大人も子供も夢中!今、第三次ブームで盛り上がるミニ四駆ガイド!「3」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

1982年に発売され、400種類以上の車種が発売、累計で2億台近くを売っているタミヤのミニ四駆。35周年の今、3度目のブームを迎えているミニ四駆について紹介します。

http://www.tamiya.com/japan/mini4wd/

子供と一緒にミニ四駆の大会に出場したいのですが、調べてもなかなかありません。 場所は東京か神奈川で探してます。知っている方がいらっしゃいましたら、教えていただけますか。

タミヤの公式サイトに行けば公式レースの日程や、ミニ四駆ステーションの場所が記載されております
大きい大会はサイト調べれば載ってるとおもいます
小さい大会は最寄りのステーションに行けばポスター等で告知されてたりするとおもいます
http://www.tamiya.com/japan/mini4wd/event/index.htm

最近10年振りにミニ四駆復帰したのですが、色々変わっていてびっくりしています。 その中の一つがかなり疑問です。 某動画サイトにてよくローラーのあたりに筒?のような物がついているミニ四駆を多々目にします。 あれはなんですか? 全然見当もつきません。 できたら何をつけているのか、どのような効果があるのか詳しく教えて頂ける方いましたしたら宜しくお願い致します。

あれは、ホイールです。
効果はローラーがフェンスに引っかからない様にし、コースへの復帰をスムーズにします。

コースへの復帰をスムーズに…
とは別にスタビライザーとして使用するパターンもありますが、斜角を付ける加工はしません。と言うか私自身ホイールスタビを活用していないのでなんとも言い難いのですが、その様なマシンは見たことがありません。しかし、斜角を付けるアイデア自体は大事にしてください。人がやらないからと言って試さないのは勿体無いので。
PS.「ホイールスタビ」で検索してみてください。私の回答より、もっと良い情報が見つかるかも知れません

ミニ四駆スポットについて

大阪周辺でオススメのミニ四駆スポットを教えて下さい

現在社会人、男性です。

最近、子供のころやっていたミニ四駆をまた始めました。
パーツ等やシンプルなコースも購入し、ある程度は走れるようになったのでお店などに設置してある難易度の高いコースでも走らせてみたくなりました。

しかし、初心者が行っても浮かないような場所がどこなのか分かりません。

一度軽い下調べをしていくつか無料でコースを開放しているお店等を下見に回ったのですが、「~時までは子供専用」となっていたり、なんだかとても真剣な空気で絶えずマシンが走っていて参加しづらそうだったりして思ったよりも場所によって特色が違う事を知りました。

なので、

・初心者でも歓迎
・雰囲気がまったりしている(極度にフレンドリーだったり、排他的でない)
・使用者の層が幅広い(年齢、性格等)

といったようなスポットがあれば教えて頂けますと幸いです。

ちなみに、使用料や入会費など、なにかしらの費用がかかっても構いません。

それでは、よろしくお願いします。

大阪は知りませんが、たぶん全国的に見てもフレンドリーなところはないでしょうね。
大人がたまる場所は、マニア中心だしあなた自身も通ううようになればほどなく、むっつりマニアの仲間入りです。
案としてご提案しますが、子供専門のところの管理者に頼み込んでお邪魔にならないように利用させてもらう。
友達を作って、共同である程度大きいコースを運営する。
などです。
それから一見怖そうなマニアさんは、話しかけてみると親切ですよ。
友達になる方向で考えるといいですけど、コース場の運営方針がまずかったりすると荒んだ空気になっていたりします。

本格的にやるなら、雰囲気でえり好みするのもお勧めしませんよ。
ほぼ最速化するノウハウの固まっているミニ四駆は、コースレイアウトに合わせてその場で最適化するセッチングノウハウ次第で早いか遅いかの勝負が決まります。
ですから、規模なども含めてできるだけ多くのコースで試行錯誤することです。
雰囲気の悪いコース場の最悪パターンは、運営者が放置しすぎて、常連客が勝手にコースレイアウトをいじる場合です。そういう場所は常連客同士のセッティングパターンにコースレイアウトを合わせる形になって、常連客がちょっと遊んでみたい方に連戦連勝で結果として排他的になります。運営者サイドもホビー関連のノウハウはちゃんとあるから、放置すると荒れるのは承知していますが、常連客がのさばってあまりにも好き勝手することになす術がないんですよ。
実に困った問題で、運営者として利用規定するなら、大人禁止よりも大切なのは、コース改変禁止、その上でセッティングノウハウ確立のため、運営者サイドで3か月に一回とか定期的にレイアウトを変更するといいんですが、コース設置店はかならずしもそうしていない。
ちゃんとしているところと、そうした運営が確立していないところがあります。
その点がホームサーキット選別の目安ですね。
でも荒れたサーキットにセッティング修行のために玉砕覚悟の道場破りを挑むのも、なかなかのものです。
常連客が自己満足しているコース場は荒れています。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ