大人も子供も夢中!今、第三次ブームで盛り上がるミニ四駆ガイド!「1」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

1982年に発売され、400種類以上の車種が発売、累計で2億台近くを売っているタミヤのミニ四駆。35周年の今、3度目のブームを迎えているミニ四駆について紹介します。

http://www.tamiya.com/japan/mini4wd/

自分のミニ四駆は電池込で153グラムなんですが速いミニ四駆は大体どの位の重量なんでしょうか?

私はマグナムセイバーとかが現役の第2次ブーム時に主に数少ない大人として参加していました。
地域のミニ四駆大会でボランティアで運営に回ったり、子供たち相手の先生でした。
当時のシャーシだと、軽量化と最小限のパーツ追加で、私の場合100グラムを切っていたけど、現在懐かしくて大人の現役ユーザー〈面倒を見た昔の子供たち〉と交流をしたりセッチングを見せてもらうと、ハイパーミニ系で100グラムから110グラム台程度です。
ハイパーダッシュ系はいろいろと現実的でないようで、使わないと話していました。
それは私も理解できる話です。

一つ言い忘れました。
私は昔の重量を考えない子供の改造を見て、それは「重戦車改造」だと思えば理にかなっていると考えるし、現役ユーザーにも話しています。
重量があっても、ハイパワーのモーターを適正に使えば、安定性があってトップスピードが出ます。
あなたの場合は主にギア設定が高すぎることにあります。
ラジコンの場合だと、搭載したバッテリーが1レースでちょうどカラになるまで、最大限のハイパワーモーターと軽量化を両立させるのですが、ミニ四駆の場合は1レースでバッテリーを完全に放電させることはありませんよね。
ですから軽量化を考える意味が違ってきて、最大限のパワーを使える重戦車改造もありなんです。
ですから改造を考える最優先のポイントではありません。

半分自慢話ですが、子供の中に混じった大人の先生がどのくらいの活躍をするか話しておきましょう。
添付した写真は、80年代のものでタミヤのRCファルコンです。
新潟に出張したタミヤ公式大会でのコンクールデレバンス記念品です。
ちょうどホーネットとかホットショットのミニ四駆発売前後で、ダッシュシリーズで火が付く第一次ミニ四駆ブームの前のものです。
この私のファルコンはタミヤさんに、所定の自己申告をするときにデザインコンセプトとして「飛び立つ鳥のイメージ」と報告しました。
これ、のちに発売されたライジングバードのコンセプトと、あらゆる面で一致します。
実際は空気を切り裂くような鋭角的な鳥のイメージでもあったのですが、コンセプトはウイニングバードで再現されました。
私が偉いんじゃなくて、遊んでくれる子供たちを大切にするからタミヤさんが偉いんです。
ミニ四駆をやっていると、ホビーとして、消費者だけにとどまらず、メーカーを突き動かす体験もあり得ます。

ちなみに今、私はおもちゃ業界で頑張っています。

久しぶりにミニ四駆を購入しました。コースなのですが、直線コース50メートルを作りたいのですが やはりダンボールがよいでしょうか? また、直線コースのみ売っているものでしょうか?

>直線コース50メートルを作りたいのですが
>やはりダンボールがよいでしょうか?

身近にある安価な材料で作るとしたら、ダンボールが向いているでしょうね。
スーパーとか八百屋なんかに行けばタダで貰えますし、軽量で加工もしやすいですから。
ただ、綺麗な直線にならなかったり、路面に凹凸が出来やすいなどの問題もあります。

また、ダンボールで作った場合は、コースの再利用が難しいため使い捨てになるという問題もありますね。
それと関連して、使い捨て=毎回作り直す必要があるってことなので、コースの準備に時間がかかるという問題も発生します。


>直線コースのみ売っているものでしょうか?

タミヤ製の5レーンの直線コースの4枚セット(1枚あたり50cm程度=4枚で2m弱)というのも売っていますね。
ただし、たった2m弱分のコースなのに1万8千円くらいしますので、50m分用意しようと思ったら45~50万円くらいかかります。
おそらく、ベニヤ板とか塩ビ板などを買ってコースを自作した方が安上がりだと思いますよ。
ベニヤ板なら1m×2mくらいのものが1枚あたり1000円もしませんし、塩ビ版も同じサイズで2千円程度ですからね。
カット加工などを板材の販売元に頼んだとしても、5~10万円もあれば再利用可能な自作コースが作れるんじゃないかな。

皆さんの一番の思い出のミニ四駆はなんですか? わたしは、アバンテがとても好きでした。改造を何台も…(笑)

初めて作ったアバンテXですね。
2台買ったのですが、片方は肉抜きに失敗して割れました…
いい思い出です。

こんにちは!
自分は「ファントム」です。
休日にはよく近所のおもちゃやさんのミニ四駆のコース借りて友達と遊びました。
田宮模型の地元(静岡県)なので、工場にも見学に行き、大会用のコースに圧倒された記憶があります。今また密かなブームみたいですね。

思い出は若い方には全く分からない最初期のミニ四駆です。小学生の頃ぐらいだったかな?
ピックアップトラックタイプのハイラックスとか。

ミニ四駆カタログに載っている初期シリーズですね。

スピードよりのオフロード向けでした。
自分で改造して、トラックの荷台部分にギアーボックス付けて、ウインチ使って急斜面よじ登らせたりして散々いじくり倒したな~~~

今のと違ってコンパクトでないので、いじるスペースも多かったんですよ。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ