貯金ガイド!「お金持ちには貯金税」「結婚前女性の貯金額」「旦那さんはいくら貯金があった?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2212
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

10月17日は貯蓄の日。1952年に日本銀行が、お金を無駄遣いせずに大切にしようという思いを込めて、記念日として制定しました。


貯金QA

https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E8%B2%AF%E9%87%91


【投資について専門家に非公開質問も可能です】


ファイナンシャルプランナー

宇野 彰人

https://okwave.jp/profile/u2825682.html?&slp=201801

日本は60代と70歳以上の世帯の合計で純貯蓄の90.6%を占め、リタイア後のシニア層が日本の純貯蓄の9割以上を持っているそうです。このお金が動かないために経済が停滞の一因になっているとも言われているんので、一億以上の貯金を溜めこんでいるシニア層には貯金税などを導入してもいいのではないでしょうか?

そしたらタンス預金されるだけですよ。そして「そのタンス預金をお預かりして海外で運用して高配当でお返しします」という詐欺が横行することになるでしょう。

一般庶民の貯蓄は目減りする一方ですから、貯蓄税を新設すれば、海外投資かタンス預金に変わります。
そもそも、現在海外の土地を買う富裕層には税金がかからない仕組み。パナマ税をご覧下さい。
富裕層と結びつく日本政府が貯蓄税を実施すれば、社会保障が極めて貧困な日本では、下流老人が更に増え、生活保護受給率が上がり、若い層の負担が増えます。貯蓄税の実施は自分で自分の首を締める事になります。

儲けに対しては、その利益に対して税を課すという考え方なら分かりますが、そもそも給与として課税されていたものや、土地や株式など、はじめからきちんと課税された上で、そうした法的現実を受け入れた中で個人がコツコツ貯めた貯蓄や貯金に貯金税とは、あまりにも酷だと思いますよ。

問題は、シニア層にも億単位にも及ぶ必要以上に貯蓄ができる階層ができる社会構造にこそある。

極端な格差が産んだしわ寄せが、結果的に使い途を失った高額資産を持つ富裕層を増加させているに過ぎません。

はじめから必要以上の格差を産まない程度の所得配分をしていれば、金余りなど起きることはない。

要は、シニア層がいたずらに貯蓄を溜め込み経済を停滞させる理由を国家自らが造り出しているだけのこと。

全く、愚かなことです。

公務員や大企業などの安定した職に従事する人だけではなく、全体を俯瞰した所得配分ならば、こうしたことなど起きようもない。

アホなのは、国の政策ということだと思いますがね。

貯蓄の目安は月給だと一割、ボーナスは二割だそうです。皆さん、それぐらい貯金していますか?

貯蓄額を決めないで月に1割ボーナスで2割を定期的貯めている人なんて
ほとんど居ないですよ。
私は若いころには給料からは3割、ボーナスは7割を貯蓄しました。
これは最低でも5年で700万円は貯める計画からです。

昔は給与、ボーナス共に1割位していましたが、給与が目減りしてからは、僅かしかしてません。
僅かに貯蓄しても、うっかり手数料や交通費がかかったりすると目減りする一方ですし。生活必要経費以外のお金があれば、使います。明日どうなるかも分からないから、今日楽しむために使います。
微々たる金額でも何らかの楽しみは見つけられますから。

50代♂大阪在住
公務員していた頃は、そんな感じ?だけど…止めて、民間で働きだしたら?
賞与 (ボーナス) 自体まともに貰えなく成ったので…普通に貯蓄は減る。

因みに…私の同級生の殆どは、無理して他府県で働いてる?理由は、
地元では、賞与 (ボーナス) をまともに出す会社が (本当に) 無い為です。

していません

貯蓄したところで、物価が上昇すれば貨幣価値は下がりますよね?

アホらしくなります

金利も殆どつかないし…

大手メガバンクで100万円を1年間預けても0.025%

つまり¥250です

昔は公定歩合が年率7%~8%なんて時代もあったんだけどなぁー

結婚する前に女性はいくら貯金があるといいでしょうか?

新生活を始める資金プラス妊娠して休職しても2年ぐらいやっていけるぐらいのお金、ぐらいかなと思います。

年齢×10万+1年分の年収くらいかなぁ?

まぁ相手とか色々な物に依りますが、
それくらいはためた女性のほうが信頼できる。

子供2人 現在会社を4つほど経営しておりまして
総年商は50億ほどです。

多いにこしたことありませんが、全く無くてもなんとでもなります。
実際私がそうでしたし。

結婚した時は年収200万円に満たなかったです。

 相手にも依るでしょうし、結婚式をどうするか(親が出してくれるのか、しないのか)でも違ってきます。

 早い話、相手か質問者様が派手な(普通なのかな?)の結婚式を望んでいて、ご自分で費用を出すとなれば、実弟の結婚ではなんだかんだで各々700万掛かりました。ちなみに後に結婚した私は結婚式って挙げてません。ですから、私の場合は、女房殿の貯金がいくらあったかなんて未だに知りませんし、永遠に分かりませんね。(笑)もしかすると、全部親掛かりで生活していましたからゼロだったかも?

みなさんの旦那さんは結婚する前にどのくらいの貯金がありましたか?

いくらあれば大丈夫っていうことでもないみたいです。

披露宴はやるのか、式の規模はどのくらいか、新しい住まいの場所、家財の有無(今自分たちが使っている物を持ち込むか)など、きめなければならないことはたくさんあります。

全て含めてということであれば、200万から300万ぐらいはかかると思いますよ。新しい住まいの敷金礼金、引っ越し費用、駐車場代もかかりますよね、披露宴を考えていらっしゃるなら今、ほとんど赤字です。ご祝儀でまかなえるってことはあまりないと思います。(ちなみに黒字にさせたい場合は招待客を考慮する、例えば、親戚多め、友人少なめとか。)ただ周りでも黒字になったという人はいませんんねー。式での出費ということです。
新しい生活というのは思っていなかった費用がどんどんかかりますから、お金はあるに越したことはないでしょうね。
お互いのご両親が多少援助してくれるかもしれませんし、その辺りもあるか、ないかでは全く違うでしょう。

まずは二人でいくらと決めて少しずつ貯金でしょうね。私も結婚前数年、彼の給料の半分ぐらいを預かり自分の分とあわせて、貯金とデート代を出していました。この手はお勧めです。計画的にためられますしデート代もいくらまでっみたいな目安もできますしね。

25歳の終わりごろ同棲をはじめまして私が昼夜のバイトを止め、昼間の仕事にした途端に生活が苦しい…
なんで?と考えたら、彼からの生活費が少ない。問い詰めると車のローンの他に100万ちょっとの借金が。
私は100万ちょいの貯金がありました。
このまま生活できないし、同棲を解除して彼が借金なくなるまで待つか、結婚して(籍入れて)家賃が安い社宅に入り共働きしながら借金返済のどちらかしか選べない状況になりました。
後者を選び、私の貯金は半分金融会社の返済に当てて、半分は車検代と生活費に消えました。
結婚式を挙げられないこと、借金があるので返済を完了してある程度の蓄えが出来るまで子供を作れないことを主人の口から私の親と自分の親・兄弟に説明して頭を下げてまわりました。
私も主人も親戚づきあいがあまりないので、それぞれの親も電話や帰省の時に『結婚したのよ』と報告するだけにとどまったようです。
あれから9年。私は専業主婦で5歳と2歳の娘、8歳の猫と何とか幸せにやってます。
3年の共働きの間に借金返済も終わったし、妊娠・出産で一時的に出て行くお金も貯める事が出来ました。
私は結婚式などにこだわってなかったので、これでよかったと思ってますよ。思ったより子煩悩で家族思いの主人だしね。
アクセサリー好きの私のために、結構いいモノ買ってもらえたし(笑)

私(男)は29歳で結婚しましたが、貯金は200万くらいでした。
(たぶん、世の中の平均としてこの額は少ない方だと思ってます)
でも、その3年前までは貯金はほとんど無い状態でした。
貯金は全て財形(要は給料天引き)ですね。
その当時、別に結婚が理由とかではなく、なんとなく財形を始めたの
ですが、知らないうちに貯まってました。

ちなみに、うちは家庭の事情から互いの両親から1円の支援もありま
せんでしたので、一時的にでも借りるという手段が無かった為、
その200万が今後の2人の全てでした。
ですから、結婚式や披露宴は全くせず、2人の生活に必要なものだけ
を購入しました。(しいて言えば指輪くらい)
居住地域が関東だっため、引越しと敷金/礼金だけで約80万、家具の
購入で30万ほどかかりました。
現在では、2人で月15万貯金ペースで気合を入れて貯金してます。

で、ご質問の「どのくらいの貯金をめどに結婚まで踏み込まれましたか? 」
ですが、もし親からの援助を全く考慮せず最低限の結婚費用でいいので
あれば100万は欲しいところですねー、というのが私の実体験からの
アドバイスになります。

でもですね、極論ですが結婚は婚姻届を出せばできるわけで、あとは
いろいろな状況で準備金額は大幅に変わりますね。
結婚式や披露宴をするか/両親からの補助は受けられるか/現在2人は
実家か一人暮らしか(いちから生活用品を買う必要があるか)などなど。

私もそうですが蓄えへの不安は結構あるものですし、隣の芝じゃないです
が、周りの人のこともとても気になるもんですよね。
でも、2人は2人の状況があるわけで、そのなかで将来の為や2人の子供
の為にすこしでこれから貯蓄をして行けばいいと思います。

結婚当時彼はまだ学生で、車は持っていなかったんですが、
育英会から奨学金なるものを借りていまして、借金がありました。
結婚してからも毎年年末に17万の請求がきて、悲しかったです(トホホ)
でもまあ、そのお金がなかったら、学生生活できなかったというし、
そうなると結婚もできてなかったわけで、仕方ないかなーと。

その反対に、貯金は一銭もなかったです!!
結構いい暮らししてたはずなのに、(仕送り10万、奨学金5万、
ほかにバイトで10~13万)ぜ~~~んぶ使っちゃった(本人:談)
そうです!!!(怒)
まあ確かにオシャレでラルフローレンのセーター(高いんですよ!)を
いっぱい持っていたし、馬が好きなんで、お馬さんに全部あげちゃったのかな~~?(笑)

本当だったら、100万くらいは貯金があって、結婚資金もある程度
自分で用意して・・・というのが理想だけど、うちの場合は
学生で結婚しちゃったんで、それもしょーがないかな、と思っています。

だから、結婚っていっても、籍を入れただけで、式は2年後に
二人で働いてお金が貯まってからにしました。
それも、親戚だけでこじんまりとしたので、あまりお金かからなかったです♪

車は、結婚して子供ができてから必要に迫られて買ったんですが
今は独身でも持ってる人が多いし、趣味になってる人も多いので
その分のローンがあっても、いた仕方ないかな~という気はします。
やはり、車のある生活から、ない生活に変えるには、
なかなか努力がいると思うので・・・

うちのだんなの持論が「若いうちは貯金できなくて当たり前!!」
です。(イバルナってかんじ??)
だから、今は貯金できてなくても、いいと思います。
結婚も挙式だけだったら10万くらいからあるし、(もっと安いのもあるかも?)
私も式は金銭的に無理だったら、写真だけでも撮ろうよ!!って
最初言ってたんです。
両方の親が、せめて式だけでもしてくれ~~って言ったので
親戚だけの式にしたわけですが・・

結婚前は貯金はゼロでも、結婚して、あなたがしっかり
たずなを締めていったらいいと思いますよ!!
うちのだんなも、最近は馬とパチンコとバイバイしたようです(笑)
ストレスがたまるんだったら、たまにはいいよ~って言ってるんですが。

大丈夫!!お金はなんとかなりますよ!!
要は多少びんぼーでも耐えられるだけの愛があるってことかな??

まとめ

Photo by photo AC

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ