秋は抜け毛が増える!? ケアの方法は?病院に行ったほうが良い? 抜け毛に関するお助けガイド

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

秋になると抜け毛が増える傾向があるそうです。

気になるけれども、どうしたら・・・。デリケートなお悩みなので他人には相談しにくいし。

ということで、今回は

・抜け毛って秋に増える?

・抜け毛の原因は?

・病院に行く目安は?

・セルフケアの方法

等、抜け毛に関するお助けQAを集めました。

【非公開質問で専門家に健康についての格安相談も可能です】


管理栄養士・パーソナルトレーナー

今井 準

https://okwave.jp/profile/u2832928.html?&slp=201801

薬剤師

松田 惇

https://okwave.jp/profile/u2793987.html?&slp=201801

秋になると抜け毛が増える?

この時期の抜け毛。

夏は抜け毛が多い時期なのですか?
一般的には季節の変わり目とか秋に多いと聞きますが・・。
紫外線あまり浴びていないし冷たいものもそんなに口にしていないはずですが、やたらと抜け毛が目立ちます。
いろいろ気をつけているのにも関わらず逆に増える一方です。
なぜでしょう?
なにかアドバイスをいただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

髪の毛の専門家,理容師です。

統計的には,抜け毛が一番多くなるのは秋ですね。
それは,夏バテをするからで,その影響が秋口に現れるためです。
ただし,統計的な見方ですので,fuji333さんの場合,一番抜け毛が多くなるのが夏なのかもしれませんよ。(つまり,個人差というものですね)

sizukuskyさんも書かれているように,日本人の場合,1日に50~100本は「自然脱毛」していると言われています。
これは,1年間に多い時期と少ない時期が交互に2会ずつ訪れ,1番少なくなる時期でおよそ50本,1番多くなる時期でおよそ100本の髪の毛が自然脱毛しているということです。
ただし,シャンプーしているときなど,抜け毛に気づく本数は,だいたい1日25~50本程度と言われています。
ですから,その程度であれば,心配する必要はまったくありません。
また,心配しなくなれば,今と同じくらいの抜け毛があったとしても,ほとんど気づかなくなるはずですよ。

ちなみに,髪の毛のことで悩んでいますと,それがストレスになってしまい,栄養の吸収が悪くなっていますので,さらに脱毛が増える可能性が高くなってしまいます。
ですから,余程のことがない限り,心配する必要はありませんよ。
また,髪の毛の長さが1cm程度しかないのであれば紫外線も気にするべきかもしれませんが,それよりも長く,普段は地肌か見えないのであれば,紫外線が脱毛の原因になることはありませんので,CMなどに踊らされないようにしてくださいね。

夏バテは髪にも影響があるんですね。

抜け毛の原因は?

病院へ行くのがお勧めです。原因が解り、治療すればたいていは治ります。

抜け毛の主な原因は睡眠不足、バランスの悪い食事、ストレスのいずれかです。それに該当しないのなら皮膚疾患や加齢、遺伝など別の理由かもしれませんね。いずれにしても自己診断というのはなかなか難しいです

多くの場合『ストレス』と言われていますが、正確な原因は専門医でないと判別できませんね。

自己診断は、難しいみたいです。

気になるなら病院が吉。

病院に行く目安は?

一つのポイントとして急に増えた場合です。

それと夏場には抜け毛が増えてきて
秋には、多くなることもあります。

この時期に対策をするのか
晩秋になってからがいいかなのですが

もし、気になるようでしたら
早めに受診されたほうが対策や予防を教えて貰えると
思います。

ご参考になれば幸いです。

抜け始めてから心配して診察を受けても、手遅れの場合が多いです。
禿げは遺伝もありますが、大抵は生活習慣によるらしいので、抜けてきたなぁと思う前に一度問診を受けるのが最良です。
で、目安ですが、朝起きて枕に毛が付いているくらいの抜けなら、迷わず診察を受けた方がいいと思います。

女性だと特にホルモンバランスで抜け毛が多くなる・季節の変わり目は抜け毛が多くなることはあります。
心配なら一度きちんと皮膚科で相談した方がいいですよ。
ホルモンバランスに問題があると、体全体に問題(特に生理等)があることも。
皮膚科なら、頭皮・抜け毛に関しても対応してますよ。
一度電話で対応しているかどうか聞くと安心ですね。

気になったら一度診察を受けた方がいいみたいですね。

病院に行かずに セルフケアの方法

育毛剤でケアするか、頭皮マッサージを良くしてください。日光などで頭皮が固くなると抜け毛が増えるそうです。あとコラーゲン減少が抜け毛の原因だそうです。

私も、髪の分け目のあたりが広くなっているような気がしたので、美容師さんに相談したら、ノンシリコンシャンプーを使うと抜け毛を防止出来ると教えてもらいました。

そこで、私はユニリーバのCLEARのノンシリコンシャンプーとコンディショナーを使い始めましたが、以前より気にならなくなりました。ノンシリコンと美容液浸透成分配合が良いみたいです。

ノンシリコンシャンプーと書いてあれば、どこのシャンプーでも良いみたいですが、コンディショナーはサラサラ感が失われるという人は、普通のコンディショナーで、何でも良いそうですよ。

マッサージ兼ねて使うと効果アップするし、気持ちが良いですよ。

睡眠と食事が大きいですね。睡眠をたっぷりとって海草系の食事を取り入れる。脂物を減らす。後はお風呂でしっかり体を温めて血流をよくする。シャンプーをしっかり洗い流す。これくらいですかねぇ。ありきたりすぎてすいません。

朝シャン厳禁ですよ。

薄毛・脱毛は、やはり老化現象と遺伝の要因が大きいのですが、このような先天的な原因があっても、適切な施術で進行を遅らせたり、発毛を活性化させることに成功している方が大勢います。

【1】血行不良
頭皮の血管は外的・内的の様々な要因にさらされやすいデリケートな器官です。
タバコの吸い過ぎ、運動不足、低血圧、老化、病気、肩こりなどの極度の筋肉疲労、コレステロールの過剰な摂取などによって、頭皮の毛細血管の血流が悪くなります。

これは薄毛・脱毛の大きな原因となります。場合によっては、外傷による血行不良もあります。

【2】皮脂の分泌異常
遺伝、不潔な生活、食生活などが原因による皮脂の過剰分泌が、もっとも多い薄毛・脱毛の症状とされている脂漏性脱毛症、男性型脱毛症、若年性脱毛症の大きな要因となっています。

洗髪をおろそかにすると、皮脂だけでなく、フケが毛孔に詰まって起きる粃糠性(ひこう性)脱毛症の原因にもなり、雑菌の繁殖も起こります。

【3】精神的ストレス
現代はストレス社会です。男性だけでなく、女性おいても社会進出の増加に伴うストレス性の薄毛・脱毛が急増しています。また、若者のストレスによる脱毛や薄毛の深刻な問題となっています。

また、ストレスによって身体のホルモン代謝が変化し、脱毛や薄毛の最大の理由とされている男性ホルモンの増加が起こることがあります。頭皮の毛細血管も収縮運動が衰え、毛髪の発育を維持できなくなってしまいます。

生活環境を今すぐ変えることはなかなかできませんが、少しでも自分の時間をつくって、趣味に費やしたり息抜きをしたり、ストレスを少なくするよう心掛けましょう。ちょっとした気分転換で自律神経のバランスは大きく改善されることが多くあります。

自らの環境を振り返り、メンタルケアに努めましょう。

一度、日々の生活を見直してみる必要が。

まとめ

すこやかな髪のために

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ