高熱の出やすい子供の夏風邪。ヘルパンギーナの時の食事や、夜中でも病院に行くべき時など、今一度確認

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:608
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

ヘルパンギーナなど、子供が夏にかかりやすい、いわゆる夏風邪は高熱が出やすいですよね。


今回はそんなときでもあわてなくてすむように

・ヘルパンギーナと診断された時注意すること

・ヘルパンギーナの時の食事

・休みでも夜中でも、病院に行くべきときはどんな時?

等、手当てに欠かせない情報を集めました。


・汗をかかせると熱が下がる?海水浴で夏風邪が治る?

という都市伝説おまけもあります。

ヘルパンギーナと診断された時注意すること

まずは落ち着いてください。


第一に誰がヘルパンギーナと診断したのでしょうか。ヘルパンギーナは病原微生物の名前ではなく、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を特徴とした急性のウイルス性咽頭炎の総称です。

これには効果的な治療法というものは存在しません。
熱はアセトアミノフェン(カロナール)でコントロールします。お子さんの年齢がわかりませんが母乳をとのことですので月齢18ヶ月くらいまでと考えた上でお答えします。

恐らく痛みや倦怠感でお子さんは不機嫌だと思いますが、食欲はどの程度かをきちんと見てください。すでに果汁を始めている年齢であれば果汁をどの程度飲むか、普段と比べてミルクの消費量がどの程度か(ミルクを飲ませていないのであれば、母乳を飲む頻度などから類推してください)。もし普段よりも8割程度に落ちているのであれば、脱水や栄養失調になる可能性は0ではありません。お子さんの体動や呼吸(喘鳴などがないか)を確認しつつ、汗が出ていないのに肌がピンクになるなどの症状が出た場合は夜でも構いませんので近医を受診し点滴などで水分補給をするようにしてください。また、体温は一日4回~5回程度は計り、きちんとメモにしておいてください。診断や治療の時に使います
また、便やおしっこの色・量をしっかり観察してください。明らかに異常な下痢や異常な匂いのおしっこの場合はもう一度小児科を受診しても良いと思います。

ヘルパンギーナは基本的にほっとけば治ります。抗生物質はほかの病原微生物に感染しないようにするためのものですが、下痢を起こすことがありますのでご注意ください。脱水が気になる場合は薬剤師などと相談してください。

水分補給は赤ちゃん用のポカリスエットや果汁で良いと思います。母乳については微妙ですが、ミルクがあるならば薄めに作ってぬるめにすることで飲む子が結構臨床的にはいます。ただ好みがはっきりしてくる月齢の場合は、本人が満足する形で与えてください。
ぐったりして水分をきちんと摂ってくれないなら、1日様子を見てもう一度受診してください。その場合、少し大げさに
『ほとんど母乳を飲んでくれないんです』
『全然食欲がないのか果汁などを飲んでも、すぐやめてしまいます』
などと言ってくれれば、こちらとしては点滴せざるを得ないのですると思います。

赤ちゃんの場合は、大人がたよりです。

ヘルパンギーナの時のお勧めの食事

「おじや」はどうですか?
柔らかいし、大根や人参、しいたけのみじん切りや鳥胸のひき肉or溶き卵or鮭ほぐしなどを入れる。
野菜もタンパク質も炭水化物も取れますよ。

冬瓜やカブを煮込んでもいいですし

にゅうめんもいいですね。

まあゼリーでも体調が悪い時は食べられるものを食べさせるのは
悪くないとは思います。

スティックパンを牛乳に浸しながら食べさせてあげるのもいいと思います。

私自身が、23歳の時にヘルパンギーナにかかり、重篤化して入院した経験があります。

入院中の食事は、まさに離乳食でした。
ご飯も、おかずも、すべて、ドロドロにすりつぶしたもので、
味付けは薄めで、甘いものが多かったです。

徐々に形のあるものが出るようになりましたが、
味付けは薄めで、甘いものが多いのは同じで、
あんかけなどでとろみをつけたものが多かったです。
肉や魚など、そのままだとボソボソして飲み込みにくいのですが、
あんかけになっているだけで、ツルっと痛みも感じずに食べられたので良かったです。

のどの痛みが強くて、食事をするのが辛い、という話を主治医にしたところ、
シロップを処方されました。
甘いドロッとしたシロップでしたが、
このシロップを食前に飲むと、なぜか固形物を食べてものどにしみないんです。
退院後も、しばらくは、食前にシロップを飲んでいましたが、
シロップがなくなってからは、桃缶の汁を飲んでいました。
桃缶の汁でも、処方されたシロップと同じように、のどの痛みが軽減する効果はありました。

子供ではなく私がかかり死ぬ思いをしました。
本当に水すら飲めないくらいの激痛です。なので今お子さんの食べられるものだけあげるのがいいかなと思います。
栄養も気になりますが一週間経って回復してきた頃に栄養を考えた食事をあたえたらいかがでしょうか?

こういう時はあまり満腹感に神経質にならなくても良いと思いますよ。

大人も風邪を引いた時、お粥やヨーグルトやバナナ(私は風邪を引いた時決まって食べたくなります)で数日過ごしたりしませんか?

お家にいる時に食事時間に関係なく日に数回食べれば良いと思います。

口当たりの良い物なら市販の物でも充分です。

ゼリーやプリン類
酸味の少ない果物 バナナ、スイカ、メロン
茶碗蒸しや食パンの柔らかい所をコーンスープに浸して食べても良いですね。
蒸かしたサツマイモなど

子供は良く出来たもので熱が出る前に食欲が旺盛になったりします。体が自然とエネルギーを蓄えておくのでしょうね。

ただ1つ…
子供は少し長引く流行り病が治った直後 体力がぐっと落ちる事があります。
気をつけて見てあげて下さいね。

本人の食べたいもの、食べやすいもの、が一番ですね

診てもらった病院が休診日。他の病院に行くべきか待つべきか

今までの経緯を話した上で、診てもらえるところで診てもらったらどうですか?

夜になると、時間外でなおさら大事になるでしょうし、第一お母さんが心配なんですよね?

あと、嘔吐がある時の水分補給は 1さじのんで5分後にまた1さじ、という風に少しずつが基本です。
ドラッグストアに「OS-1]という飲料があるので(ペットボトルやゼリータイプ)、それはおすすめです。

子どもは熱があがりやすいから心配ですよね。
解熱剤や吐き気止めの座薬はありますか?その状態なら、私はためらわず使います。

夏風邪は熱が高くなりがちです。点滴をしてもらってるならしばらくは大丈夫だと思いますが、気になるなら夜間の外来に行ってください。
現在、おしっこがでない、唇がカサカサとか、明らかに脱水症状があるのなら、開いてる小児科を探すとかされてはどうでしょうか?

痙攣を起こしていたり、意識がはっきりしないようなら、もう迷わず救急車を呼んでください。

42度なら私なら救急車呼びます。

午前の診察のみの日に「水分取れない」「嘔吐」「熱が下がらない」で点滴を打ってもらったのなら、
先生に午後に急変が起こった場合はどうするべきかそこまで聞くべきだと思いますよ。
ただの咳と鼻水とはレベルが違いますもの。

意識レベルと脱水症状は要チェックです。


必要とあらば、ためらわず救急車を!

風邪の時の都市伝説?

汗をかくと熱が下がる は 間違いです。

熱が下がる時に汗をかくのです。

どうしても汗をかくと熱が下がると思いこむ人が多く私もその一人でしたが
わざと汗をかかせたりしませんでした?昔。
それは体力消耗するだけのことですから、無理に汗をかかせたわけではないでしょうけれど
それで汗をかいてるということは暑いんですよ。
ですから適当な室温にしてあげないとお子様の体温調節が難しくなっています。
寝汗でしょうか?起きているでそうか?寝汗は誰でもかきますからね。

屋外プールや海で泳ぐと風邪を引かないと言われていました。
日焼けをするとビタミンEが増して風邪から防御するという理屈だったと思います。
あるいは、海水浴などは水の温度差に慣れるから風邪を引かないという理屈です。

風邪を引いてから海水浴に行くと直るというのはちょっと違うと思います。

汗をかかせると熱が下がる?

海水浴で夏風邪が治る?


・・・都市伝説みたいですね。

まとめ

早く元気になりますように!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ