「テニス」ガイド!「錦織選手は世界一位になれる?」「試合時間はなぜあんなに長い?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:777
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

8月28日はテニスの日。1955年のこの日、全米テニス選手権で、日本人が初優勝をしました。

錦織選手の特徴は何でしょうか?

(1) 精神的な強さ
競った内容の時や格上の選手との対戦時に、劣勢であっても気持が折れずに向かっていけること。
元々走り回って相手のショットを返しまくって、相手のミスを誘うか、甘くなったショットを切り返す、という守り型のテニスだったので、精神的な強さは折り紙付き。

(2) サービス力の向上
以前はサービスに力がなく、弱点と言われ、サービスキープに苦労しており、相手のサービスゲームをブレークすることで何とか対等にもつれる勝負をしていたが、サービススピードも上がり、サービスコースもワイド、センター、ボディーと打ち分けられるようになったので、サービスキープしやすくなり、結果として勝ちやすくなった。
また、勝ちやすくなったことで体力温存も可能となった。

(3) レシーブの質の向上
相手のセカンドサーブになったときのレシーブのバリエーションが増えたので、レシーブエースも狙えるし、自分の展開に持ち込みやすくなったことから、相手のサービスによりプレッシャーをかけられるようになり、サービスブレークがしやすくなった。

(4) 全体的な筋力の向上
以前はベースラインから下がった形の守備的なポジションだったが、筋力が向上しスイングスピードも上がり、相手のショットに打ち負けなくなったので、よりベースラインに近いポジションを取ることが可能となり、高い打点やより早い打点からエースを奪えるようになった。
また、ベースラインから下がらないポジションなので、チャンスボールを打ってからのネットへの詰めも早くすることができ、ネットポイントも圧倒的に増えた。

(5) 意外性
相手の読みにないショット、ドロップショットやロブ、ショートクロスなど多彩なショットを織り交ぜることによって、相手のリズムを壊すことが可能。
ワンパターンのテニスではないため、相手としては錦織選手の配球が読めなくなりミスが多くなり自滅する。
身長178cmと小柄でこれといった絶対的な武器がないからこそ、「どうすればポイントが奪えるか」を小さい頃から考えてきたのだと思う。


防御中心の粘り型のスタイルから、技術レベルの向上と筋力アップによる展開力の多彩さによってエースを奪えるスタイルに変化してきましたから、長時間の接戦にも精神的、肉体的、技術的に崩れることがなくなり、自分のテニスへの自信が深まり、自分を信じることができる状態になったと思います。
ある意味、ランキングNo.1のジョコビッチ選手と同じように、何でもできるオールラウンダーになったと言えます。

肉体的に万全であれば、接戦の可能性は大です。
大事な1ポイントを取れるかどうかの勝負になるでしょうね。
錦織選手がジョコビッチ選手を意識しすぎて、「より厳しいコース」「より強いショット」と思ってしまうとジョコビッチ選手の術中に嵌まるでしょう。

もちろん勝って欲しいですが、「これが錦織のテニス」というのを貫いて欲しいと思います。

錦織選手は世界ランキング一位は無理ですか?

今は無理でしょうね。
付き合ってる女が悪すぎます。
女と別れればわかりませんが。

どうも体力面、メンタリティにおいてジョコビッチやフェデラーに著しく劣っていると思います。だから、彼がグランドスラムを優勝できるかどうかが懸かっているのであって、ランキング一位になれるとは思えません。

どう見てもトップ3がとんでもなくハイレベルですからね。この牙城はトップ3そのものが明らかに衰えてくれない限り崩せないでしょう。178センチという「低身長」では天下はとれないですね。その代り世界一の速度のサーブとかじゃない限りね。

ランキングより四大大会のタイトルが欲しいところでしたが、もうアスリートとしてのピークは過ぎてしまった感がありますね。しかも恋人の評判が最悪ですからね。まー見た目清純派ぽくて中身真っ黒って顔をしていますわ・笑。そういう女のねえ、セックスはたまらないんですよ。男が喜ぶツボを抑えているというか。過去に噂になった男たちもことごとく伸び悩んでいったみたいですから、いわゆるさげまん女なんでしょうなあ。

身長がハンディになってましたけど
いいコーチを付けて、天下を取るのも目前だったと思います。

でも、元々パワーで押しきれない分、無理をしてのフォームなどが
災いし、怪我が多くなってきました。
これがまた顕著に出てますね。

ちょっとしたメンタルでも、イライラを表に出してしまい
自滅感が・・・。

他の方も書いていますが
アスリートって付き合う女性で左右されることが多いので
前に結婚目前と言われていた方は
マッサージ(?)の資格を取ったり、常に彼に良かれと思っていることを
進んで行ってきました。
今の彼女がどうかは判りませんけれど、タレント業を続けながら
逢うレットの2ショット(これは彼女がリークしたとも?)
要は、アスリートとしての話題を取り上げられることが
多くなりスキャンダラスになってきました。

タレントと結婚した人は多いですけど、マー君は里田まいは
アスリートフードマイスターの資格を取ったり
マー君を食事で陰で支えています。
サッカーの大迫の奥さまもそうですね。

アスリートって体と精神が基本ですから、
彼がこのまま何を求めるかでも大きく変わってくると思います。

テニスの試合時間はなぜ、あんなに長いのでしょうか? 5時間以上の試合などもあって放送も難しいし、選手の負担も大きいと思います。試合時間を短くするという案はないのでしょうか?

短くしてもいいと思いますね。ランキング上位の選手もけっこう怪我を抱えているし、選手寿命も縮めているように思います。

試合時間がここまで長いのはグランドスラム4大大会の
5セットマッチだけでしょ。

通常のツアーだと3セットマッチで2セット勝てばいいので
さすがに5時間はないですよ。

単純に試合時間を短いものにするなら4大大会も
3セットマッチにすればいいということです。
また各セットのタイブレークもなくせばいい、ということですね。

そういう施策が良いか悪いかは分かりませんが。

>テニスの試合時間って何であんなに長いのですか?
まぁ、そういうルールだからって事ですなぁ・・・・
サッカーやバスケットボールなどと違って、時間を区切って行う競技ではないし、ゴルフのように実力者同士が競技して良いプレーが出るほど時間が短くなるような競技でもない。

>5時間以上の試合などもあって放送も難しいし・・・
先の回答にもある様に、5時間以上ってのは限られた大会・・・その大会が有名で歴史や権威のある大会・・・だけで、放送者もそういう大会って事は含みおきだと思いますよ。

>・・・選手の負担も大きいと思います。試合時間を短くするという案はないのでしょうか?
まぁ、テニス界の最高峰はプロだから、負担はしゃーないでしょうなぁ・・・
じゃなきゃ、ツアーなんて回ってられんだろうさ。

時短については、放送局側は願っている部分もあるかもしれないが、やはり大会の歴史や権威を考えるとあまり強気に出て逆にテニスファンの顰蹙を買う心配もあるし、テニス界としても、そこまで放送に媚びなくてもって気概があるかもしれない。
バレーボールは人気の盛り上がりに陰りが出たので、サーブ権を廃止するなど時短につながるルール改正があったし、野球も日米ではメジャー競技でも世界的にはマイナーな部類なので、オリンピックでは7回戦にするなどの時短策が論じられているが、テニスの・・・特に有名な大会ではそこまでする必要性は感じていないんだろうね。

サークルでテニスを始めました。 テニス経験はほとんどありません。 少しでも上達するために家の中でできたりする練習はありますか?

テニスの初期はとにかくフォームを正しく覚えることだと思います。
素振り素振りしかありません。
鏡を使ってチェックしましょう。

次はもちろんラケットで当てられるようになること。
そして狙い方向に向けた上下左右の角度で当てられるように意識すること。
これでビギナーかなとおもいます。

イースタングリップで持って

1.とにかく同じ面の中心でリフティング
2.1が出来るようになったら両面を交互にリフティング
3.2も出来るようになったら面を立ててエッジ打ちも加える


これでスイートスポットで的確に捕らえる練習になります

まとめ

Photo by photo AC

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ