足がつったときの対処法、原因など【こむらがえり】

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:9
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 素材辞典

冬場は体が冷えることで足がつりやすくなっています。

足が攣ったときの対処法や、原因、

こむらがえりを防ぐ方法などのQAをまとめました。

【非公開質問で専門家に健康についての格安相談も可能です】

管理栄養士・パーソナルトレーナー

今井 準

https://okwave.jp/profile/u2832928.html?&slp=201801

STEP1なぜ痛いのか

こむらがえりはどうして痛いのでしょうか

こむらがえりに関する質問はたくさんあるようですが、どうしてあれほど痛いのだろうかといつも思います。あるいは心筋梗塞の痛みに似ているのかなどと想像しています。又件の筋肉を伸ばすとすうっと消えていくことも不思議です。

こんにちは。
「こむらがえり」とは筋肉の「不随意収縮」です。
普通、筋肉は自分の意思(随意)で収縮させて身体を動かしていますが、
こむらがえりが起きている時は意思とは関係なく(不随意)筋肉が異常に収縮してしまっています。だからあれほど痛いのです。
そして、その筋肉を伸ばしてあげると痛みが和らぐのも、不随意で縮んでいるものを緩めてあげているからなのです。
こむらがえりの原因は人により様々です。筋温の低下だったり、筋細胞内の電解質や水分のアンバランスだったり・・・。
なかなか予防は難しいかもしれませんが、思い当たるものがあればそこを少しずつ直していくといいかもしれません。

STEP2足がつる原因

足がつる

よく足がつるんですが、原因は何なんでしょうか?

最大の原因は『マグネシウム欠乏』です。
カルシウム・マグネシウムはしっかりお摂り下さい。

こむら返りは「筋肉の急激な収縮」です。原因は、マグネシウム欠乏・カルシウム欠乏。

根拠を述べます。筋細胞の中にアクチンとミオシンと云う線維がありカルシウムが筋細胞内に入ると、アクチン・ミオシンが滑り込みを起こして筋細胞が縮みます。そして、カルモジュリンと云うタンパクにマグネシウムが乗ると、カルシウムが筋細胞から外へ放出されて筋弛緩が起こります。

マグネシウムが欠乏すると、カルシウムは筋細胞から出られなくなり、筋肉は収縮したままになります。
またカルシウム不足で骨から補充されたカルシウムは、カルシウム濃度が高すぎて入り込んだ筋細胞から出難くなったり、入り難くなったりして筋細胞の収縮弛緩に差しさわりが出ます。
まずは薬局へ行きニガリを購入して飲んでみましょう。飲んで30分から1時間ほどで、こむら返りの辛さから解放されると思います。

また、カルシウムの補充を心掛けることも大切です。
数日間ニガリを摂り続けてこむら返りがなくなったら、マグネシウム欠乏に陥った原因を調べましょう。食因性なのか? 病因性なのか? 必ずチェックしてください。

年齢、性別、生活環境・状態、過去疾病歴などなどで答えがまったく違ってきます。 

原因・・・・脳腫瘍かも知れませんし、単に食事内容からの栄養素の不足かも知れないですし、筋肉が縮んでしまってのびなくなって痙攣かも知れないし、エネルギー産生部位の酸性物質などの異常蓄積によるのかも知れません・・・いろいろ有りますし、それに対応した解決法も沢山あります。

運動不足や筋肉疲労でしょう。
また、成長期に身長が急に伸びると足がつりやすくなるといった話も聞いたことがあります。

足がつる(>_<)

知人が運転中に足がつるそうです。なぜ足はつるのか、又予防法など教えてください。

私も運転中にたまにふくらはぎや足の甲がつって困ることがあります。
特に夏場、エアコンの冷気が足下に吹き出して、足が冷えたときになりやすいです。

なぜ「つるのか」は疲れ、カルシウム不足など色々聞きますが分かりません。

予防法として乗車前にふくらはぎのストレッチと、くるぶしと足の甲の柔軟運動を30秒ほど行うようにしています。

足がつる(こむら返り)というのは、足に血液の流れが悪くなっているために、「ふくらはぎ」が、痙攣を起こしてる状態です。
長時間の運転や、水分不足の際によく起きているのではありませんか?

頻繁にその様になるのであれば、何か病気が隠れているかもしれませんから病院に行かれてはと思います。

STEP3こむら返りをなおす方法

こむら返りをすぐさま治すストレッチ(マッサージ)は

就寝中、特に朝方によく「こむら返り」を起こします。ミネラル不足や水分不足等、栄養面での問題ともよく言われることは分かってるんですが、とにかく就寝時なので、そうなった場合にすぐ対処できる方法を教えてほしいなと思います。「シャワーであっためたら?」とか言われたこともあるんですが、寝てる状態で足がつってると、どうしてもお風呂場まで出向いていくのも苦しく・・・「こういう風に足を伸ばす」等教えて頂ければ嬉しいです。

筋肉が攣ることを専門的には有痛性筋痙攣といいます。特にふくらはぎの筋肉が攣ることを、一般的にはこむら返りと呼んでいることが多いそうです。その対処方法ですが、温める、薬、漢方などいろいろ言われていますが、今ある症状を治めるのはストレッチ(筋肉を伸ばすこと)しかありません。ですからこむら返りの時は、ふくらはぎのストレッチをすればいいわけです。

俗にいう、アキレス腱を伸ばす運動、あれは腓腹筋というふくらはぎの筋肉のストレッチです。細かく動かさずに息を吐きながらジンワリ伸ばしましょう。#3さんの方法でもいいと思います。座った状態でするときは、攣った方の足を伸ばし、膝を曲げずに足の指を掴んで甲側に伸ばしましょう。

ふくらはぎの筋肉はもう一つありまして、上に腓腹筋、下にヒラメ筋という筋肉もあります。ここも伸ばすとより効果的です。やり方は上にあげた方法を、膝を軽度に曲げて行うだけです。座った状態のものは少しやりにくいので違う方法をご紹介します。伸ばしたい方の膝を立てて、反対の足を正座して座ります。顎を立てた膝に置き、ゆっくり体重を前にかけていきます。踵が浮かない程度のところで、6秒ほどそのまま伸ばしましょう。ストレッチはやりすぎということはないので、適宜加減されてください。

とにかくどのような方法でも筋肉を伸ばせばいいのです。腿がつたっときは腿のストレッチ、足うあらが攣った時は足裏のストレッチです。


攣る原因は栄養や水分の他にもまだあります。特にふくらはぎに関して言えば運動不足、筋力の関係もあります。ふくらはぎの血液の流れは、心臓と筋肉の動きによるところが大きいのです。血液が滞ると、老廃物がたまり攣りやすくなります。ですから生活や仕事以外で運動としてウォーキングをする。ストレッチを日課にする。筋トレで筋力を強くする。などが根本的な解決方法になります。

他には下肢の浮腫み、下肢静脈瘤や閉塞性動脈硬化症などの循環器系疾患、腰痛疾患による下肢症状でも起こりえますので改善しないようなら適切な医療機関でご相談ください。

こむら返りは、足のふくらはぎ(こむら)と足の裏の筋肉が収縮したあと、自力で戻せない現象です。
 ストレッチはこの筋肉を力で戻すように行います。自力で足の親指を掴んで戻せればいいのですが、できないときはベッド足元のパイプやボードに指をかけてかかとを押し込むように行って下さい。
 原因は、ふくらはぎの筋肉の血行不良です。その原因として冷えや疲労・圧迫などがあります。また神経の問題もあります。しかし、解決策は簡単で、筋肉を伸ばすために必要なマグネシウムの摂取をすれば、多分翌日から起こらなくなります。起こらなくするほうが簡単なので、ミネラル入りのビタミン剤を服用し、湯たんぽや電気敷毛布を利用して、暖かくして寝ましょう。

よく運動をしていて足がつったとき(足の裏やふくらはぎが釣った状態)は、足伸ばした状態で向こう側から足の裏と指を頭側へ曲げてもらう(指を反らせる方向)と嘘みたいに治ります。

・足を伸ばす
・足の裏を(ぴーんと伸びてる状態ではなく)足に対して直角にする
・指を反らせる

になるんですが、自分一人だと、コツが分かるまでは難しいかもしれません。

立っているなら、先に家具や壁、段差を利用して指をそらせておいて、あとはゆっくりかかとを降ろすなどでしょうか。

こむらがえり

私は20歳の女性で仕事上足を酷使するのでこむらがえりによくなるのですが(寝ている時に)どう対処すれば良いでしょうか?
こむらがえりを予防する方法とこむらがえりになった時にどう対処すれば良いか教えてください。

私も、たまになりますけど
ツッタ瞬間に、足の裏を床にめがけドンドンドン・・・とたたいてごらんなさい
体重が掛かるから、筋肉が伸びようとするのを止めてくれるのと
その行為事態が、筋肉をほぐしてくれる
100%で、瞬時に回復するから!
寝てても出来るでしょ。

足をつった時は足指全体を自分の方に倒すように引っ張る。

治りが早い。なんなら寝る前にエアーサロンパスをふくらはぎにかける。予防になる。

こまめに水分をとるようにすることと
軽い運動を心がけてみてください

足のこむら返りで、痛いのですが、、

足のこむら返りで、痛いのですが、痛いとき、どうすれば楽になるでしょうか?

痛いのを我慢して、足の親指を思いっきり上の方に曲げる(そらすの逆)と、早く治るようです。

私の場合夜寝ていて無意識のうちにのびをしてしまった時よくなるのですが、その部分をこすってほぐします。

同じ場所がよくなる場合なる前の予防として、レンシレンジ専用のホットパックまたは濡れタオルでも可で暖めています

確かにこむら返りや筋肉の痙攣はとっても痛いですよね。私も向こう脛やふくらはぎ、手の指などで痙攣を良く起こします。何度も起こると自分で筋肉を刺激して治まりますが一応医者から薬を処方していただいております。
どうぞお試しなさってください。

STEP4予防、改善方法

「こむらがえり」の予防、改善についてお願い

「こむらがえり」の予防、改善についてお願い
70歳、男、身長160、体重48Kg、1年前頃より下肢にこれに襲われます。
軽い足部のでは週に1-2回、ふくらはぎ部までのことが2-3週に1ー2回、時に大腿部までのことがあります、また、そのためと思われる痛みがあることもあります。
服用薬剤はC型肝炎のため20年もの間服用していますが他にはありません。
運動では週に2-3回グラウンドゴルフ、家庭菜園を少々、他に歩く走るはしていません。
血圧は140-90と少し高いです、予防、軽減、原因などについてお願いします専門医の受診がと思いますが何科をよろしくお願いします。

>予防、軽減、原因

原因は一般的に、運動不足、筋力不足、筋疲労、水分不足、電解質バランスの崩れなどです。筋力をつけ、足の血行を良くすると言う意味で、屋外ウォーキングを軽めに行いましょう。グラウンドゴルフでは足の運動にはなっていないと思います。筋肉の質を良くするために、ストレッチを毎日行いましょう。ストレッチは起こった時の対処方法にもなります。

腰が原因の坐骨神経症状なども考えられるため、整形外科を受診されてください。

腓返り(こむらがえり)の予防

主に就寝中の明け方くらいに週1~2回、腓返りが
起こります。
激痛でとても横になっていられず飛び起きては飛ん
だり跳ねたりしてしまいます。
予防法をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示
下さい。

予防法は
  1.寝る前にストレッチ体操をする。
  2.寝る前にスポーツドリンクを少し飲む。
  3.足下を暖かくして寝る。
  4.疲れる程運動をしない。
  5.寝ている時は急激に足を動かさない。
なったときの処置方法
  A.ゆっくりと起きあがり、そこの筋肉をゆっくりストレッチする。
  B.ストレッチの後、マッサージをしておく。
  C.少しスポーツドリンクを飲む。
ぐらいでしょうかね

疲れた時、ビタミン、ミネラル不足時、体重が増えた時、冷えた時、起ります。
応急処置です。
私も時々、あるのですが、
自分で「来た!来そうだ!」っていうのがわかるので、急いで、足を手前側に倒します。(足の指を持って自分側に引っ張る)
筋肉の収縮なので逆方向に伸ばせばいいです。
決して、反対方向には引っ張らないでくださいね。
余計に痛くなりますので。

腓返り(こむらがえり)の原因は冷えです。
とくにふくらはぎを暖めることです。
効果的予防方法
・足湯(1回10分程度、適温に足(ヒザから下がBEST)をつける
・レックウォーマー等でふくらはぎを冷やさない
 (ふくらはぎの途中の長さの靴下はリンパの流れを止めるのでNG)
です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集

ピックアップ

ページ先頭へ