ガス特集!「東京ガスは大企業?」「タクシーの燃料はなぜガス?」「LP、プロパン、都市ガスのちがい」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1885
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

10月31日は「ガス」の日。1872年のこの日、横浜でガス灯が点灯され、日本のガス事業の幕開けとなりました。


ガスQA

https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E3%82%AC%E3%82%B9

東京ガスって日本トップクラスの大企業なのでしょうか?

何を基準にするかですが、売上高で言えば国内上場企業で 66位 (日経新聞調べ)ですからトップクラスの大企業と言えるでしょうね。

資本金が1億以上の企業を「大企業」と呼ぶことになっています。

その地域に、その企業以外の対抗企業が存在しなければ、それは独占産業ですから、最初から敵のない企業です。

独占型の商売を広げられるというのは、それができるインフラを持っていて余人が簡単にそれを置き換えられることができないことを言います。

タクシーがガソリンではなくガスで走っているのはなぜですか?どういうメリットがあるのでしょうか。また、なぜ一般のガス自動車はないのでしょうか

コストが安いから。

ただし、おなじ排気量でガソリン車に比べて、力はありません。
ただ、タクシー業務で使う程度なら、たた小力がなくてもかまわないので採用されて居ます。

>なぜ一般のガス自動車はないのでしょうか

カタログを見て、馬力がいくつだとかと選ぶ人に、同じ税金区分で力のでない車が選ばれるでしょうか?

また、LPGなどのガスタンクは、定期検査や対応年数があります(圧力の高いガスを使いますからね)。
その検査費用、交換費用など、一般の人が定期的に出して居られるでしょうか?

毎日数百キロなどは知って営業する内容であれば、そういうひようをかんがえても燃料費は安くなりますが、一般の人であれば、そこまで燃料は使いませんので、割高となってしまうということです。

http://imimatome.com/zatugaku/kuruma/609/
ここに詳しくのってますが、要点をコピペします。

なぜタクシーがLPガスを使うのか?については、主に次の理由から。
1、安い (ガソリン税など特別な税金がかからない)
2、排気ガスがクリーン
3、エンジン。オイルが長持ちする (汚れない)
4、盗まれない (盗んでも補給が困難)

ガソリンと同じく単価は変化しますが、
おおよそガソリンの6割ほどの値段です。
これが一番の理由です。

一般に普及しないのは
1、軽自動車やハイブリッド車と比べると燃費が悪い (リッター10キロほど)
2、パワーがない (でもほとんどの人には十分なパワーです)
3、LPガススタンドが少ない (でも探せばあります。タクシーが使いますので)
4、ボンベの定期メンテが高い (よく走らないと燃費代の元を取れないことも)

排気ガスが綺麗というメリットはとても大きいのですが、
一般人からするとそれだけでは選ばない。

リッターあたりは安いが燃費はさほどよくなく、
燃費の良いガソリン車と比べると総合的には高くつきます。

 とのことです。

理由は他の方が回答している通りですが、とはいえもう最近のタクシーはみんなハイブリッド車になりましたね。整備コストや燃費や燃料補給のしやすさから考えるとハイブリッド車のほうがいい時代なのでしょう。
何年先になるかは分かりませんが、いずれほとんど見かけなくなるでしょうね。

鍋用のカセット式のガスコンロに使うガスの素ってなんていうのですか? 「ガスボンベ」ですか?

カセットガス、ガスボンベ、カセットボンベです。
中身の話ではないですよね?

ブタンガスですが、空気より重いダスです。カセットコンロは安くて災害時などに重宝します。

カセットボンベの中身ですか?

ブタンガスです。
一部にはイソブタンが使われていますけど、まあブタンには違いありません♪

質問にあるガスボンベはガス会社が持ってくるガスボンベでプロパンガスを使ったものを言っているのでしょうか。
ブタンガスはプロパンガスとは異なる可燃性ガスです。


メタンとかブタンとかプロパンなど可燃性ガスの種類について調べると面白いと思いますよ。

LPガスとプロパンガスと都市ガスの違いを教えてください。 それと、どれが一番好ましいのでしょうか?

料金からいえば,都市ガスが半分位に安いです.
とにかくプロパンは高いです.

都市ガスは、敷地内にガス管を埋設工事してもらう必要がありますので、ガス管が近くに来てるかどうかですね。工事費もかかりますのでご予算の関係もあると思います。
ガスの料金としては、都市ガスの方が安いようで
火力はプロパンの方が強いようです。

● LPガスは液化石油ガス(Liquid petroleum gas)で石油精製の副産物でプロパンガスやブタンガスが主成分です
一般家庭のガスコンロで使い、ボンベに入っていますね。

● LPガスの主成分がプロパンガスです、LPガスをプロパンガスと呼ぶ場合も有ります。

● 都市ガスはガス工場より地下配管を経由して供給するガスで、昔は石炭よりガスを作っていたが、近年はLNG(液化天然ガス(メタンガスが主成分))を気化し供給しています。

● 価格は同じ熱量当りでLPGが100とすれば、都市ガスは70程度、LPGは地域での価格差が大きいです。

●LPGはボンベで簡単に運搬可能であり、田舎でも使えます。コンロにセットするカセットボンベもあります。
●都市ガスは家庭までの配管工事が必要で、近くに来ていれば費用は僅かですが、遠くでは配管が困難

どれが一番好ましいのでしょうか?
●貴方のガスの環境が不明で判断できません

まとめ 都市ガスが近くに来ていれば都市ガスは安価です、無ければ自然LPガスになります。

必要なもの

Photo by photo AC

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ