ふるさと納税とは何がお得?会社が年末調整してくれてもできる?体験談も…

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いらすとや

お得だといわれているふるさと納税

  • ふるさと納税とは?
  • 何がお得なの?
  • 会社が年末調整してくれている場合、ふるさと納税できる?
  • ふるさと納税、体験談

ふるさと納税とは?

1つの納税の方法。

納税者が地方自治体を選んで寄付をし、該当する地方自治体は返礼を行うことがある制度です。
実際に寄付となるのは2000円で、それ以上は納税者のその年の所得税と翌年の住民税から控除されます。
実質の納税額に違いはありません。また、実質的に自分が住んでいる自治体とは異なる自治体への納税となります。

総務省 ふるさと納税のサイト
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html

普通の寄付金とふるさと納税の違い

普通の寄付金と比較して、
ふるさと納税のメリットは、
寄付(納税)先の自治体から素敵な物産が届く以外に、
どのようなことがあるのでしょうか。

ご教授よろしくお願いいたします。

そもそもふるさと納税とは、納税者が自ら納税する自治体を
選択できるようにしようという制度です。

実際の制度としては、地方自治体に寄付を行うと、
従来からある所得税・住民税の寄付金控除に
住民税の寄付金特別控除を組み合わせ、
寄付した金額-2000円の所得税・住民税が還付または減額されるようになっています。
これにより実質負担2000円で、納税する先を選択する効果を得ることになります。

したがって、通常の寄付金控除との違いは特別控除により、
実質の負担が2000円になると言うことです。
どちらにしても寄付金なので節税としての効果はありません。

ただ、地方の特産品などの記念品が実質2000円で
もらえるということで注目されています。

ふるさと納税

ふるさと納税とは
納税と言う名前になっているけど
ようするに「地方の特産品を買う」って事ですよね?

行為としては、そういう事ですか?

納税じゃなくて寄付ですね。

そして問題は、寄付した人に戻ってくる還付金はお住まいの市町村の地方税収入が財源です。大都市のように裕福な所はよいですが地方の赤字自治体にとっては大変迷惑なものです。

何がお得なの?

寄付先の自治体から2000円以上の品物を返礼としてもらえば、単純に納税する場合と比べてほんのちょっとお得になります。

ふるさと納税って「とんち」みたいじゃないですか?

ふるさと納税のメリットを、テレビでさんざん放送しているので、
「おっ、やってみようかなぁ」などと安易に考えてしまいますが、
デメリット的な事は殆ど話しません。

いろいろなサイトを見て調べるとデメリットもあるようですが、
メリットの方が大きいみたいですね、と書きましたが、
一番「ん?」と個人的に思っているのが、例えば3万円のふるさと納税をした場合、
実質負担金2000円を除く28000円は所得から控除されるとありますが、
これどこが良いのですか??

28000円が返って来る訳ではないですよね、所得がそれだけ無かった(28000円分手取りが少なかったんだよ)という事では結局3万円支払ってますよね?
どうも、一休さんのとんちを聞かされているようでイマイチ納得いきません。
皆さんはどうですか、納得いきますか?

それからワンストップ特例制度の税金控除の対象者は、別に確定申告もせずにいつも通りに会社の経理の人にもふるさと納税した事を告げずに処理をしてもらって良いのでしょうか?

> 「例えば3万円のふるさと納税をした場合、実質負担金2000円を除く28000円は所得から控除される」

と書かれていますが、これはどこからの引用かわかりませんが、誤解を招く表現だと思います。下記のほうが理解しやすいと思います。
「例えば3万円のふるさと納税をした場合、自己負担金2000円を除く28000円は所得税・住民税から控除される」

つまり、30,000円ふるさと納税をすることにより、税金は自己負担分の2,000円を差し引いた28,000円安くなりますから、結局2,000円以上の価値があるお礼の品をもらえれば、トータルではおトクになりますよ、ということです。
ただし、前提条件として、それだけの所得税・住民税を支払っている人でないと税金から控除できませんので、その場合はメリットはないということになります。したがって、その人の払っている税金(すなわち、その人の所得額)により、おトクになるふるさと納税の上限額が決まってくるということです。

所得税は国の税金ですが、住民税は住んでいる自治体に納める税金です。
ふるさと納税しなければ、自動的に住んでいる自治体に住民税を納めますが、ふるさと納税することにより、その一部を自分の好きな自治体に納めるという制度です。

> ワンストップ特例制度の税金控除の対象者は、別に確定申告もせずにいつも通りに会社の経理の人にもふるさと納税した事を告げずに処理をしてもらって良いのでしょうか?

そのとおりです。この場合は、全額が住民税からの控除になります。
ただし、同じ年にふるさと納税先が5自治体以内、サラリーマンなどの確定申告をする必要のない人です。医療費控除などで確定申告する場合はこの特例は使えなくて、ふるさと納税についても確定申告に含めることになります。
ふるさと納税をした自治体に、この特例の申請書を必ず送付しなければなりません。

いくつか参考になりそうなサイトをご紹介しておきます。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/about/
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/about.html
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html
http://www.furusato-tax.jp/about.html
http://www.satofull.jp/static/onestop.php

会社が年末調整してくれている。ふるさと納税できる?

手順としては、会社が年末調整をしたあとに、自分で確定申告をします。

ふるさと納税

会社で年末調整の紙を書いて、会社の経理の人が税金のことはやってくれてるみたいなんですが、
こういう人はふるさと納税はできないんですか?
仕組みがまったくわかってません。
簡潔に教えてください。

ここは見ました。
http://www.furusato-tax.jp/about.html

#4です。補足質問につきまして;

まず、年末調整ですが、これは「会社」がやってくれます。ふるさと納税の手続きは、この年末調整では行えません。
次に、確定申告は「自分」でやります。申告用紙に記入して、税務署に提出します。

ふるさと納税の手順に関しては、#4の回答で書きましたが、
(1)確定申告する方法(会社で年末調整してもらっていても、ふるさと納税のために自分で確定申告するということです)
(2)ワンストップ特例制度で行う方法
のどちらかを選択してください。

ワンストップ特例制度のほうは、会社で年末調整してもらっていて、確定申告で控除してもらうものが何もないときに限り選択できます。

ふるさと納税で寄附した額から2,000円を引いた金額分の所得税または住民税が安くなります。つまり、ふるさと納税をすると、トータルで2,000円分は持ち出しになりますが、その分はお礼の品で元をとってください。これが、ふるさと納税の仕組みです。

ふるさと納税、体験談

実際に納税をしている人の声

ふるさと納税をしている方いらっしゃいますか?

ここ最近よく聞くキーワードですが、実際に周りにしている方がいないので、実際にされている方の意見を聞ければと思い質問しました。
したきっかけや、こういうところがオススメといったものがありましたら教えていただけると嬉しいです!

やっていますよ。

おすすめは、長野県阿南町!
3万円の寄付で、お米が60kgもらえます。
また、時期をずらしての送付にも対応してくれます。
ただし、今年は出遅れました。
現時点で、申込用紙付きのパンフレットが入手できなくなっています。
なので、今年は何にするか迷っている状態です。
第一候補は、群馬県 中之条町。
四万温泉で使える感謝券がもらえるそうです。
それも、寄付金の50%!
家族旅行で使いたいと思っています。

以下、参考にしてみて下さい。
http://setsuyaku001.blogspot.jp/2013/06/blog-post_11.html?m=1

私は、昨年までは、ふるさと納税を行って来ましたが、現在無職で就職活動中なので、今年は見送ろうと思っています。

ふるさと納税は、年収500万円程度以上で、他の理由で確定申告をしている人には、とても美味しい制度です。
でも、ふるさと納税からの還付を受けるだけの目的で、確定申告をするのは、かなり面倒なので、あまりオススメ出来ません。

ふるさと納税のメリットは、まず、税金が低くなることです。
総務省のモデルケースでは、年収500万円の夫婦世帯が、3万円のふるさと納税をすると、2万8千円の【税額】控除を受けられます。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html

収入が増えれば、もっと高額でも良いし収入が少なければ、多少、控除額が減ります。

上記のモデルケースがあるため、ふるさと納税に対するプレゼントもたいてい3万円以上の納税に対し、設定されています。
プレゼントが、自分のほしいもので、2,000円以上のもの(これを下回るものは、見たことが有ません)をもらえるなら、その分が黒字になるわけです。

と言っても、たいていは、黒字分は、2~3千円程度です。
このためだけに確定申告をするのは、ちょっと面倒過ぎですよね。

ふるさと納税に関する他のガイド

ふるさと納税に関するガイドがほかにもこんなにあります。

まとめ

応援したい自治体、過去に住んでいた自治体など、選ぶ楽しみがありますね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ちょっとした手続きの時間

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ