大自然と親しみ、楽しもう! 登山・キャンプ特集「2」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by https://www.photo-ac.com/

近年、登山、キャンプ、ハイキングなどは安定した人気の娯楽となっています。また、グランピングなどの新しいスタイルの高級キャンプも大注目。登山・キャンプについてのQAをまとめました。

初心者でも楽しめる山ってありますか?

東京近辺なら、高尾山から奥多摩でしょうね。標高千メートル前後の山で、谷も深く、森林帯がきれい。頂上に立てば見晴らしもいい。駅やバス停からすぐ歩き出せる。登山路や標識もしっかり整備されていて、初心者が歩くには最適です。

秩父の
宝登山は?
http://hodosan-ropeway.co.jp/
ロープウエイ使ってOKなら
草津白根山

とりあえずロープウェイ&ケーブルカーがある山ですね(笑)
というわけで筑波山がおすすめです。
http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=51
http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=883

関西なら、六甲山は、初心者から上級者までいろいろと
楽しめる山です。

うっそうとした森の裏六甲と、からりとした岩山の表六甲
という2面性がありますし、いざとなれば中間地点の山頂
から、逃げ出す交通機関がきっちりと揃ってますからね。
http://happy-trendy.com/kobe-hiking-4384

登山は健康に良いスポーツですか?

年に一度、夏に山に入っている者ですが、普段から運動らしいことを全くしていないので自分の体力を測るつもりで自分のペースで無理せず山に登っています。

決して無理せず、自分の技量に合うコースでのんびり歩いているとストレス解消には一番です。

登山はいいですよ!是非おすすめします。
健康といっても
その山に見合った自分の体力によってだと思います。
だからどこまで窮めるかによってだと思いますよ 限界はないけど
わたしは、登山部に入ってから
心肺機能等の身体的にもさらに精神的にも強くなれました
何よりなのは仲間とわいわい登る楽しさです。
皆で作るご飯とかテントでお泊りとか
登りきった後の達成感と頂上の景色で疲れなんて吹っ飛びます。
楽しいですよー!!
是非仲間を見つけてはじめて見て下さい。きっと何かが得られるはずです。

登山といっても大した経験はありませんが、私が感じたことは精神の健康からみたら
大変に健康的だと思います。
体の健康面はいうに及ばずっと言ったところだと思います。

私にとってどのようなところがいいのかと上げたらキリがありませんが、
楽しい人(仲間)と素晴らしい自然の中での
時間はなんとも言えないくらいの貴重な体験でした。
勿論、登山技術があれば単独でも楽しいのでしょうが、未熟者なもので不安があり、
当分の間はグループ(パーティ)でしょうが・・・
登山での自然の中でのいろんな体験は、下山し暫くたったらまた行きたくなるでしょうね。
早く人に「趣味は登山です。一緒に登りませんか?」と誘えるようになりたいものです。

山で危険な生物に遭遇したことはありますか?

窓空けて山道を運転中、突然入ってきたスズメバチ。

実際はもっと小さいのでしょうけど、あの時は10cmくらいに見えた。

体温は一気に0度近くまで下がった感じで、固まってしまいました。

すぐ出てってくれたので事なきを得ましたけど、一時はどうなるかと。


町を歩いていても、歩きタバコや歩きスマホと、キケンな生物はいますけどね。

「生物」とありますから,植物もふくめます。

毒草とされるものすべて。わざわざ雑草をサラダにする馬鹿はいませんが,毒キノコを誤食する例や,有毒できれいな色の実を子供が食べる例,ノビルに似た植物を誤食する例などはあります。

ウルシやハゼなど,ウルシ科の木にかぶれやすい人もいます。

知らないうちに草の汁や樹液が皮膚につき,ヒリヒリすることもあります。これが目に入ると,かなり痛いでしょう。プロトアネモニンが原因物質かもしれません。

体が小さいので気づきにくいですが,スズメバチ。巣に近づく動物がいると,周囲をブンブン飛び回って威嚇します。それに間抜けなヒトが気づかずに進むと襲ってきます。天敵の熊の黒い毛を嫌うらしく,ヒトであれば眉毛の上あたりを刺します。何回も近縁のアシナガバチなどに刺されていると,抗体反応でショック死することもあります。

これはもっと気づきにくいですが,ダニ。うっかり地面に座ると,足がかゆくなります。

水中ではチスイビル。足を吸われても痛みがなく,気づきません。ヒルジンという物質で血が凝固しないようにしますので,出血も止まりにくいです。

車中からはクマ。
福島県の林道です。目の前を横断されました。

キャンプ中のサイトを駆け抜けていった(クマの尻)を仲間が見ました。私は見ませんでしたが。(これも福島で夜)

歩いていてマムシ。
8~10mほど手前で林道の真ん中にトグロを巻いているのと遭遇しました。
路面の土とほぼ同じ色ですから話しながら歩いていると気づかずにもっと近づいていたかもしれません。模様は明確ではなく単なるマダラに見えました。
アオダイショウに比べると太めで、動きもモッタリしていました。

先の回答にもありますがブユなどの刺す虫はいますね。膝の裏を刺されて腫れて脚の屈伸に支障がでたことがあります。(2~3日)
致命傷ではありませんが動作に支障があれば滑落などの原因になりかねない、という心配はあります。

小型の真っ黒なハチと出合い頭にやられたこともあります。
登山道を歩いていて、道を横切ろうとしたハチが胸にぶつかり、その瞬間に刺されました。本当にその瞬間に尻(針)をつきだした姿勢になるのを見てしまいました。
(でも、後で考えたらハチの前方不注意ではないですか?)

オマケ
丹沢で夕方から悪天候になり登山道の途中にテントを張ったのですが、一晩中、外を通る人の声と足音がしていました。もちろん幻聴(雑音の中からそう聞こえる音だけを耳が拾ってしまう)なのはわかっていましたが不気味ですね。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ