フットゴルフの基本的なルール

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:651
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by JFGA

フットゴルフはほとんどの場合レフェリーの立ち会いなしに行われる。
また、フットゴルフゲームは、プレーヤーの一人ひとりが他のプレーヤーに対しても心くばりをし、フットゴルフ規則を守ってプレーするというその誠実さに頼っている。
プレーヤーはみな、どのように競い合っているときでもそのようなことに関係なく、礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら洗練されたマナーで立ちふるまうべきである。
これこそが、フットゴルフの精神である。


常にゴルフウェアを着用する

Photo by JFGA

画像は推奨する服装です。

順番について

スコアカードを見直して、自分の順番を待つこと。

自分のキックが他の選手の邪魔にならないように注意する。

蹴り方について

ボールは一挙動のみで蹴らなくてはならない、足の裏を使ったキック、ボールをすくい上げるキックをしてはならない。

次のプレーについて

ボールが完全に止まるまでは、次のプレーを待つ。

(風により転がるボールを止めることは認められていない)

キックオフ(ティーオフ)について

マーカーの間でボールをキックオフ(ティーオフ)すること。


キックオフ順は、前ホールのスコアを元に定める。

前のホールで一番良いスコアを記録したプレーヤーが次のホールで最初にキックオフし、2番目に良いスコアを出したプレーヤーがそれに続く。

蹴る前のボールについて

ボールがあるがままにプレーする。

蹴る前にボールを動かしたり、障害物から移動させることは認められていない。

例外: ボールが多少なりとも、他のプレーヤーのキックやボールの妨げになる時は、マークしたりボールを持ち上げることができる。

最初にボールを蹴る人は?

カップから一番遠い位置にいるプレーヤーが最初にボールを蹴る。

打罰について

ボールがウォーターハザードに落ちたら、ボールがそのハザードに入ったと思われる地点に一番近い場所から2歩以内にリプレースし1打罰を受ける。

または、1打罰を受けその前にキックした地点にボールを置きキックする。

リプレースについて

グリーン上でのみ、ボールをピックアップし汚れを落としてリプレースすることができる。

カップからの距離に関わらず、完全ホールアウトしなければならない。ゴルフで言う“OK”は認められていない。

まとめ

プロフィール

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ