雨の日だって退屈知らず 園児向け・小学生向け「室内遊びあれこれ」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:716
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

梅雨に入ると雨続きで外で遊べなくなって困りますよね。


でも、今回はそんなお悩み・鬱憤を晴らすべく、園児向け、小学生向けの室内遊びあれこれを集めてみました。

いや、雨にも負けずどうしても外に行きたいんだ!という時の行き先もありますよ。


降っても照っても、子供は元気!

室内遊び 園児向け

グーチョキパー遊びはいかがでしょう?
お金も道具も必要ありませんし、無限に遊べます。

新聞紙を使っての遊び。
びりびり破いたり、服にしてみたり。
最後は黒いゴミ袋に入れて、天上から釣りさげ、おばけの出来上がり。
パンチしたりして遊びます。

小麦粉粘土。
小麦粉に塩を少し加え、適当な硬さになるまで水を加えながら練ります。
色をつけるには、食紅もありますが、お金を使わないのなら、梅干の汁、紅しょうがの汁、インスタントコーヒー、抹茶などを加えます。粉末のものは水で延ばしてから加えます。
クッキーの抜き方等で抜いて遊ぶのも楽しいです。
今はこれくらいしか思いつきませんが、楽しいですよ。

1)かくれんぼ。普通に人が隠れたり、子供の好きなおもちゃを隠したり。

2)壁のぼり。床に手をついて壁を足で登っていく。(体育教室で逆立ちの前練習でしてました。)これは十分お子さんを見てないといけないかも。

3)手押し車。

4)鼻、鼻、鼻~目というのを我が家では
”デカデカデカ(手拍子)デカレッド!(頭をおさえる)”
レッド=頭、グリーン=頬、ピンク=唇、ブルー=耳、イエロー=鼻、マスター=手を胸の前で交差
デカレンジャーを知っていたら楽しいかも。

5)娘の幼稚園でですが、広告を棒状にして、先に紐テープをつけてくるくるまわしてます。

6)折り紙で手裏剣や紙飛行機。広告で手裏剣作るとちょっと危ないです。

7)12色のクレヨンで1本だけ隠し、”何色がない?”これはもうすぐ3歳の息子にはちょっと難しいですが、自分なりに楽しんでます。

道具使うのばかりで申し訳ないですが、身近なものなのでいいかがですか?

薬局なんかで、ティッシュペーパーやトイレットペーパーの入っていた、大きなダンボールの空き箱をもらって、おうちの中でガムテープやカッターで、窓やドアを作って「おうち遊び」をよくやりました。

危ないところは大人が手伝って、牛乳パックを張り合わせてミニ椅子やテーブルなんかも作れます。

遊んだ後のゴミ出しが大変なんですが、子供たちは壊れるまで良く遊んでいました。


あとは、割り箸鉄砲を作り、ヤクルトの容器を並べて、射的もやりましたね。


画用紙でお魚を描いて切り抜き、口のところにクリップをしてセロテープで留め、50cm~1mの棒(あるもので良いですが、適当な棒がなければホームセンターみたいなところに売ってます)にタコ糸で磁石を取り付け、釣り遊びもうけました。
磁石は冷蔵庫のマグネットでも代用できます。


図書館で絵本を借りておいて、読み聞かせも良いでしょう。これぞ晴耕雨読です(笑)

我が家の家遊びですが。
「新聞にキック・パンチ・ビリビリにやぶく」の後はスーパーの袋を持って、「用意ドン」でどちらがより多く拾えるか競争します。楽しく片づけが出来ていいですよ。
さらに、袋の口をしばり、ボールにして子供には大きめの箱などを持たせてぽいっと投げてキャッチさせます。
最後はゴミ箱へシュートでこの遊びは終わりです。

最近好きなのは、紐の下をくぐったり、ジャンプしたりすることです。
だんだん高さを変えていくと、くぐる方法をいろいろ考えるようで、見ていておもしろいです。

雨の日はウチは、家の中でかくれんぼしたり、一緒に踊ったり、体操したり(NHKの番組のまねです)
極力体を動かすようにしてます。
飽きたら、お絵かき、粘土、絵本などで遊んでますが。

年少クラスの経験がありますが雨の日は体を動かすゲーム、遊びをする方が喜びますね。ピアノに合わせて動物さんのまねして室内をグルグル歩き回るだけでも楽しく出来ました。
ただ、室内ですので危険物がないよう事前にチェックしてくださいね。
粘土遊びやお絵描きをするのも喜びます。集中できる事があるといいですね。折り紙などはあっという間に終わってしまうのであまりオススメではないかも。。

4歳になったばかりの娘がいます。
室内遊びで今一番気に入っているのは、コンサートごっこです。
いろいろな歌を覚えてきたので、親は観客になって「キャー○○ちゃーん」と声援を送ると、
娘は調子に乗っておもちゃマイクを持って歌って踊ります。
ステージとして、H10×W50×D30くらいの平たい箱を置いてあげるとかなり盛り上がってくれます。

あとは押入れから飛び降りる遊び(階下に注意)、超ミニかけっこ(廊下を走ってテープを切るまねして遊ぶ)、ふすまに模造紙を貼って巨大キャンバスでお絵かき、簡単なお料理ぐらいですかね…
道具を使う遊びは汚される・散らかされるのは間違いないので、こっちもそのつもりじゃないといけないので
考えますよね。

雨の日でも身体を動かせるような遊びはもちろん、雨の日だからこそアイディアで勝負、かもしれません。

室内遊び 小学生向け

・トランプの「スピード」(流行りすぎて、のちに公式に大会が開かれたほど)
・けしピン
・王様ゲーム
・ものまね大会(という名前でしたが、演奏なしで歌うカラオケ大会でした)
・お絵かき
・こっくりさん
・ダンス
・リコーダー演奏
・好きな人の話
・手遊び系
・追いかけっこ・かくれんぼ
・だるまさんがころんだ
・消しゴムのかすで練り消しを作る
・(いけないことですが…)机に何かを彫る

…思い出せる限り出してみました。懐かしいですねー。

しりとりなんかも、よくやりました。“しりとり歌”みたいなものにハマったこともあります。「正直じいさんポチ連れ“て”きは幾万ありとて“も”もから生まれた“も”しもし“カ”ーカー烏のハトぽっぽ…」みたいな歌でした。ちなみに母は戦時中、歌をさかさまに歌って遊んでいたそうです。「♪たで、たで、がつき~(出た、出た、月が~)」とかね。

こんにちは。
ええと、あまり活動的な物ではないのですが、子供を四人一組にさせて、各班に一枚新聞を配る。それである言葉を提示してその新聞の中から文字を探し出して提示された言葉を完成させるというゲームなどはいかがでしょう?
例えば「百聞は一見にしかず」をお題として挙げる。
子供達はこの言葉を完成させるため、百、聞、は、一、見、に、し、か、ず、の十文字を新聞の中から探し出す、といった感じです。
ゲームとしても楽しいし、言葉を覚え言語力を高められるものだそうです。

小学生はよりワイルドになりますので、怪我や物損に注意、ですけど。

それでもどうしても外出したい!と言う時は

室内アスレチックに行くとか、ショッピングモールのキッズエリアに入れちゃうとか。
色々だろうし。就学前なら科学館とかも面白いだろうし。
普通の日常で雨なら、雨を楽しむのもありだろうし。
つまりは・・・、傘で雨粒が落ちる音を楽しむとか、長靴で水たまりに入ってバシャバシャ遊ぶっていうのも面白いだろうし。風邪ひかれると厄介だけど、その後にお風呂に入って温まるのもいいよね~って。

図書館に行くことが多かったですねー。

屋内プールが喜ばれるでしょう。
最近は、多くの市町村にありますから格安で一日遊べますよ。

プラネタリウムいいですよ。

屋内施設になりますが、あえて雨にうたれて楽しむという手も。

まとめ

雨の日でも楽しく!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ