コーヒー特集!「好きなコーヒーは?」「猫糞コーヒーは美味しい?」「飲むと体に良い?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:687
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

今日はコーヒーの日。1960年のこの日、森永製菓が初のインスタントコーヒーを発売しました。

あなたの好きなコーヒーは?

缶コーヒーですがダイドーのデミタスコーヒーです。唯一美味しい缶コーヒー。

これ以外の缶コーヒーは不味い!!
薄くて飲めない!薄くて甘いだけ。

贔屓の店その1のマンデリンアチェ

贔屓の店その2のブレンド深煎りを極細挽きにしてもらって自宅で水出しコーヒー

グリコのカフェオレと昔の銭湯で飲んだコーヒー牛乳(甘さが絶妙に好き)

かなり珈琲が好きなんですが

豆だとセブンイレブンの珈琲が
最近は本当に好きです

昔は渋味が強く
そんなに美味しく感じませんでしたが
いつの間にか味がサッパリしてました

はっきり言って
その辺の喫茶店の珈琲より美味しいと思います

ドリップだと

クラシカルコーヒーロースター
のハウスブレンドコーヒーです

1袋40円くらいと安く
300ml入れても薄くならないし
味もそこそこなので愛用してます

インスタントだとバリスタですね

1回10円くらいで
インスタントにしてはまずまず美味しい

私はとにかく量を飲むので
コストと味のバランスを大切にしてます

コーヒーはブレンドです。

ブラジル

コロンビア

ジャワ

モカ

この4つをブレンドしたものが最高です。

でも その比率がわかりません。

昔 赤坂のTBSの前にあった 一心という喫茶店のコーヒー

福島珈琲という会社が納入していたものですが

その会社も 一心も 今はありません。

そのころ 麹町の小さな喫茶店で 

サイフォンで淹れたコーヒーを出す店がありました。

これもとてもおいしかった。

「ドリップはコク サイフォンは香り」

という言葉があるそうですが それを実感しました。

これもブレンドです。

お酒の世界にカクテルがあるように

長年の間に試行錯誤の結果生み出されたブレンドはおいしいものがあります。

この頃の 安い豆を使って利益率だけを考えたブレンドとは違います。

ストレートでは ハワイコナが一番です。

猫糞コーヒーって美味しいんですか?

万人がすごく美味しいという味ではないようです
https://www.kopi-luwak.jp/?p=56

独特な味で、好きな人は癖になるようですが(笑)

一度だけ、数か月前に豆を買って、ドリップ式で淹れて飲みましたが、美味しかったです。
少し甘みのある、独特の味でした。
休みの日だけ、このコ-ヒーを飲んで、平日は普通のコーヒーを飲んでいました。
一袋無くなってからは飲んでいませんが、また高い金を出してまで飲もうとは思いません。
コーヒーが好きなら、一度位は飲んでおくほうが良いかもしれません。

結局、コーヒーって体に良いんでしょうか、悪いんでしょうか

すでに胃痛やストレスを抱えていなければ、この量は安全範囲であり体もしゃっきりするしリラックス効果もあります。

砂糖ひとさじも許容範囲です。

適度な量は身体に良く、過度な飲み過ぎは悪くなります。
私は毎日ドリップコーヒーを3~5杯飲みます。適量です。
砂糖を入れてはいけません。糖分の摂り過ぎになります。
無しで飲みにくいならミルク(フレッシュではなく牛乳)を少しだけ入れるか、飲まない方が良いです。

コーヒーの飲み方として・・・、
 多くの方が誤った飲み方をしており、「砂糖やミルク」を入れると胃に負担となります。
 「無糖のブラック」が一番身体に優しいのです。
 コーヒーはカフェインをはじめ多数の化学物質を含んでいますが、これらは未だ明らかにされていません。
 このため、アメリカンコーヒー程度の軽いコーヒーを食後に適量飲むのが良いようです。
 よく、「夕食後飲むのは良くない」等と言われていますが、「食後飲む」ことは構いません。それよりも「夜、眠れない」などというのであれば、過量に飲み過ぎています。
 これは「日本茶」でも同じことが言えます。
 どんなに身体に良いと言われる食品でも「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。
 
 以上、ご参考まで。

珈琲という漢字の由来は?

「珈琲」の漢字を当てたのは蘭学者の宇田川榕庵で 著書「蘭和対訳辞書」の中で初めて使用されたものと言われてます。「珈」は女性の髪にさす珠玉飾りっを、「琲」はそれを貫く紐を表す言葉です。この二つの言葉を使って、真っ赤なコーヒー果実が枝に密生する様子を表したもの。

珈琲は元は玉扁だそうで、王扁は誤りのようです。
とはいえ、現在では間違いという認識は
もたれないでしょう。コーヒーに一言持つ人は
あえてコーヒーといったり、中国語の口扁の漢字を
使ったりするようです(本国ではブラックコーヒーの
意になるとのこと)。あ、もちろん"Coffee"も。

ほか、明治初期には「可否」とか「可非」、
「骨非」「骨喜」「加非」などといった文字も使われていた
そうです。可口可楽(コカコーラ)みたいですね。
明治21年には可否茶館ができ、またコーヒーの
古い名称を音訳した「波旡(ばん)」というものも
ありました。参考URLアドレスに載せておきますね。

珈琲の当て字についてはdaraberuさんがお書きになった
とおり蘭和対訳辞典に使われたのが最初だそうですが、
これはコーヒーの音から来ているようです。そこでその
コーヒーの音がどこから来たかということですが、
エチオピア南西部のKaffa(カッファ)地方から来たと
いうのが通説のようです。逸話では"Qahwa"
と名づけられたとあります。おもしろいのが現地では
コーヒー(に近い音)で呼ばれていないことですね。
野生のコーヒーの木もあるそうで、いつか
訪ねてみたい土地です。

まとめ

Photo by photo AC

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ