昼寝をするとき、風邪を引かない方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

短時間の昼寝は、心身をリフレッシュするためにもいいそうです。しかし、その昼寝から覚めたとき喉の痛みを感じたことはありませんか? これからの季節、風邪対策が大切です。ここでは、昼寝のときに注意することについて考えてみました。

STEP1冬場になると

たくさんの衣類を着込んでしまいますね。
外で働いていたころの体験ですが、上着だけを脱いでふとんに入り、目覚めたときに喉が痛くなって風邪を引いたことが何度かあります。

STEP2夜、就寝するときは

パジャマを着ますが、それで翌朝になると風邪を引いていた体験はあまりありません。やっぱり、寝るときの衣服が関係しているのではと思います。

STEP3そこで、結論です

短時間であっても昼寝をするときは、できるだけ薄着になってふとんに入ることをお勧めします。
あっ、もちろん個人の体験ですから、あくまでも参考……ということでお願いしますね。

まとめ

昼寝は10分程度がいいといわれています。 また、昼寝前にはコーヒーを飲んでおくと、気持ちよく目覚められるともいいます。カフェインの効果がでるのは、だいたい30分後だといわれていますから……。 ちなみに、私は枕元の音楽テープを聴きながら昼寝をします。すると寝付くまで1分もかからないのです。また、曲が変わったときに目覚めるようになっているみたいで、寝過ごすこともなく安心です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

衣類の調整をすること

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ