洞窟探検したい!国内の洞窟、海外の洞窟、沖縄の青の洞窟について

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1139
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 写真AC

夏、洞窟探検したくなりませんか。

奥へ道が続いてるとその先を見てみたくなるものです。

それでは洞窟探検への道へGO!

STEP1国内の洞窟を探検したい

洞窟探検したい

鎌倉のお寺には洞窟があり、観ることができるようなのです。
沖縄にも洞窟があった気がします。

ほかに旅行先として洞窟を観ることができる場所はありますか?

国内で教えていただければと思います。

東京には日原鍾乳洞という有名な鍾乳洞がありますよ。
http://www.nippara.com/nippara/syounyuudou/syounyuudou.html

「ここも東京都なんだ!」と思うような秘境です。

岩手県岩泉町にある龍泉洞という洞窟が綺麗でした。
洞窟の中の水が抜群の透明度を誇っているため、
透き通って見えるし青くて綺麗です。
また、同じ岩泉町に安家洞という洞窟があります。
こちらは洞窟の長さが非常に長く、
龍泉洞とはまた違った楽しみが味わえます。

静岡の二つはけっこういいですね。

>静岡県 竜ヶ岩洞
東海地方最大規模を誇る鍾乳洞です。総延長1,000mで、そのうち400mが一般公開されています。洞窟内はさまざまな形の鍾乳石があり、幻想的な雰囲気。30m落下する大滝も大変ダイナミックで感動的。洞窟はクーラーが効いているようにいつもひんやりとしており、夏には特に人気です。

>静岡県 堂ヶ島洞窟
国の天然記念物に指定されている天窓洞で、洞窟の中を遊覧船やカヤックで進み、洞窟に太陽の光が差し込む幻想的な光景を見ることができます。遊覧船の所要時間は20分ほどです。もちろん、洞窟の上の展望台から海を見下ろすこともできます。

あと、沖縄あたりも見ごたえのある洞窟がけっこうたくさんありますね。

福島を代表する鍾乳洞として、滝根町のあぶくま洞と入水鍾乳洞があります。前者は通路も整備されていて、途中の大空洞は国内屈指の広さを誇っていたりと、見る物も多く楽しめるのですが、後者はスリル満点!途中までは電気がついているのですが、後のコースは自力で照明やら濡れてもよいシューズ等用意して臨まなければなりません。最後のコースは案内人がいなければ進めないなど制約も多いですが、まさにインディージョーンズという感じでとても楽しいです。私は入水に夏行きましたが、足元を流れる水が凍りつくように冷たかったのを覚えています。蒸し暑い日でしたが洞窟を出てくるころには完全に冷え切っていました。帰り道に温泉施設があったので寄って温まりましたね。
普通に観光気分で訪れるのであればあぶくま洞をお勧めします。

別なパターンだと富士五湖(河口湖かな?)のところに溶岩で形作られた、洞窟があり、修学旅行で訪れたのを覚えています。案内人の付き添いで、溶岩のごつごつした感触を足と手で感じながら、ときには這いつくばって進んだのを覚えています。

STEP2沖縄の青の洞窟

沖縄の青の洞窟!!!

お盆に沖縄に行くのですが、何かマリンスポーツをしようと思っています。

初めはケラマで体験ダイビングをしようと思っていたのですが、洞窟探検スノーケル(カヤック)とかもあるようで、「青の洞窟」の写真がすごく綺麗でした!
でもホントにあんな写真のような青の洞窟が見れるのでしょうか???カヤックにも少し乗ってみたいです。


それで、洞窟探検された方の話が聞きたいです。ショップの紹介などもあればお願いします。
洞窟でのダイビングもあるのでしょうか?
分からない事だらけです…。

今年の4月下旬に、
青の洞窟でカヤック&シュノーケリングをしました。
シーズン前でしたので、洞窟は貸切状態でしたが、
ガイドさんによると、5月~9月は非常に込み合うそうです。
待ち合わせ場所の真栄田岬駐車場は大変混雑するし、
洞窟に入るまで、入り口で30分~1時間待ちということも。
真栄田岬で集合(下に水着着用)→車で、出発地に移動→
ウェットスーツを着用してシーカヤックのこぎ方講習
→シーカヤックで約30分→青の洞窟でシュノーケリング。
帰りはシーカヤックをこいで戻ります。
帰りは、運動嫌いの私にはとてもつらかったですが、
青の洞窟は本当に素晴らしかったですよ。
ガイドさんが女性の方でとても親切でした。

真栄田岬にある洞窟のことだと思いますが。
確かに写真とかで紹介されているような神秘的なところですよ
入り口から差し込む光が海中を伝わり洞窟内部をほんわかと照らしてくれます

ただ人気スポットなんで人だらけになることもしばしば

場所は真栄田岬の駐車場から階段を海まで降りて
右に泳いで100mぐらいだったかな
歩いてもいけるそうですが。

ショップは沢山あり旅行雑誌に出てるところで予約OKです
水着とタオルだけ持参し駐車場まで行けばあとは全て用意されています。
お勧めのショップは特にないですが、盆時期は込み合うと思いますので
早めに予約入れたほうが良いと思います。

いいですね沖縄私も行きたいです。

ご存じの通り、青の洞窟は太陽の光で青く見えるものです。
従って曇りや雨では見られません。
なので、16時以降では・・・・期待するほどの青さでは無いでしょう。
やはり、15時くらいまでが良いと思います。
それよりも、16時以降だと受け付けてないかもしれません。
なので31日の方が良いでしょう。

乗り物酔いは、薬飲んでもダメですか?
洞窟へのルートは、船と陸から・・・
船だとそばまで行けますが、陸からはちょっと離れています。
いずれにしろ、ダイビングでなくシュノーケルだと酔うのは避けられません。
(ダイビングだと潜ってしまうので、波に揺られて酔うことはかなり少ない)
波が穏やかかどうかも、その時の天候によります。
まあ運ですね。

ショップはシャワーとかタオルとか設備がキチンとしてあるところが良いです。
(HPで確認しましょう。頻繁にSNSを更新しているところは信頼も高い)
ホテルが近ければ送迎してくれると尚良い。ただし、運転が荒いので注意ww

7/末ですと、まだ16時の時間帯は、西日が入ってくるとはいっても本土で言う夕暮れ時ではありません。
とはいうものの、ショップ16時発なら、現地16時30分は回っていると考えられ、こうなってくると、若干微妙な時間帯となります。

#1さんも言われている通り、透明度がいかに良くても、太陽光を受けて、青色になるものですから、曇り/雨天では、ビビッドな青を体験することは難しいです。
ボートが嫌ならビーチエントリーもありますが、真栄田岬名物の100段を超える階段の上り下りという苦行が待っています。また、シュノーケリングは、波間を漂い、たまぁにいきごらえをして水中散策をするものですから、波が穏やかであっても、波酔いする可能性はかなりあります。

乗り物酔いに関しては、酔い止めで対処されることをお勧めします。当方も、かなり荒れたボートダイビングでも酔わずに過ごせた実績もあり、「アネロンニスキャップ」という酔い止め薬をお勧めしています(余談ですが、当方が新幹線でも酔うといわれる質問者様にこれをお勧めし、かなりの高評価を得たという実績もあり、ちょっと自信を持っておすすめしたりするものです)。

STEP3イタリアの青の洞窟

南イタリア 青の洞窟

南イタリア青の洞窟に行かれたかたにお聞きしたいのですが。。
洞窟に到着するまでに船酔いが激しいらしいですね。
実際観光された方でどの程度の揺れなのかご存知の方いらっしゃいますか?
わたしは船酔いしやすいので行こうか迷っている次第です。それでも行く価値はあるというかた、また、
この酔い止めは効いたというかたいらしたらお知らせ下さい。

4年前に新婚旅行で行ってきました。天候が悪くとても海が荒れていましたが、船がまあまあ大きいので船酔いはしませんでした。ツアーのほかの方(老人含む)も気分が悪いと言う方もいませんでした。甲板?外の席に座ってかせに当たっていれば平気かと思います。確か20分くらいで着いたと思います。ちなみに青の洞窟は、悪天候の為入れませんでした、、、

到着するまではそんなにかからなかったように思います。
いろんな国から観光客がきていて、順番待ちで長い間ぷかぷか船の上で待っていたので、結構ゆれました。一緒のツアーに参加されてた方で船から上ったあと具合の悪くなってる方もいましたが、すごく綺麗なので酔い止め飲んででも、ぜひ行ったほうがいいですよ♪
波が高いと入れないので運も必要ですね。

こんにちは!「青の洞窟」へは丁度、去年の今頃行ってきました。
高速船は、ほぼ揺れも感じず
カプリ島からの船も10-12人程で乗るボートで、
揺れに関しては、晴れていたせい?!もあったのかあまり感じませんでした。
10-12人程で乗るボートで、乗り合わせた人と写真を取り合い出来たりしたので
そこまで、激しい・・?とは感じませんでした。
船酔いで 迷ってらっしゃるとは もったいない気がします。。
わたしには、船酔い経験がないので そう思うだけですが・・・

ぜひ また青の洞窟へ行けたら 行きたい所です。
景観も 洞窟の青の色も言葉に出来ないほどの 素晴らしさでした。

もう一つ近くに『緑の洞窟』というのがあって、こちらは行ったことないんですが、青の洞窟よりは(天候が多少悪くても)行きやすいそうです。

小さな船なので揺れはありますが、ゆっくり漕いでくれるので怖いほどではありません。
私も酔いやすい方ですが、海の綺麗さと興奮で酔いませんでした(笑) 船に乗ると舟を漕ぐおじさんが歌を歌ってくれました。

絶対行く価値があるとおもいますよ!
私は何年か前の9月に行きました。感動です!
もしかして小船に乗ってから酔うかもですが
一旦洞窟に入ると興奮して船酔いは吹っ飛びます。

さて船ですが、ナポリからカプリ行きのフェリーは問題ないでしょう(でも念のため錠剤飲んでおいたほうがいいですね。私はトラベルミン???という普通の日本の薬局のものを飲みました。)
船酔い問題はカプリに着いてから。

現地で使う船会社によるのかもしれませんが、
青の洞窟は狭いので、洞窟行きの船(結構大きめ)に乗って側まで行き、海の上で何人かずつ手漕ぎボートに移って洞窟に入る順番待ちをします。想像できないくらい混んでるのでこの小船で結構長い間またされます(はっきり覚えてないけど30分待ったかも。オンシーズンだったし)。揺れが気になるのはこの小船での待ち時間です。私は飛行機に乗る前も酔い止めを気休めですが飲む人なのでちょっとこの待ち時間はこたえました。


でも最初に書いたように本当に行ってよかったです!
行く価値ありですよ!船酔いしたこと、この質問に答えるまで忘れてたくらいです~

ひとつ文句をいうとしたら、この小船に乗ってる間、
船頭がカンツォーネを歌ってくれてとてもいい気分に
なるのですが、チップを請求されます。もちろん払うつもりだったのでいいのですが、その請求の仕方がとても失礼に感じました。
渡すとき、何枚か取り出してその中の一枚を渡したら、不満だったらしく「ううん。これ」と大きい金額の紙幣を勝手に手から抜き取られました。
(ちなみにリラの時代だったのでこっちがあまりにも
少ない額を渡しちゃった可能性がありますが!)

対策としては、自分でチップとして妥当だと思う金額の紙幣を予め別に用意しておくこと、かも。
というよりチップ用の小額紙幣を常に別に持っておくのは旅の常識でしたかしら (^^ゞ

楽しんできてくださいね。洞窟入れるといいですね☆

向こうは平気でボってきます。相場がありますのでそれ以上渡す必要はありません。バカな田舎観光客がいるので通用しちゃうのですが(悩、それが当たり前にならないようにご注意下さい。

STEP4洞窟探検に行くときの装備

洞窟探検をするには

三重県の「篠立の風穴」や岐阜の「蛇穴」、他、本格的な洞窟(?)に入るには具体的にはどうしたらいいでしょうか?
まず何からしていいのか右も左もわかりません。
幾つか質問させてくださいm(__)m

(1)まずヘルメットや、頭につけるランプ、ロープなどは必須(もしくは義務づけられてる)でしょうか?
それか別になくてもいいものですか?
懐中電灯一本もってって出来るほど洞窟探検は甘くはないですか?

(2)洞窟に入るには役場(?)かどこかに問い合わせしたり、申し込んだりするのでしょうか?
あと、一人での洞窟探検は出来るのですか(危険も伴うかもしれませんし複数人いないと出来ないものですか?)

(3)こうもりや虫がいたりすると聞いた事がありますが、他にも蛇(毒蛇)など結構いたりする事もありますか?

(4)ベテランの人の同伴がない限り初心者は行くべきではないでしょうか?

(5)あと愛知、岐阜、三重あたりの(有名な鍾乳洞というより)本格的な洞窟の詳細な場所などご存知でしたらお願いします。

ご存知のかた、体験したかたがいらっしゃいましたら、どうかご意見聞かせてくださいm(__)m
よろしくお願いします

本州の鍾乳洞をいくつかと海蝕洞に調査(動植物)ではいったことがあります。ヘルメットとヘッドランプは必需品ですね。
服も当然、長袖長ズボンです。あと水が溜まっている場所結構あるので、長靴でした。
ロープも必需品ですね。枝別れしている場合があるから。あと、わたしは体験したこと有りませんが、空気がヤバイところが有るそうです。

>あと、一人での洞窟探検は出来るのですか(危険も伴うかもしれませんし複数人いないと出来ないものですか?)

洞窟の探検は、一人では、絶対に行うべきではありません。結構、天井からパラパラ岩が落ちてきたり してますから。こうなると、ヒアヒアですよ。私の場合、内部に2名、外で待機1名で調査おこなってました。落盤したら通報する係ですね。

>こうもりや虫がいたりすると聞いた事がありますが、他にも蛇(毒蛇)など結構いたりする事もありますか?

海蝕洞の場合ワラジムシ(海辺の岩場にいる三葉虫を小さくしたようなヤツ)が降ってくることが有ります。これにかまれると結構痛い。わさわさいます。あとザトウムシとか洞窟生の昆虫とかですか。たまにサンショウウオ(小さいの、オオサンショウウオではありません)もいたことがあります。まあ、たまにヘビは見かけるとして、普通にその辺で見るヘビですね。(マムシ、ヤマカガシの毒を持つ種を含む)

(1)ヘルメット、あった方がいいですよー!ヘッドランプは必需品です。服は長袖長ズボンがやはりあんしんしました。懐中電灯は片手使えなくなるので、不便になります。洞窟じゃなくても、サバイバル系アウトドアでは、必要不可欠なものなので一つ持ってたらよいと思いますよ

(2)役場に問い合わせるのがいいかもしれませんね。
私は結構使う手です。旅先で悩んだり・地元を調べたかったりしたらしたら、結構公共機関に飛び込んでいます。郷土資料館とかで話聞いたり。
一人で探検はできますが、同じ興味を持ってる人間がいるならば、一人より二人のほうが思い出に残る事もありますよね。一人のデメリットは、危機管理面もだけど寂しい事かも??慣れないうちはとくに。仲間がいるといいんじゃないでしょうか?トムソーヤとハックルベリフィンのような。

(3)コウモリいると思います。洞窟なら蛇・虫系もいそうですね。普段人間が寄らない場所こそ住みやすい環境ぽいし。

(4)ちゃんと家族に報告してから出発すると、いざという時に助けてもらえるかもしれませんね。
一人旅をすると、旅なれてきます。すると割と度胸も伴ってくるので、寂しさの紛らわせ方も時間のつぶし方もうまくなってきます。困ったときにも助けを呼んだりが簡単にできるようになります。

私が行った沖縄の鍾乳洞は、超・そのままで、入って少しだけロープはあるけど、真っ暗すぎてヘッドライト消すと、気配の一つも感じられないほどでした。鍾乳洞なので、無視や蛇の心配はなかったのですが、入ったら出られそうにないほどの狭い穴や、2メートル程ある壁を乗り越えないといけなかったりなかなかサバイバルでした。楽しかった。何時間いたのかよく解らないけど、何時間も動き回った。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ