リトミックを楽しもう 「リトミックって何?」「何歳が最適?」等、初めてでも安心です

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1081
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 素材辞典

赤ちゃんや園児にお勧めの習い事として、リトミックがありますね。

でも、そもそもリトミックって・・・?という、ぼんやりしたイメージが多いのでは。


そこで今回は

・リトミックって何?

・リトミックって何がいいの?

・適した年齢って何歳?

・リトミックの勉強がしたいです

等、リトミックの基本が分かるQAを集めました。

リトミックって、何?

リトミック(eurythmics)とは、19世紀の末から20世紀初頭にかけて、新教育運動の絶頂期にスイスの音楽教育家で作曲家でもあったエミール・ジャック・ダルクローズ(1865年-1950年)が開発した音楽教育の手法で「ダルクローズ音楽教育法」ともいいます。
音楽を訓練ではなく子供が自ら進んで学び、その感覚を体感的に身に着けていくための情操教育、芸術教育(芸術教育運動またはミューズ教育運動という)。具体的には、楽器の演奏訓練を早期から闇雲にやらせるのではなく、音を聞き、それを感じ、理解し、その上で楽器に触ってみる、音を組み合わせて音楽を作ることの楽しさを身体全体で味あわせ、その喜びの中で、音を出し、奏で、そこから旋律を作っていくことへの興味と音感を育もうという音楽教育方針です。
リトミックは、舞踏・演劇の表現能力のトレーニングにも利用され、また幼児教育、障害児教育にも盛んに取り入れられていて、世間一般で言うところの子供が通う教室のほとんどが幼児リトミックと言われているものです。

古くからある、情操教育だったんですね。

リトミックをすると、何がいいの?

「リズムや音楽に合わせて体を動かす」のを楽しむというのと
集団でやる楽しさ。
特にリトミックをやるぐらいの年齢の子だと、できる子ならともかく
なかなか本格的に楽器をやるっていうのは難しいと思いますから。

もちろんお母さんができるなら、おうちで音楽をかけて一緒に踊ってもいいと思いますよ。

でも同世代の子と「流れのある時間を過ごす」ことで社会性の練習になったり
(一緒に遊ぶ、は難しいけど他の子がやってることはやりたがる時期だったりします)
今は核家族で親子で過ごす時間も多いので、同世代と交わる機会になったり
あとは、お母さんじゃ考え付かない、選ばない音楽を選んだりもしますよね。
おうちだとお母さんがさあ踊ろう、と言っても別の遊びをしたがる子もいますし。

それにリトミックってただ曲に合わせて振付を踊るわけじゃないですよ。
先生の弾く曲に合わせて曲調が変わるのに合わせて元気よく歩く、止まる、ぎゅっと抱きしめたり
ひらひらしたり、ごろごろ転がったりゆらゆら揺れたり。
「音のイメージを身体的に表現する」とか
「なんだか怖いところを通るイメージ」「明るく開けたところに出たイメージ」

こういうの、私は例えばピアノで即興はできますけど
2~3歳児に演奏しながら指示だけでやらせる、っていうのは難しいです。
おうちで私主導できるようになったのは兄弟もいて、幼稚園ぐらいの年齢になってからでしたね。
先生が演奏して、親が一緒に手をつないだり、体を動かしたりして初めて成り立つやり方もありますから。
ボールを使って音に合わせて転がしたり跳ねさしたり
ロープ、リボン、フープ、タンバリン、いろんなものも使いました。
弾む、揺れる、柔らかい、硬い…

子供が楽しそう、それはもちろん当たり前です。
それがなければやっても意味がないかなと思います

そして、感覚的なものは目には見えにくいですね。
確かに「技巧的に」絵がうまくなるわけではないですが
感覚的に何かをとらえて、自分なりに表現する、っていう体験は少なからず役に立つと思います。

自由に描け、自由に弾け、と言われて困る子ってやっぱりいますから。

言葉が次々に出るとか、技巧的に上手かというと、それは枝葉末節です
上手にさせたいならダンスや絵画を習わせればいいと思います。
「上手にする」んじゃなくて、柔軟で感覚の成長する時期に、いろんな体験や
自分で身体表現することが大事だと思います。

2~3歳から6歳までが感覚の発達の著しい時期です。
だから2~3歳からやろう、と思うとリトミックなどが適切になるのではないでしょうか。

実際おっしゃる通り、その体験をしてみると大人の感覚では、「何これは??」と思う事や、「こんなのやって何になるの?」という感じだと思います。
他に、絵画の世界や、ダンスの世界でもその事はいえると思います。
子供向けの絵本でも、ストーリーのないお話や訳のわからない絵だけが書いてあり、「どこがおもしろいの??」というのに、子供はすごく楽しそうに笑っていたりして、何度も何度も読んで(みて)いることもよくあります。
それだけ、子供たちのもっている感性は、理屈(特に大人の持っているもの)ではいえないものがたくさんあります。

その中で、子供たちに音という一番解りやすく身近なものに触れる事で、リズム感だったり感情だったりをひきだしていくものがリトミックだと思います。

おうちでもそういう経験はたくさんできる!!、、その環境はとても素晴らしい、そして羨ましい環境ですね。

お金をとって習い事としている以上は、先生方もたくさんの勉強や研究をされていると思います。
子供たちの感性を自然に体にひきだしてくれる言葉かけや、手法、音楽の選択、演奏法などなど。
ただ音に合わせて踊ったり、リズムをたたく、、、というのだけがリトミックではないので、結構奥が深い分野だと思います。
音に触れて遊ぶことからはじまって、もっと年齢があがってやっていくと、音感教育の専門的なところまで入っていきます。

楽器を演奏する事になれば、、やはり持っている感性が個々に違い同じ曲でも全然違う曲になってきます。
音楽を聴いたり、絵や文学をみたりした感想が違うのも、個々の感性ですよね!
何か想像させることを形にしていくというのは、この芸術分野での魅力であり、一番の難しい所です。

感受性豊かな時期にこそ出来る、様々なことの土台作りという感じでしょうか。

リトミックに適した年齢って?

保育専門学校卒です。
授業にリトミックありました。
「幼稚園で教えるにふさわしい事」なのでと思います。
一人で歩けるようになってからが良いと思います。
何歳でもいいんですけど、楽器演奏やダンスと違って、
人と合せる必要がないので幼稚園児むけなんだと思います。

幼稚園に通う年齢が、いいみたいです。

どんな服装が適している?

普通の体操着です。

>ジャージーで行ったらいいのかレギンスや、ストレッチ素材のパンツ等

どちらでも構いません。

汗を吸収するものならば、なんでも。

リトミックと言うのは、音楽に合わせた親子で行う緩やかな運動と考えてもらえればOKかと。

スキップしたり、寝転んだり、とび跳ねたりもあります。

1歳3か月のママです。

私は、綿素材のタートルネックのTシャツ、ストレッチ素材のパンツ、チュニック等を来てリトミックに行っています。地域性もありますが、ジャージで参加している方はいません。皆さん、普段着で来ていますよ。

運動しやすく、動きやすい服装ですが、吸水性が良く、体を曲げたり、伸ばしたり、体を動かしている時に、窮屈で動かしづらくなければ良いので、普段、子育て時に着ているような服で大丈夫です。

動きやすい服装であれば大丈夫みたいです

リトミックの勉強がしたいです

リトミックでしたら、渋谷に「国立音楽院」というのがあります。
ここは、ふつうの音楽学校とはかなり異なる、学科をもっています。
御存知でしたらそれでいいのですが、もしよければHP見てみたらどうでしょう?

大人にも学びがあるといいですね!

まとめ

一番は「子供が楽しんでいること」


ここさえクリアできれば、後は存分にどうぞ!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ