セスキ炭酸ソーダの活用法、使い道について

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 素材辞典

最近、お店の掃除コーナーでもよく見る「セスキ炭酸ソーダ」というもの。

どう使うのか、どういった特性があるのか知ってますか?

効率のよい使い方も紹介します。

STEP1一般的な掃除用洗剤とセスキ炭酸ソーダについて

ワイドマジックリンとセスキ炭酸ソーダ

今頃セスキ炭酸ソーダを店でみて台所に使えそうと思い買いました。
さて油汚れは今まではワイドマジックリンとマジックリンスプレーを使っていました。
セスキ炭酸ソーダが安いのでそれにしたいのですが
台所で使う場合、ワイドマジックリンと使い方に違いはありますか?

住宅のクリーニングをしています
キッチンの脂汚れを短時間に落とすのであれば、セスキ炭酸ソーダと、
マジックリンとでは、あきらかにマジックリン原液が有効です。
ただ、薄いシミのような長い間かかって出来たような汚れでは
セスキ炭酸ソーダを吹きかけた上にキッチンペーパーを貼り
その上から、時々乾かないようにスプレーでセスキを吹き付け
一晩おくとじわじわと効いて、汚れが落ちますが、マジックリンは
強力すぎて長時間浸すと、下地を(特に塗装、メッキ)傷める恐れがあります。
セスキ炭酸ソーダ水を一度沸騰させると、強力になります
色々と試してください

マジックリンもセスキ炭酸ソーダも弱アルカリ性です。油汚れは酸性です。

アルカリは酸性の油脂(汚れ)を中和して溶かす性質がありますからどちらも台所汚れに利用出来ますが専用洗剤には界面活性剤や防錆剤が含まれています。

界面活性剤は溶け出た油脂が剥がれやすく再付着させない効果があります。
防錆剤は酸性の汚れで錆びやすくなっている部分を保護する作用が期待出来ます。

もちろんセスキ炭酸ソーダには界面活性剤や防錆剤なんかは含まれていません。使用方法や効能に違いがあればこそ専用洗剤の存在価値があります。

でもセスキ炭酸ソーダは¥100ショップでも売っているような安いものです。迷わず使ってみてご自身で確認されたらよいです。見た目に大した差は見つからないかも知れません。

STEP2重曹やクエン酸との違い

重曹などの洗剤

いま、重曹、セスキ、クエン酸、過炭酸ソーダなどありますが
何が違うのでしょうか。

宜しくお願いします

それぞれ性質が異なり、得意分野があるので、用途によって使い分けます。
http://www.live-science.com/honkan/partner/

下記引用(http://store.shopping.yahoo.co.jp/sgc-flame/sg-0020a.html
≪特徴≫
■クエン酸(酸性、食品添加物グレード)
カルシウム等のミネラル分を溶かします。
アルカリ性の物質を中和します。

■重曹(弱アルカリ性、食品添加物グレード)
人体に無害で、食品や医薬品として利用されています。
油脂やたんぱく質の汚れを分解します。
粒子が細かく、水に溶けにくいです。
加熱すると分解して炭酸ガスを発生します。
酸性の物質を中和します。

■過炭酸ナトリウム(弱アルカリ性)
酸素系漂白剤の主成分です。
水に溶けると炭酸ソーダと過酸化水素に分離し、その過酸化水素の酸化力で、漂白、除菌、消臭を行います。

■セスキ炭酸ソーダ(弱アルカリ性)
炭酸ナトリウムと重曹の複塩です。
重曹よりも水に溶けやすく、アルカリ性も重曹より少し強いので、洗浄力があるのに手荒れの心配が少ないです。


≪用途≫
■クエン酸
・水回りの水垢やポットや洗濯槽に沈着した汚れ(ミネラル分)を落とします。
・アンモニア等のアルカリ臭を消臭します。
・酸味料として食用に利用されています。

■重曹
・レンジ回りや換気扇の油汚れを落とします。
・重曹と水を鍋に入れて熱すると二酸化炭素の泡が発生しコゲを落とします。
・粒子が細かく水に溶けにくいので、磨き粉として利用されています。
・重曹湯は、血管を拡張し血行を促進するので、入浴剤として利用されています。
・加熱すると炭酸ガスが発生するので、ふくらし粉として料理に利用されています。
・生ゴミや靴箱などの酸性臭を中和して消臭します。

■過炭酸ナトリウム
・布製品や器物を殺菌漂白します。
・食器洗い機の洗剤として利用されています。
・炭酸ガスの発泡力を使って、洗濯槽や排水管パイプの洗剤として利用されています。

■セスキ炭酸ソーダ
・血液の汚れを落とします。
・キッチンのベタベタな油汚れを落とします。

重曹は炭酸水素ナトリウムの溶液で弱アルカリ液です。油脂による汚れを除去できます。
セスキは上記重曹を加工して使いやすくしたものです。
過炭酸ソーダは重曹と過酸化水素の混合液です。漂白作用があります。

クエン酸は弱酸性の溶液です。アルカリ性のよごれ(水アカ汚れ、石けんカス汚れ、トイレの黄ばみ等)を除去するのに使います。

STEP3目にはいったら失明する?

セスキ炭酸ソーダは目に入ったら失明する?

セスキ炭酸ソーダは目に入ると失明する危険があるとネットに書いてありましたが・・・
よく、水とセスキを混ぜたスプレーを自作して使うといいとネットで見かけますが、スプレーだと間違って目に入る場合もありそうですよね。スプレーとしてはなるべく使わない方がいいのでしょうか?

また、お風呂に大さじ1杯入れると入浴剤変わりにもなると書いてありましたけど、こちらもうっかり目や口に入ってしまいそうな気がします。
商品の裏には目に入ったら洗い流せばいいとのことなので、そこまで気にする必要はないですかね?詳しい方教えてください!無知でわかりません(>_<)

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性で、成分の中にタンパク質を分解する
物が含まれています。目に入ると角膜のタンパク質を分解してしまう
ため、直ぐに目を流水で洗い流して眼科で診断を受けるように書いて
ある訳です。措置が早ければ失明する事はありませんが、そのままに
されて放置すると失明の可能性は高くなります。

風呂の湯量は最低でも200L前後ですよね。この量に対して大さじ
1杯では希釈率は何%になるでしょうか。この程度に薄めた物では通
常の湯と変わりませんから、風呂に入れる場合は別に問題は無いと考
えます。洗濯と風呂では希釈率は違いますよね。それを良く考えて見
ましょう。

Q:
スプレーとしてはなるべく使わない方がいいのでしょうか?
A:
自分の顔に掛けなければ良いのでは?
心配ならスプレーでは無く、セスキ炭酸ソーダ水をキッチンペーパーに、染み込ませて使用すれば良いと思います。
但し、セスキ炭酸ソーダ水は強いアルカリ性なので、ゴム手袋はした方が良いと思います。

Q:
お風呂に大さじ1杯入れると入浴剤変わりにもなると書いてありましたけど、こちらもうっかり目や口に入ってしまいそうな気がします。
商品の裏には目に入ったら洗い流せばいいとのことなので、そこまで気にする必要はないですかね?
A:
湯船の御湯は約180L~200Lなので、大さじ1杯入れたところで、それほど刺激があるとは思えませんが。
少し気にしすぎかと思います。

STEP4効率のよい使い方

油汚れを効率よく落としたい。

以前の続きを質問させていただきます。
台所の壁全面の汚れについて、「セスキ炭酸ソーダ+電解水クリーナー」をスプレーすると瞬時に汚れが落ちます。
あと、飛び散った油が点々とついていますが、固まってしまっているのでこれは上記クリーナーをかけても溶けません。
クリーナーをスプレーしてドライヤーで溶かせるかと思いましたが30秒ぐらいではだめでした。
分単位で長く熱したら溶けますか。

お湯を使ってみてください。
出来れば熱い蒸しタオルの様なものでも
効果があると思います。

もし無理でしたら、スプレーした上から
ラップを貼って、その上から熱めのタオルを
押し付けるか、何か熱いものを!

スチームアイロンがつかえれば落ち易いと思いますが
場所が場所ですし、絶対のお薦めしません。

要は温めることで分解されます。

他には、炭酸ソーダを吹き付けた後にクエン酸を
吹きかけて浮き上がらせることです。

「セスキ炭酸ソーダ+電解水クリーナー」というのはスプレー容器に入った商品名ですか。

長い時間かけてこびり付いた汚れは効率よく簡単には落ちません。手間が必要です。

「セスキ炭酸ソーダ」の粉末を買い求めます。¥100ショップにもあります。
これに水を加えてヨーグルト程度に溶かしこれを汚れの部分に刷り込み1時間くらい放置します。(乾いたら水を吹きつけします)
後は濡れフキンや濡れキッチンペーパー等で拭き取ります。1度で取れない場合は放置の時間を長くして何回も繰返し行います。これで綺麗になりますよ。

油汚れ」には市販の「スプレー式マジックリン」が良く落ちます。
壁面に「マジックリン」吹き付けて数分待ってから雑巾などで拭き
取ります。
汚れが残っている時は、再度マジックリンを吹き付け擦り取るよう
にします。
なお、最後に絞った雑巾で表面をきれいに拭き取ります。
下のURLをクリックして参考にすると良いでしょう。
「マジックリン/花王」
http://www.kao.com/jp/magiclean/

セスキ炭酸ソーダを粉のまま濡れたふきん(マイクロファンバーだとなお良い)につけて、それでこするとどうでしょうか?
うちでの油汚れは、大抵それで取れています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ