地震ガイド!「噴火と地震は同時に起こる?」「日本で一番安全な場所は?」「竹薮に逃げれば大丈夫?」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

6月29日は「地震」の日。1980年のこの日、伊豆東方沖地震が発生しました。この近辺では地震が多く、1990年、2007年にも発生しています。

https://okwave.jp/

大地震と火山の噴火が同時に起こる可能性というのはあるのでしょうか

連動現象ということでありえるそうです。
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/volcanology/rendo.html

北海道で昭和新山という山ができる過程において、地震と噴火が連動しながら山が出来ていった様子が記録されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E6%96%B0%E5%B1%B1

当時は戦争中で国による調査が一切行われなかった(敗色濃厚な時期でそれどころではなかった)のですが、地元の郵便局長さんが詳細な記録を残していて、それが貴重な資料となっています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9D%E6%B0%B8%E5%A4%A7%E5%99%B4%E7%81%AB

富士山の宝永噴火のときも噴火直前に地震が起きているようですね。そりゃまあ冷静に考えたら当たり前のことではありますけどね。

日本で一番地震の被害が少なく、地盤などが良くて安全な地域はどのあたりですか?

佐賀県西部や岡山県北部の山間地・丘陵地で,ボーリング調査により地表近くに岩盤や礫層が確認される地点なんかどうですか。たくさんの人が移住すれば,過疎問題にも寄与できます。

地震の災害に対する安全な地域は、ありません。

日本列島は、幾つもの溶岩プレートが積層している特殊な地点の上に散在していて、地震の障害を免れる地域は、北海道から最南端の南西諸島まで、安全な地帯がありません。 夫々の地域ごとに、強か弱か様々な地震危険度が存在します。

電力会社が発電所を建てる場合も、事前に地域の過去の地震や地盤構造も十分に調べ、安全と言うよりは危険性が最も少ない地点に発電所を建てています。
   

私が今まで見聞きした経験値で言うと、海に面している件で一番安全で
有ると感じた県は島根県です。隣の鳥取県ではたまに大きな地震が
起こる時もありますが島根県の友人に聞くと大きな地震には合った
ことは無いと言っていましたね。

それと富山県ですね。新潟県はたまに大きな地震がありますが富山県で
大きな地震は聞いたことないですね。

それと大阪府も震源地として大きな地震があったことは無いですね。
たまに震度3レベルの地震はありますが阪神大震災の時でも震度は
4でしたからね。

私は奈良県に15年住みましたが内陸県ですので津波は気にならないですし
大きな地震もなかったですね。

『地震の時、竹藪に逃げろ』と言うのは、なぜですか? た、本当にそうした方がいいのですか??

竹薮は竹が密集しているので、根が地面を押さえ込んで、大きな揺れや斜面崩壊が起きにくいとされ、安全と考えられていたことによる俗説です。

実際には竹の地下茎は非常に浅い範囲にしか根を張りませんし、斜面崩壊はもっと深い崩壊でおきるのが普通です。現実にはあまり意味はないとされてますね。

竹薮は竹が密集しているので、根が地面を押さえ込んで、大きな揺れや斜面崩壊が起きにくいとされ、安全と考えられていたことによる俗説です。

実際には竹の地下茎は非常に浅い範囲にしか根を張りませんし、斜面崩壊はもっと深い崩壊でおきるのが普通です。現実にはあまり意味はないとされてますね。

竹の地下茎は網のように横に広がっているので地震の地割れに強いだろうという発想です
でも鉄筋や鉄骨でさえ引き裂く力には勝てません

首都直下地震や南海トラフ地震への国としての対策はしているのでしょうか? またあなた個人では何かしていますか?

やっていますよ。細かい資料ですが・・・(笑)
南海トラフ
http://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/

首都直下地震
http://www.bousai.go.jp/jishin/syuto/

個人では何もしてないですねえ

50代♂大阪在住
> 首都直下、南海トラフの対策は?
検索してみた。
http://www.mlit.go.jp/river/bousai/earthquake/
国土交通省における南海トラフ巨大地震・首都直下地震対策

> またあなた個人では何かしていますか?
前回の震災の教訓から…
1. 備蓄、非常食の確保
2. 外出時に最低限の持ち物を持つ事。
3. 役に立つ非常グッツ集めが趣味 (小さいモノがお気に入り) です。

対策とは?

地震が発生しないようにする対策ですか?
それとも発生後の対策ですか?

前者は基本的に不可能でしょう。
自然現象はどうすることも出来ません。
後者は建築法に盛り込まれているし、避難マニュアルなんかも各自治体が用意しているはずです。


個人レベルでは、日常生活で周囲の観察をしているくらいですね。
変化ではなく、避難するとしたらどうすればいいかとかそういうレベルでの観察。
漠然と通勤・通学しているのではなく、川が増水したらこの道はどうなるんだろうとか、人が集まる場所だとパニックで身動き取れそうになすからここは避けようとか、そういうことを妄想しながら…w

他にはライフラインとして必要最低限のものの確保ですかね。
それも、日常生活で使えるものを選択してます。
例えばモバイルバッテリー。
携帯、スマホの十分に使えるのは当たり前として、LEDライトにもなるものがあります。
とにかく照明は必需品。
他には暖を取ったり調理するためのガスコンロとかBBQ用の炭など。
着火用のライターもコンビニで売っているような100円ライターではなくカセットガスコンロのボンベが使えるガストーチを最近使うようになりました。強風下でも使える強力なやつで、アルミホイル程度なら溶けて穴が空くくらい強力なやつ。
いずれも複数用意して日常使用しています。
いざという時使い方がわからないのでは話にならないですからね。

まとめ

Photo by photo AC

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ