吉川英治ガイド!「お気に入りの作品」「原作・宮本武蔵と漫画・バガボンドは違いはある?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:989
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

9月7日は作家・吉川英治の命日。「三国志」や「宮本武蔵」などの名作を残し、宮本武蔵は「バガボンド」という漫画にもなり、若年層にも人気となっています。

お気に入りの作品は?

宮本武蔵でしょうな。それ以外はつまらないです。

三国志ですね。高校の図書館にあったものを読んで、すごく熱中して読みました

やっぱり
『三国志』
 です。何度も読み返しました。端役に至るまで神経の行き届いた、元本の「三国志演義」を凌ぐ名作。

 でも、吉川は歴史小説よりは時代小説の人。
『鳴門秘帖』
『神州天馬侠』(これ若干子供向きですが・・・)
『柳生月影抄』(短編)
 そして、もちろん
『宮本武蔵』も

どういう人物だった? 読んだ方がいい作品は?

 入門用に「三国志」をお薦めします。全8巻だったと思いましたが一気に読めることと思います。
 ただし,登場人物が多いので混乱しないようにして下さい。

はじめまして。吉川英治、面白いですよ。お勧めは講談社文庫で「新書太閤記」あたりでしょうか?全8巻ですが、読み始めれば、苦もなく読破できると思います。
最終巻の巻末には著者の年譜も記載してあり、どんな著作があるかわかります。
ぜひとも、読んでみてください。

「宮本武蔵」で決まりです。
全8巻ですが、3巻位を読むつもりでおられるなら8巻も同じです。3巻を読み終えるころにはもう次の巻を読まずにはいられなくなるでしょう。

NHKの大河ドラマの「武蔵」は、漫画バカボンドの影響を受けており、また若者を意識してかあまりに原作とかけ離れているのでおもしろくなくて私はみていません。

やはり原作が一番いいです。

コミックのバカボンドを読み進むうちに、ふと「原作との差はどれぐらいあるのだろう?」と疑問に思いました。 吉川英治氏の「宮本武蔵」と「バカボンド」のストーリーにどれぐらいの差があるのでしょうか?「かなりコミックは脚色がついてて違うよ~」というのであれば、原作も買って読んでみようかな?と思いますし、「まったく同じ!」というのであれば、漫画が楽しみなので読まないでおこうと思います。

バガボンドを描いている「井上雄彦」さんのHPで、それに
関する事を見た記憶があります。
記憶では、

「作者の考え、読者に伝えたい事などにより、原作とは多少
違いがあります。」

というような事が書かれてあったと思います。

私もバガボンド好きで読んでて今原作も読んでいますP(^-^)q
コミックのほうと原作は結構違いがありますよ!
話の進みとか…もちろん登場人物は同じですけどね、小説だけで出てるヒトも
いて結構おもしろいですよ!二つを比べて読んでると違いがあったりしておもしろいです。。

わたしはバガボンドの続きが待ちきれず、小説全巻読んでしまいました。

大分違いますね。
No.1さんの言うとおり、大まかなストーリーや登場人物は同じですけど、わたしの感想では。

小説   殷舜や吉岡一門たちとの戦いそのものよりも武蔵の精神的な成長を描いている。(静の物語)
コミック 戦いの場面を重視し、ひたすら天下無双を目指す、熱血。(動の物語)

といったところでしょうか。私見ですが。
なので、小次郎の幼少の頃のエピソードや殷舜とのくだりはかなりあっさりしたものです。
ストーリー自体は似てるので、小次郎の印可状の謎などは楽しみに取っておきたければ、原作を読むのは待った方がいいかも。

蛇足。 わたしもここのサイトで知ったのですが、バカボンドではなく、バガボンドです。
武蔵は剣一筋の剣バカなんで、ずっとバカボンドだと思ってました。

あなたが「つまらない」と思った作家は誰ですか?

ラノベ系作家全般。なんか表現とか軽くて安っぽいのが多いんですよね・・・

室井佑月
たいしたもの書いてないし、作家を名乗る資格なし

大好きな作家で『蒼穹の昴』など感動して号泣の鼻詰まるになったくらいですが浅田次郎先生ここ数年の雑誌連載小説はひどいですね。「ハッピーリタイヤメント」あれを読んで浅田ファンから悲しいリタイヤメントをしました。

正直、西加奈子さんは文章のリズムも悪いし分かりづらいし昔のサブカル系の人の文章の書き方を真似した中学生みたいな気がして、なんであんなに人気があるのか正直分からないです。
又吉直樹さんは好きみたいですが、私は西加奈子さんより又吉直樹さんのほうが作家としての能力はある気がします。

米澤穂信

帯が大絶賛でしたのでいつ面白くなるのか
と読んでいたら終わってしまいました。
「氷菓」
読んでいて、気持ち悪いと感じたのは失礼
ながら、この作家さんが始めてです。

書く側の苦労を知っているので、「つまらない」のは個人的な嗜好・思想の問題だ! と言いたいとこですが、ダメな人はいますね。何でこの人がプロなのって・・・。人のことは言えないので(汗)人様の認める一流作家から、

『森鴎外』     鼻持ちならない
『田中芳樹』    セリフが常識外に下手
『百田百樹』    思想的に全く合わない
そして、最近の
『村上春樹』 遂に今回作は買わず、図書館作家に格下げ。現在73人待ち(笑)

まとめ

Photo by photo AC

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ