、燃費の偽装なんて、いくらでも不確定要素によって変わる様なものなんて、もともと期待もしていないものですので、そんなものを期待はしていません。

よく言われる話ですけど、燃費なんて、とくに日本の最大自動車メーカーが発表している燃費なんて、一般の人が同じ条件で出せるわけがない様な数値です。
燃費測定専用の測定器で、それ専属の従業員が日々訓練をした中で出した数値なんて、そもそも信用した所で自分ができるわけじゃないので意味のないものだと思っています。
規格で認められているパターンの中心ではなく、誤差の中で一番燃費が良くなる走行パターンにピッタリ合わせて測定しているんです。
そんなもの目安だけで、そんなに意味がないものだと思っていますよ。

なので、そのメーカーは、カタログ燃費の7割出れば上出来。他のメーカーは、8割くらい出るよね。と当たり前の様に言われているくらいですからね。
それでも、基準沿って入るので、間違いではない。となっている話ですからね。


なので、どのメーカーも同じく信頼はできると思っていますよ。

なぜ日本人はベンツ、アウディ、BMWなど、ドイツ車が好きなのでしょうか? 

乗ってみるとわかるんですけどね。

日本車がどれだけ遅れているのかがわかります。
最近やっと日本車も追いついてきましたが、それ以上に、ドイツ車は電子化が進んでいます。
なんで日本はこんなに遅れているんだろうなぁ。と思ってしまうくらいです。

また車自体の作り方も、街中短距離を主に考えている日本車に比べると、ドイツ者の方が、長距離の走行はずっと楽です。

壊れないですもの。
昔のフランス、イタ車は電装が弱かったり、雨漏りしたり面倒です。
アメ車は最初から何かしら不具合があるのが当たり前で、自分で何とかするもの、という考え方です。
フェラーリは本当にレース車で、乗り心地はともかく、シートは狭いわ、荷物は積めないわ、とても実用にはなりません。バカ高いし。ポルシェも似たようなもんだけど。欲しいけどね。w
ベンツは砂漠でも好評なぐらい頑丈ですから。

少なくとも、私はトヨタ車を筆頭に国産車が好きな男ですが、確かにドイツ車が好きな日本人は私の娘(BMW愛用)や甥(ベンツ愛用)も含めて多いと思います。

たぶん、アメ車のように燃費が悪くなく国産車と同じ「右ハンドル仕様の車種が多い」からと昔のように輸入車に対する関税が高くないので、国産車と大して変わらない価格で買える「外車(欧州車)」だからではないでしょうか。

ちなみに、私の姪が乗ってたフォルクスワーゲンの故障の多さに懲りて「ボロクソワーゲン」とドイツ車を扱き下ろす日本人も意外と多いと思います。

他にも回答がありますが、梁瀬一族の成果でしようね。
創業期のヤナセは、キャデラックなどのアメ車を販売していました。
が、全く売れなかった様です。
大正時代の道路事情を考えると、でかいアメ車は売れません。^^;
逃げる様にヨーロッパに渡った結果、ドイツ車に出会います。
小型車が主流のヨーロッパ車との出会いです。
結果、イタリヤ車(フィアット)ドイツ車(VW)の扱いをはじめます。
その後、ドイツ車といえばヤナセとなりましたよね。
全国各地にヤナセ支店・契約店が存在するので、ブランドが浸透した訳です。
今では、ドイツVW社と喧嘩別れしたのでVW及びVW傘下の自動車の取り扱いは終了していますがね。
それと・・・。
全国各地に「点検修理工場が多い」のも一因でしよう。
サーブ・ポルシェ・ルノー・クライスラー・現代などは、修理工場が少ないです。
どうしても、修理が出来る工場が多い方が安心ですよね。

日本車以外の外国車となると、アメリカ車、イタリア車、フランス車、ドイツ車というのが実質的に選択肢となると思います。

このうちアメ車は無駄にデカくて無駄に大排気量で燃料無駄食いです。携帯でもなんでもコンパクトにするのが大好きな日本人のメンタリティと合いません。トランプ大統領は来日したときに「日本の税金が高いからアメ車が売れない」と日本政府にねじ込みましたが「仮に値段が同じでもアメ車は買わねーよ」と多くの日本人が思ったことでしょう。
また日本人は「故障をしないこと」が当たり前だと思っています。私、某メーカーにいたことがあるのですが、日本人は平気で買ったその日に保証書を捨てちゃうんです。「壊れるかもしれない」というのは考えないし、万が一そんなことが起きたら大激怒なんですよ。世界中でも「機械が壊れたら激怒する」のは日本人くらいです。
その視点に立つと、イタ車とフラ車はあり得ません。これらの国の車では「雨漏りがした」とか「走行中に突然電装系が死んだ」などというのはトラブルのうちに入れてはいけないといわれるほどです。車でトラブルが起きたときに「いい女ってのは、気まぐれなものなのさ」といえる余裕がない男には付き合えません。

というわけで、ドイツ車になるのだと思います。

皆さん、今の車、何年ぐらい乗っていますか? 私は軽ですが、8年ぐらい乗ってます(笑)

去年までの車は20年でした、ノントラブルで20万キロ超えていました。
今古いのは軽トラで16年目ですね、こちらも20万キロ超えています。

買って3年目です。
ただ、車自体は中古で買った時にすでに10年落ちなので現在は登録してからなら13年目の車です。
税金上がっちゃったけど気に入ってるのでまだ乗りますよ。

レガシィに乗っています。

現在は走行距離が20万kmです。

手放すときに買い手がつくか心配ですが、一応40万km程度でも売れているようなので安心です。
http://legacy-kaitori-information-navi.org/#content_2

今のは買い換えたばかりですので、2年目ですが。

その前は12年。その前は10年くらい乗っていますね。
10年乗った車は、
法律の改正で隣町に乗っていくことができなくなったので渋々乗り換え。
前の車は、トランスミッションの故障で修理費で中古車が買えるくらいなので、乗り換え。という感じですね。

基本できに、修理が合わないほど壊れない限り、乗り換えというのは考える気がありません。

今の車:スバル レガシイ ツーリングワゴン 2000GT-B 5速マニュアル
    最大出力280ps/6500rpm
    最大トルク35.0kg・m/5000rpm 
    車体の色はアークティックシルバーメタリックです。

所有年数:19年と3ヶ月です。

2年位前から塗装が劣化し始め、今では屋根の塗装はクリアが劣化し剥がれている部分や細かなヒビ割れ等で、真っ白になっている部分もありますが、肝心のエンジンとビルシュタインのショックアブソーバーを含む足回りは至って元気です。
ノンターボのトヨタ86程度の車なら、振り切る自信があります。

常に3台を所有していますが、一番古いのは平成3年に買ったホンダの軽オープンで25年になりますが、それほど距離を走らず室内保管ですから、順調で殆どお金はかかりません。

先日やっと4回目のバッテリー交換をした程度です。

後は2回目の車検を受けたコンパクトカーと最初の車検を受けたコンパクトカーですが、どちらも何の不満もなく当分は買い替えるつもりは有りません。
3台を所有できるのは常に最低10年以上は乗り続けているからです。

車を買い替えるのはどうしても欲しい車が現れ、どれかが10年以上経っていて入れ替える決心がついてからです。
どんな修理費が要っても車検を受けてでも少しでも長く乗るのが経済的には一番だと思います。
軽で8年ならあと3回くらい車検を受けて乗る事は出来そうですよ。

軽自動車購入で悩んでいます。ムーヴカスタム、ハスラー、キャスト・アクティバこの3つだと、どれが一番おすすめですか?

実用性重視ならムーヴカスタム、アクティブな要素を取り入れるならハスラー、キャスト・アクティバ、ダイハツが2車種ということで、キャスト・アクティバをお勧めしておきます。この車で、通勤や買い物に行ってもおかしくないですから。

使い方次第ですね。
年間走行距離が5000km以下ぐらいなら、燃費も考えなくても良いですし・・・

ミニバンとセカンドカーに軽バンを持ってますが・・・
ほぼメインになりつつある軽バンです。
燃費はそんなに良くないですが、使い勝手が良すぎて・・・
大きな車内空間を生かして使ってますから・・・

軽自動車はどれも50歩100歩ですから、見た目の好みで選べは良いと思いますが、どうして軽自動車に拘るのでしょう。

確かに税金は安いです。しかし仮にホンダのフィット1300と比較して、車両価格は装備にもよりますがそれほど差は有りません。燃費も1300とエンジンに余裕のあるフィットの実際の燃費は下手なターボ付きの軽自動車より良いかも知れません。

軽自動車は限られた幅の割に背が高く、少し高速で走るととても危険ですし、幅もワイド化したり排気量を上げたりしないとそのままでは安全でないので輸出も出来ません。

660ccのエンジンではとても力不足ですから、高価なターボを付けてやっと走りますが高価になりますし。

フィットはそほど変わらない車重で1300ccとほぼ倍のエンジンは余裕で、それだけ安全で快適に走れますから、耐久性も違います。

4人乗れば殆ど大きな荷物も積めない軽自動車に対して大人5人が乗れてその後ろにたっぷり荷物も積めるトランクがフィットには有ります。

実用性、快適性、静かさ、低燃費は勿論ですが、何より事故を起こす可能性が少なく、事故に合っても家族の安全も少しは余計に守れる車に、たかが税金くらいは高くても支払ってはどうでしょう・・・

軽枠にとらわれない車選びをお勧めします。

前面道路幅と車庫のサイズに余裕が有るなら・・ですが。

まとめ

Photo by photo AC

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ