ドイツを代表する作曲家「シューマン」!「曲の特徴と魅力」「後世の評価はどうなっている?」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

6月8日は作曲家、ロベルト・アレクサンダー・シューマンの生誕日。1810年のこの日、シューマンはザクセン王国に生まれました。当初ピアニストを目指したものの指の故障で断念、その後作曲家となり数々の名曲を残しました。

シューマンの特徴と魅力

反古典派主義であったので、従来の音楽形式をすべて排除し、形式よりも思想や感情に重きを置き、作風は不規則に変化、情緒的で激しい感情表現が特徴です。本の受け売りですが(笑)。

当時の保守的な音楽家からは嫌われていたようです

彼の音楽は、哲学的な背景と文学的な表現が示されており、ピアノ曲と歌曲(リート)が特徴とされています。
また、実家が出版業者ということもあり、幼い頃から文学や音楽に親しみながら過ごしたので、文筆に優れた音楽家だったそうです。

先人や同世代の音楽家の影響を受けず独学で作曲をしたので、シューマンの音楽はシューマンのみが作り上げたものです。

好きな曲や代表曲は?

「トロイメライ」が好きですね。代表曲は「謝肉祭」あたり?

お気に入り
ピアノソナタ
ピアノ協奏曲
クライスレリアーナ

このへんですね

「楽しき農夫」ですね。
http://www.worldfolksong.com/classical/schumann/happy-farmer.html
>『楽しき農夫』は、シューマン作曲「子供のためのアルバム」より第10曲目のピアノ曲。「子供のためのアルバム」は、シューマンが作曲した43曲からなるピアノ小曲集。「ユーゲント・アルバム」、「少年のためのアルバム」とも表記される。

>シューマンの長女マリーの誕生日プレゼントとして作曲された「子供のためのアルバム」。当初は7曲のみだったが、後に追加されて全2部43曲となった。さらにその後11曲が加えられている。

>シューマン『楽しき農夫』の一部のメロディは、スタジオジブリの長編アニメ映画「崖の上のポニョ」主題歌のサビの部分と雰囲気が似ているとの指摘があるようだ。確かに音階的な一致度はそれほど高くないが、大まかな曲調がそれっぽさを感じさせる。キーを合わせて両曲を連続して弾けばさらに明らかになるだろう。

ファンにとって、シューマンの良さは? 好きな曲トップ5もお願いします

シューマンにはまっている人を「シューマニア」というそうです.
私は,作品16の「クライスレリアーナ」にはまっています.
CDは50枚を超えてしまいました.
ショパンも好きで,ピアノ協奏曲のCDも増え続けていますが,シューマンのピアノ協奏曲もいいですね.ということで第2位.
3位は作品9のCarnaval,4位はピアノソナタ第2番,5位は迷った末,「子供の情景」.ピアノ曲ばかりでスミマセン.

シューマンの魅力.ショパンが旋律だとしたら,シューマンはシンフォニックですね.

はまると,散財しますね.お互い気をつけましょう.

そうねえ、シュ-マンのよさ。
一定の考えに固執するとそれにのめりこんでしまうという性格がよく出ている曲がシューマンらしくてよいと思います。
その生涯においては「歌の年」「交響曲の年」とかいう作曲態度の没頭もありますが、同じフレーズを反復するような曲も多いです。わかりやすいので言えば「トロイメライ」とか。
でもそれがただの反復というよりそこから紡ぎ出されてきたものが全体的によい構造を得て出来上がった感じになったものこそよくできた作品だと思いますが、ヴァイオリン協奏曲のように当初から特に第3楽章があまりよく書かれていないとか言われたり、ピアノ協奏曲のように建て増しで作曲したりしたものを好まれる方もいるようです。

個人的な好みでは交響曲第2番、ピアノ五重奏曲が大好物です。

シューマンとブラームスは,こってり濃厚なドイツ・ロマン派のイメージです。
曲によりますが,深く渋いもの,優しさがあるもの,可愛さがあるもの,
いろんな性格があると思います。
好きな曲トップ5は,まず,迷わず出るのがチェロ協奏曲とピアノ協奏曲です。
とても渋い味わいです。チェロ協奏曲の中ではシューマンのものが最も好きです。
交響曲では第3番の方がドイツ・ロマン派という色が濃いですが,
好みでは第1番です。「春」の表題通り,生き生きとした活力を感じます。
ヴァイオリン協奏曲は他の作曲家の作品と比べて少し劣ると見ていますが,
>今回のヴァイオリン協奏曲のハマリっぷり…
私が気付いていない魅力がありそうですね。また聴いてみます。

ピアノ曲も好きです。特に「謝肉祭」は好きで,いくつか聴き比べをしています。
ピアノ曲を聴いて思うことですが,童心のようなものがある人だと思ったり,
精神的に不安定なことはいろいろと伝えられていますが,
光と影のようなものを感じることもあります。
別の方の質問に以前にも書いたことがありますが,
窓の外を眺めているシューマン,外の景色は明るく,部屋の中は暗くて孤独…
なぜか,このような光景を思い浮かべてしまいます。
クララのような行動的な女性と出会わなかったら,もっと「暗」の部分が
強く出ていたかもしれないと想像します。

それで,好きなトップ5ですが,
チェロ協奏曲,ピアノ協奏曲,交響曲第1番,交響曲第3番,謝肉祭
ということにしておきます。

シューマンは好き嫌いがかなり分かれる作曲家ですが、シューマンの一般的な評価はどうなのでしょう。年代によって評価が変わったり、以前は評価されなかった曲が見直されるようになった、というようなことはあるのでしょうか

シューマンは若いときの作曲が圧倒的に名作多いですよね。
私はピアニストですが、シューマンは好きですね。
でもどれを弾いても、分裂症的なところありますね。
だいたい自分を思索的な「オイセビウスと一方ふでそう」でない「フロレスタン」に分けるのですから、
それからして分裂気味ですよね。どれを弾いても又
そこが魅力です。
ダビッド同盟軍とか兎も角奇想天外という感じがしま
す。
しかし弾いてて引き込まれますね。

ピアノの作曲家としてのシューマンの評価は高いと思いますが、ことオーケストラ作品となるとショパン同様それほど高いものではないと思います。まあ、それがシューマンらしさなのかもしれませんが、ブラームスなどに比べると音の厚みなど貧弱に感じます。
交響曲も番号つきが4曲(その他にもありますが)ありますが、第1番や第3番は比較的よく演奏されますが、第2番はいい曲なんですが、あまり演奏されません。同じく4曲書いているブラームスなんかの比ではありません。
確かに地味なのと時間的にも30分と短く、盛り上がりもいまいちということで演奏するほうもあまり取り上げないし、また、聴衆も聴きにいこうという気にいまいちなれないという悪循環でだんだん評価もされなくなってきていますが、有名な指揮者が取り上げればまた復活すると思います。
もし、先日亡くなったクライバーがこの曲を取り上げていたら、今後ゲルギエフがこの曲をとりあげたなら、もっと評価があがるでしょう。
要は演奏する人がすべてなんですよ。世の中金がすべてですから。
いい演奏家が演奏すればCDも売れるのでメーカーも広告する。それで曲も広まるという循環です。

こんにちは。アマチュアのオーケストラ経験者です。
学術的な話,一般的な話ではなく,また,主にオーケストラ曲しか知らない中での私の個人的な見方ですが。

まず,たまに外れもあるWikipediaですが,シューマンの項目はかなりうまくまとまっているようですので,まずそちらを参照されてはいかがでしょうか。参考URLとして添付します。

あくまでも私にとっては,ですが,シューマンといえばロマン派,いや,ロマン派といえばシューマン,です。#1さんもおっしゃっているような表現の起伏の大きさや,熱気と詩情を合わせ持った雰囲気は,とても好きです。

オーケストラでの楽器の使い方については非難も多く(やたらと楽器を重ねるので音がくすむ,と言われています),マーラーが交響曲を編曲したりしています。
作曲技法云々については私はよく分かりませんが,個人的には原曲の響きも曲想にはとても合っていると思います。分厚い内声部が内面の昂揚に通じているようにも感じます(この辺り,感じ方は人それぞれと思いますが)。

雰囲気としては,ほぼ同時期に活躍したメンデルスゾーンの爽やかさと好対照ですね。もちろん,こっちも好きです。

以下,余談(というか自慢)ですが,先日,ドレスデン国立歌劇場管弦楽団の交響曲2番を聴きました。確かに輝かしさはないですが(オケが原因かも^^;),素晴らしい曲,響き,そして素晴らしい音楽でしたよ。

クライスレイアーナについての質問ですが、アウフタ
クトの使い方、2番、又3番の最後の部分、5番もそ
うです。一般の方は全く気が付かれないと思います
が、CDで拍子をとってみると多分拍子が分からなく
なってしまうと思います。この書き方こそシューマン
独特の高揚感を感じさせるのですよね。
弾くほうは、譜読みのときにしっかり読まなくては
なりません。
仰るとおり作曲家にはそれぞれ独特の書き方がありま
す。
ピアニストも世界多しと言えども、全部の作曲家と相性が合うことはないでしょう。

もっと面白いのは、作曲者自身の自筆譜を見ることで
す。
これぞそれぞれの性格が出ていて面白いです。
パソコンで書けるようになるとそういうところつまら
なくなるでしょうね。

まとめ

Photo by photo AC

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ