YouTubeと著作権について知っておきたいこと4点

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 素材辞典
  1. YouTubeの著作権ポリシー
  2. 動画サイトから音楽をダウンロードするのは違法
  3. 自分でアップロードする時の注意点
  4. 自分でアップした動画が削除されたら?
このような内容です。

STEP1YouTubeの著作権ポリシーについて

youtubeの著作権ポリシーについて

こんにちは。
youtubeに動画を投稿しているものですが、音楽の著作権について質問です。

youtubeの機能で音楽ポリシーってありますよね。
曲名を入れることでその曲の著作権者がyoutube上での音楽使用についてをどのように決めているかを確認できる機能です。よく使用するのですが自分が使いたい音楽の題名を入れても出てこなかったりすることが多々あります。この場合って使っても大丈夫でしょうか?そのへんの著作権事情を詳しく教えていただけると助かります。

逆です。基本的には、ポリシーが登録されている楽曲はポリシーに指定されている条件(例えば広告表示など)で利用することを権利者が認めているということです。ポリシーが何も表明されていない楽曲の音源は使用できないと考えてください。

…自分で演奏したものは別です。

STEP2動画サイトから音楽をダウンロード、違法?

YouTubeやニコニコ動画から音楽をダウンロードしたり、音楽を抜き出

YouTubeやニコニコ動画から音楽をダウンロードしたり、音楽を抜き出す事は、合法か違法か。
YouTubeやニコニコ動画に、CDから取り込んだ音楽に絵を付けてアップロードされている動画があります。それらの動画をパソコンにダウンロードするのは著作権上、合法でしょうか。
また、パソコンにダウンロードしたその動画から元の音楽を抜き出すことは、あるソフトを用いることで可能ですが、これは著作権上、合法でしょうか。
以上、著作権に関する二つの疑問に、回答をよろしくお願いします。

著作者の許可がない限り違法です。

YouTubeやニコニコ動画はアップロードされたものが「違法」か「適法」かまでは判断できないため、あくまでも通報があれば削除というスタンスで運営を行っています。
また違法にアップロードされたものだと知りつつ、これをダウンロードした場合も法律で罰せられますので注意してください。

ちなみに動画に音楽だけ抜き出すのは「二次創作」にあたり、動画の作成者の許可がないと限り違法なものとして扱われます

STEP3自分でアップロードする際の注意点

youtubeの動画(音楽)のアップについて

youtubeへの動画(音楽)のアップロード及びダウンロードについてお教えください

自分で撮影した動画に好きなアーティストの音楽をいれてyoutubeへUPしたいと思っています
そこで質問なのですが

1・ 自分で撮影した動画に、好きなアーティストの歌(購入したもの)をつけてyoutubeへアップするのは違法になるのでしょうか?

2・ youtubeにアップされている歌、例えば、CDジャケットのみ映っている動画内の歌等を、自PCにダウンロードして
さらにその歌だけを抜き出し、自分で撮影した動画へつけてアップするのは違法でしょうか?


乱文で分かりにくいかと思いますが宜しくお願い致します

あの、全部違法です。
アーティストの曲を 買ったからって、不特定多数の第三者に勝手に配信する行為は何をしようが違法です。

購入したのは個人で聞くための権利で、公開する権利ではありませんよ。

まあ、違法配信の賠償金は安くて300万くらいで和解してますので、それを払ってでも布教活動をしたいのであれば止めません。
ジャケットの写しをそのまま出せば 曲及びジャケットのUPで2罰です。賠償金に上乗せです。

クラシックも似たようなものです。作曲者の死後70年(?)は保護があるし、それをクリアして、今度は演奏者や指揮者、作曲者の遺族や著作権管理団体などが権利を持っているのです。
YouTubeに載っているのは許諾料を払っているかもしれないので、その辺のことはわかりません。

youtubeにアップする際の注意点が分からない

youtubeにアップする際の注意点が分からない

YouTubeによく、「歌詞付き動画」、「ドラマ(アニメ)の○○シーン集」、「ドラマアニメ全話」、「転載系」
「MAD(良く知らない…)」、「やってみた系」等大量にアップされていますが、違法なのかどうががわからないんです。
また、動画内で有名アーティストの曲とかをBGMに使うのはダメなのでしょうか。どうやったら使えるんでしょうか。
こういうことって調べてからじゃないとyoutuberとかはやれないと思うんですけど、みなさんどうしてるんですかね…

YouTubeに動画を上げる時著作権だとかなんだとか、違法になる可能性がある動画ってどういうものなんですか??
そういう事が詳しく説明されているサイトとかありましたら教えてください。

調べてみたんですが、「違法動画の罰則」、「違法動画をみることは違法なのか」とか、ちょっとズレたことしか出てこないので…
(調べ方が下手くそなだけなんですが…上手い言葉が見つからなくて調べられません…)


お願いします。

動画配信関連においては、著作権上のいくつかの要点を理解する必要があります。

1.
まず最初に、著作権は親告罪であり、権利者の親告が無ければ
侵害という被害の確認ができないので、処罰を与えることができません。

典型的なのは、同人誌の大半をしめるマンガやアニメほか
既存の著作物を素材とした、二次的著作物です。

ごく一部には、著作権にうるさいとされる権利者や、その遺族はいますが
ほとんどの同人誌において、権利者からの親告がありません。

逆に、同人誌文化の中で育った作家には
積極的に二次的著作物の素材として、利用の条件を明示しています。
これはTPPで非親告罪化の可能性があるとして、近年取り組まれたものがあります。
(非親告罪化で、同人作家の大規模撤退が起こる恐れがあります)


そういうわけで、削除されていないのは
権利者等が、親告していないから
侵害の可能性が無いわけでは無い。これが第一の常識です。

ですから、削除されたら削除された時…気にせずアップロードしている人が
非常に多くいるようです。

2.
著作権は、ひとつのコンテンツにおいて、単独の権利者のみがいるのではありません。
ですから「作った人が権利を持っている」という単純な考え方は
動画においては、ほとんど成り立ちません。

たとえば、コスプレして踊ってみた動画や歌ってみた動画を作れば
コスチュームデザインした人の著作権
作詞家,作曲家の著作権
実演者(演奏者や歌手)の著作権などがかかわります。

作品名を題名として使えば、それも厳密には商標などの権利の問題を持ちます。
(錯誤させる表題など)


YouTubeやニコニコ動画がJASRACと交わしている包括契約では
作詞家,作曲家の著作権についてのものですから
CD音源やカラオケ音源を、そのまま使えば
実演者の著作権侵害という問題が起こりえます。

実際YouTubeでは、凝ったMAD動画で
音声はミュート状態にされている例がたまに見かけられますよ。


当然そういう動画には、動画作成者も著作権者ではあります。
自分が作った部分のうち、著作性が認められる部分があればですが

単に新聞記事を表示するだけの動画なら
著作性は認められないので、普通に削除されると思います。

著作性が認められるものは、削除されにくいと言われていますが
けっきょくは権利者がどう判断するかです。

権利者が企業であったり、企業に委託している場合など
またアニメ化や実写化されたマンガなどでは
著作性を評価する枠組み無しで、一様に削除以来されたりもします。

マンガ家の意向と、メディアミックスのほうの意向が違うこともありますし
制作側が公開した動画が、広報側の申し立てで削除される珍事も起きています。


3.
そういうわけで、自分で演奏して、歌って、描いて、踊る
撮って編集して、うpする。全部自分でやれるなら話は簡単です。
作詞作曲からやってもいいし
電子音源で、ほとんどの楽器が使えますし、ボカロやUTAUも使えます。

実際には、普通の社会人が、そうなんでもやるということは無理で
サークルなどで、協力して制作したりも盛んに行われていますよ。


4.
あと、ニコニコ動画かいわいには、特有の文化もあるので
そのへんも押さえておいたほうがいいかもしれません。

たとえば、ニコニコ動画に投稿された動画同士
あるいはTV放送物などとの比較動画は、割とすぐ誰かが作る傾向がありますが
これには、本来著作性なんかありません。

でも、ニコニコ動画に動画を投稿している人は、自分の動画の再利用について
これを問題視して削除するということは普通無いようです。
これはニコニコ動画の中で完結している場合で
比較対象がTV放送物の場合は、そちらから削除依頼が出ることはありえます。

MMD関連にも、非常に多くのキャラクターの権利問題が潜在していますが
現状では、問題にはなっていないようです。(あるかもしれませんが知りません)

この部分は、権利者の意向次第なので
MMDモデルとして公開した既存キャラクターのモデルデータは
MMDのみで使用可と制限されている場合があります。

これが、法的に有利なのか有効なのかもわかりませんが
実際に、MMD用として公開しているモデルデータを
MMD以外で利用して、それを指摘された事例はあります。

でも、それはキャラクター自体の権利を持っているマンガ家や
アニメ制作会社などからの親告では無いので
著作権の問題とはちょっと違ってきます。

厳密には著作者人格権において、使用目的を制限できないわけではないようです。
おおざっぱにいえば、著作者人格権は、金銭的被害が生じなくても
著作権者が精神的に被害を受ける行為を制限したりできる権利です。

無償で公開している動画ですが、著作権者が他の動画サイトには
転載しないでくれって言えば、それも人格権上認められる権利です。

実際には、それで問題になることは無いような気もしますが
ニコニコ動画にある動画を、YouTubeに転載する場合は
素材やキャラクターなどの権利だけでなく
動画作成者の権利にも配慮する必要があります。

YouTubeで利益を得る人の少なく無いわけですから
著作権者がYouTubeにアップロードしていないから
第三者がアップロードして利益を得ていいという理屈はありません。

ただし権利者が全員問題無しとすれば、それはそのまま残りますし
めんどうくさいから、親告していないという権利者は膨大です。
というか、ほとんどの作家や歌手は
そういう細かい権利のことなんか考えていないみたいですよ。

だって、著作権のこと考えていておもしろいマンガ描けるわけじゃないし
歌がうまくなるわけでも無いんですから。


結果的に、そういう権利者の寛容さに
消費者が甘えているという構図があるのも事実です。



まぁ、結局は、どこまで自分がきっちりやるかは
自分がどこで納得できるか?という問題です。

たいていは、妥当だと考える線の中で行動すれば
重大な処罰を受けるようなことは無いようです。


なお、やってみた動画等では、ボカロ曲が使われることがよくありますが
実はボカロ曲はアマチュアが作詞作曲したものが非常に多く
JASRACなどに著作権に関して委託契約をしていなかったりします。

ですから、本来はJASRACの包括契約なんか
最初っから最後まで、まったく関係無かったりします(笑)

ですから、半分は仲間内で作品を共有している感覚もありますし
めんどうくさいから、どうでもいいよという人もいます。

PiaProに登録されているボカロ曲については
そこで使用目的などについて、明記されていたりするので
ボカロ曲は、そういうところで確認したほうがいいかもしれません。

作った人に著作権があります。
著作権のある人に無断でそれを使うことはできません。
それだけです。
自分が撮影したものは自分に著作権があるので、他の人の許可は必要ありません。
自分で作曲して自分で演奏した音楽の著作権は自分にあります。

しかし、著作権はその人が死ぬと、その後50年間保証されてから消滅します?
ですから、ほとんどのクラシック音楽は著作権が失効しているため、誰でも無許可で演奏できます。

簡単に言えば、写真でも動画でも音楽でも、他人が作ったものはダメとゆうことです。

まずアップロードしてみる。だめなとこはメールが届いたり、動画の管理に注意が出る。市販の曲を使った場合、自分は収益化ができなくなる。それを承知なら何もしなくて良いとかになる。
ドラマをアップロードしたら、それは違法となる。すぐに削除にならないかもしれないが、万引きして捕まらないのと同じ、違法なことはやめましょう。

Youtubeで転載されているものはニコ動からのものと思われますが、ニコ動ではJASRACという日本の音楽の著作権を管理する団体と契約を結び、許可されている楽曲はニコ動の投稿及び生放送で使用しても良いことになっています(詳しくは以下参照。)
http://ex.nicovideo.jp/base/license_guideline
http://license-search.nicovideo.jp/song

そのため、いわゆる「歌ってみた」動画はニコ動でなら、ニコ動で許可されている楽曲に関して、合法的に投稿することができますね。
http://www.appps.jp/149138/
※ニコ動については確認できたのですが、上記リンクによると、Youtubeでも契約を結んでいるようですね・・・ムズかしい・・・

ドラマ・アニメ等、TVで放送されており、『転載を禁ずる』となっているものは違法アップロードになりますね。MADもアニメの画像・動画を利用していますから違法です。

ゲーム実況については、個人製作者の場合は比較的許可を取りやすいと思われます(青鬼など、もっとも、青鬼もすべての投稿者が許可を取られた訳ではないと思われますが、また、そのゲームで使用素材を保有する権利者についても、許可を取るのが好ましいと思われます)。任天堂やプレステの場合、昨今のゲーム実況ブームに従って、ゲームごとに公開範囲を定めていたり、投稿時の注意事項を定めていたりします(Splatoonなど)。

Youtubeで楽曲を使用する場合には、原則として権利保有者に許可を取らねばなりませんが、著作権が放棄された楽曲、素材として提供されている楽曲(クリエイティブ・コモンズ等)は、それぞれの権利者が定める利用規約に従って、利用することが可能です。

例えば、フリーゲーム界隈では、音楽素材を様々なアマチュアの作曲家から手に入れているので、「音楽素材」と検索すると、「RPGツクール」というワードも検索候補に出てきます。素材の作者様に依りますが、会員登録(無料・有料)が必要であるところから、自由に取ってくださいとなっているところ等、様々なので、利用規約を確認されることをオススメします。http://blog.mb.cloud.nifty.com/?p=1924

一応画像・イラスト素材も貼っておきます。
http://www.ashinari.com/
https://www.pakutaso.com/
http://www.irasutoya.com/

STEP4自分の動画が削除されたら?

動画が削除されてしまいました!

初めてYoutubeに動画をUPしたら、すぐに削除されてしまいました。
原因が分かりません。

UPした動画は、猫が「猫用おもちゃ」で遊んでいるシーンを撮影したものです。
部屋の真ん中でおもちゃで遊んでいるシーンで、おもちゃと猫以外は映っていません。
タイトルには「商品名」を入れました。
心当たりとしては、BGMにクラシックを流していました。といってもとっても小さい音で普通に流したら聞こえないくらいの音量です。
流した音源はインターネットラジオです。
それが原因でしょうか?

お分かりの方、アドバイスをお願い致します。

>流した音源はインターネットラジオです。
そうでしょうね。

以前は店内や街中で流れている音楽が入った程度なら削除されることはなかったのですが、最近は厳しくなったようです。
屋外でカラオケしている人の声だけが入ってもダメでした。
こう言っては何ですが、元の曲がわからないほど音程が外れていてもダメでしたよ(笑)

Youtube側で著作権料を、ある程度は払ってるようですが、別件、日本音楽著作権協会(JASRAC)から請求が郵送で来た店舗があります。「著作権料を払え」と言うものです。察するに、著作権料が入らなくなったのでしょう。
さらに、任天堂が版権を持ってるのでしょうか?ポケモンの画像を無断で使うと警告が来ます。これを知らずに映画の主人公を無断で使い、うまい棒が使えなくなったのです。

1.音楽が使えない
2.おもちゃがキャラクターもので、版権がある。
3.背後にマズイのが映ってる。

のではないでしょうか?

Youtubeで削除されました。

Youtubeで削除されました。
お世話になります。
先日,アップした動画が著作権違反ということで削除されました。それについてはまったく異議は無いのですが,同様の動画が山ほど残っていることに義憤を覚えています。
Youtubeの削除基準はどうなっているかご存知ありませんか?

私も削除された経験がありますが、動画の作成者から
抗議されればYouTubeが削除するようです。

著作権者が申し立てて削除するだから、著作権者にとっては宣伝のために残しておこうと思えば知らん顔するし、けしからんと思えば申し立てる。
大手なら誰かがご注進して気が付くこともあるし、違法DVD販売の取り締まりに手一杯で、実質黙認、誰かが違法動画がアップされたと投書でもあると動くというところもある。
違法動画が山ほど有ろうが、著作権者が怒るべき話で、第三者は関係ないから、せいぜい有ることを教えてあげる程度で良いと思う。
自分の権利は自分で守るのがネット社会の基本スタンスで、自らの権利を守る気がない人はどうしようもない、著作権が大事なら常に監視したり、プロテクトをかけて盗まれないようにすべきで、それを怠って他人の助力を求めたって動かない。

回答としては、著作権者が削除要請を出さないから類似のコンテンツが残っている、あなたのはたまたま目に付き削除した方が良いと思って削除要請が出されたから。

まとめ


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ