禁煙週間始まる! 禁煙に成功・失敗した、哀愁漂う その理由とは?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

禁煙週間が始まりました。

「禁煙は難しい?」

「いや、簡単だ。俺は何度もやっている」

「・・・・・?」

それはともかく、今回は

・禁煙に成功した理由

・禁煙に失敗した理由

・なぜか邪魔される理由

と、禁煙にまつわる面白&ちょっとお役立ちのQAを集めました。

私はこれで禁煙に成功しました

自分は昨年禁煙したのでまだ7か月しか経過していませんが
止めたのは健康を害するのが理由ではありません。
健康を気にするなら吸い始めていないと思います。
収入が減って煙草代の捻出が出来なくなったからです。
単に貧しいのが理由なので1番情けないですね。
収入に余裕があればずっと吸っていたいと思います。

現在タバコを1日3箱ぐらい吸っています。

今までに2回禁煙したことがあります。

理由は2回とも、その時遊んでいる女の子に「タバコ、やめた方が良いかな?」
と話題が無かったのでやめる気も無く何となく聞いたら、笑顔で「うん」
と言われたから

言われたその時から、一緒に遊ばなくなりしばらくして、「ん?禁煙している
理由が無い」と思い出すまで禁煙しました。

私が禁煙する理由はコレだけです。

本当に吸いたいなら値上がりは気にならない………
本当にそうでしょうか。
私が禁煙をした理由の一番はこれでした。

訳あってお金を貯めることになったのですが、1日一箱で一ヶ月でも「ここはけずれる」と思って禁煙に踏み切りました。喫煙を継続するより大切なことでしたので。

あとは結婚を機に、いつか妊娠したときにやめるのがつらいと思ったんです。
やめる時期がいつかくるなら、値上がりのタイミングでやめてもいいかなって。

僕の友人はヘビースモーカーでおしっこが黒くなったらしく
身の危険感じて辞めたらしいです。

身の危険を感じるほどの体調の変化から経済的な理由まで、色々ですね。

私はこれで禁煙に失敗しました

タバコ。

ニコチン中毒でしょう。

日常的にタバコを吸った経験がなければ、当然のことながら、理解不能です。

また、酒は止められても、タバコは、中々止められないという人も多い。

ただ、毒物であり、中毒になる代物ではありますが、ドラッグや麻薬、覚醒剤とは、明らかに違う点があります。

ドラッグや麻薬は、その中毒性と依存性から、100%人生を棒に降る危険性があるのに対して、タバコは、たしかに有害無益であるばかりでなく、身体にとっては、まさに何のメリットもないものでありながら、健康被害や病気になる危険性を除いた時、むしろ、精神の安定、リラックス効果、会話の間などの有効な要素も多く、人生を棒に降ることは、ありません。

だからこそ、市販され誰でもが気軽に購入できるのです。

ただ、禁煙運動が始まり喫煙者が現在のような立場に置かれるに至るのに35年以上の年月が経過しましたが、タバコが有害で、しかも、無益なものであるという認識が社会に拡大したことは、結構なことだと思いますが、
いかんせん、やはり、タバコも軽い中毒ですから、中々止められないというのが現実です。

11年前に煙草を止めた元喫煙者です

こればかりは正直に言って、経験者でなければ判りません
逆に言えば、未経験者が判る筈も有りません
ですので、さも『こんな簡単な事が何故出来ないのか』なんて思わないで下さい

>なんだかそう考えるとドラッグみたいですよね。

仰る通りです
喫煙に関する依存症のメカニズムは、ドラッグにおける依存症と
全く同じプロセスです…精神異常を起さないだけで

喫煙者の脳は、煙草を吸うとニコチンが脳の受容体に吸収されると
その刺激を脳は快楽と認識します

その快楽は煙草を吸う事により得られる訳で逆に煙草を吸わないと
快楽が得られず、それがストレスとなりイライラする訳で
その状態で煙草を吸うと、脳が快楽を得て満足するので
イライラが無くなる訳ですが
その時に体はと言うと、喫煙により微量な一酸化炭素を吸収する為
軽い酸欠に陥り、末端の毛細血管が縮小し、血圧も上昇します
煙草を吸う事は体にとってはストレス以外の何物でもありません

ですが、人間の精神は脳が支配しているので
脳が満足すればそれで満たされる訳です

で、禁煙出来るか否かの境目は、ニコチンが切れた際の
脳の欲求を抑えられるか否かになりますね

だって タバコが 安いもん。

お酒の席で他人が吸っているので我慢できなくなってしまいましたね・・・

他にストレス解消になるものがうまく見つからなかったです

快楽を感じさせてくれていたものが、安く手に入って、他の人が吸っているのを見せられて、その時自分がイライラしていたら、抗うのは大変。

なぜか邪魔される私の禁煙

禁煙を邪魔される

私は20代前半の女ですが、自身の健康や美容の為に現在禁煙中です。
まだ禁煙1週間しか経っておらず、吸いたい欲求はもちろん少しあります。
(少し前に失敗し、すぐの2度目の禁煙です。)

私の行った方法は、、
禁煙モチベーションを保つ為に、禁煙した事によるメリットを色々調べてました。

好きなお酒も我慢して、気持ちを強く持って乗り切ろう、やめようと思っています。


ところが、一緒に暮らしている喫煙者の彼(20代後半)に邪魔をされてしまいます。

基本的には煙に気を遣ってくれたりしますが、、
彼は自分の喫煙を否定されるのは物凄い勢いで嫌がります。


例えば、私が久々のお酒を飲んだ時に、
「お酒を飲むんだったらタバコも吸えば良いじゃないか。本当はタバコに依存性はない。
タバコの害だって本当は言われている程大きくはない。
お酒飲むくせにタバコは否定するのか。タバコの事を悪く言わないでくれ。」と言われました。

彼曰く、
タバコより害や依存度の高いお酒は飲むのにタバコは吸わない私の態度が、遠回しにタバコを否定している、そんな風にされたらタバコを吸うにも気を遣う、というところで許せないようです。

さらに、禁煙メリットの内容を私が何気なく口にしていたことも苛立ちの原因の1つとのことです。
→「タバコやめると肌がキレイになるらしいよ!(^-^)ワクワク」など。。

ほかに、彼の環境(職場など)は喫煙に対して緩い?ということも彼が愛煙家な理由だと思います。



私は、今すぐ彼に辞めてほしいと思っているわけではありません。
もちろん自分自身で考えているように、彼の健康について心配していない訳ではありませんが、
私も喫煙していたので気持ちもわかるし、彼の環境もあるし、辞めてほしいと気持ちを押し付けたくはないのです。

(このような私の考えについては、彼には伝えています。)


私の気持ちとしては、そんなに意地にならずに、応援してほしいなと思ってます。
…趣味として良いところは良い、ただ悪いところは悪いと認めることも必要ではないかと…
少なくとも、喫煙によって良いことはないと思いますし。。

確かに、私自身も世の中の嫌煙ムードには少し疑問も持っていました。
がんの発生率は年々上がっていくのに、喫煙者の人数は減少していることをご存知の方はどれだけいるのだろうか?など。
しかしそのような疑問を持ったのは、屁理屈言いたかった訳ではなく私の元々の性格であり、
(私の性格:表だけではなく裏も知り、はじめて物事を理解すると思っている)
結果としてタバコは良くないと思うから、現在辞めている訳です。

けれど彼は、タバコについてのマイナス意見の否定をしてばかりで、タバコは身体にそこまで悪くはない、というスタンスが崩れません。


全く応援もしてもらえず逆に怒られてしまい、気持ちが落ち込みます。

なにより、、
私は女性として、身体への害や出産の事など、喫煙をやめることは大切なことと思っていましたが、
彼にはそのことが理解できないし、理解するつもりもないのか??
そんなことよりも自分の喫煙のことの方が重要だ。という彼の気持ちが非常に悲しいのです。



まとまりのない文章ですみませんが、ご意見やアドバイスを頂ければとうれしいです。

宜しくお願いします。

いやいやいや、彼は本当は喫煙の害についてもわかってるし、キミの言ってる事も十分わかってると思いますよ。全部わかってるのに素直に賛同して応援してあげられないのは自分は真似出来ない(禁煙出来ない)から、なんとなくその事にダメ出しされてる気になってるから。だから難癖つけてるだけ、ただそれだけだと思いますよ(笑)

よく、若い女の子で「ダイエットしなきゃマズイよぉ~(泣)」なんて言いながらもお菓子を食べてる子っていますが、いざそれを彼氏君に「じゃぁ、お菓子食うな!」と責められると、「ポテチだもん!」(だから?)とか「xxxのケーキは野菜使ってるからカラダに悪くないじゃん!」(そーいう問題?)なんて支離滅裂な返答しては彼氏君をキィーー!!!とさせる、なんて話を聞きますが、まぁ、それと一緒ですよ(笑)

「別にそっちにも禁煙を強要してるワケじゃないんだから、協力はしてよね。男と女は違うんだから!」と、なんだかわかる様なわからない様な事を言っておけば、放っといても知らないうちに協力的になると思います。

禁煙について

1日6ミリタバコを約2箱弱すってます。

一年前位に半年、喘息にて止めざるを得なく吸わずで居られました。
半年半年経つ頃に誘惑に負けて吸い出してから一年経ちました。

しかし、喉の調子が悪くて止めようと努力をしてますが、数時間経てばまた吸いたくなり吸ってしまいます。

吸いたくない理由は、

朝起きた時の咳き込み過ぎ。(寝てるとき咳き込み過ぎて寝れない事もある)

蓄膿症持ちで鼻水垂れ流し

一日中ぜーぜー喉がなる

タバコ吸うとだるくなる


こんだけ立派な理由があるのに止められないなんて、恥ずかしい話です。

やっぱり、意志なのでしようか?それとも禁煙!と思ってるからのプレッシャーでしょうか?

恥ずかしながら、アドバイス等宜しくお願いしますm(_ _)m

>>朝起きた時の咳き込み過ぎ。(寝てるとき咳き込み過ぎて寝れない事もある)
>>蓄膿症持ちで鼻水垂れ流し
>>一日中ぜーぜー喉がなる
>>タバコ吸うとだるくなる

これらはすべて「身体が上げている悲鳴」ですよ。
あなたの身体はタバコが嫌で嫌で「助けてくれ!!」と叫んでいるのです。

その声に耳を傾けてください。誰でもないあなたの身体ですよ。

タバコを吸いたいと感じているのはあなたの脳だけ。
でもあなたの身体はタバコなんか絶対に吸いたくないんです。

それでも、あなたは本当にタバコが吸いたいと思い続けますか。

他人であろうが自分自身であろうが、仲間は欲しい・・・?

まとめ

禁煙しているその努力を、皆で応援しましょう!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ