インド特集!「インドの魅力」「インド中毒とは?」「食事は3食カレー?」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

5月18日はインド発見の日。1498年のこの日、バスコ・ダ・ガマがインドを発見しました。

https://okwave.jp/

インドという国の魅力はなんでしょう。好き嫌いがすごく分かれる国らしいですが・・・

そうですね、嫌な人は嫌でしょうね。
私は、北インド・南インド・ラダックと3回行きました。
まぁラダックはインドじゃないと言われればその通りなんですが。

とにかくインドは時間にルーーーーーズだし、朝昼晩えらい辛いカレー食だし(ずっと下痢でした)、便所に紙は無いし(神は居るかもしれませんが)、道路交通はメチャクチャだし、物乞いだらけだしで嫌な人はてっきり嫌なんでしょうね。
ガイドに「今まで列車、最高どれくらい遅れた事あんの?」と訊いたら「24時間」と。
なんと、夜の8時から翌朝8時まで、待合室の硬い椅子で日本人観光客と待ってたそうです。
なんでそんなに遅れんの?との答えが「インドだから」って。
突っ込んで訊くと「運転手、酒飲んで寝るんだよね、酒飲んでる間も残業手当付くし」って。
よくよく訊くと、霧が深くて走れないかららしいけど。

でもそれを面白いと思うかどうかなんでしょう、と思います。
(私の場合は、出発遅れなしで到着2時間半遅れで済みました。ガイドには、凄いラッキーだよ!って言われました。)

観光するにしても、北インドのガンガーとか、南インドのバターボールにしても、大岩を彫刻した遺跡にしても、感動ものだと思います。

詳細書いてますんで、よかったら視てください。↓
https://blogs.yahoo.co.jp/iro1616jp/folder/916329.html?m=lc&p=7

私が行ったのも、もう10年ほど前です。

やはりカースト制の影響なのか、貧富の差がとても大きく感じました。

私はムンバイからプーネまで、バスで4時間ほど旅しましたが、バスの冷房が効きすぎてお腹が痛くなり

途中の休憩タイムまで、死にそうになりました^^

(バスの運転席と客席は板で区切られていて、話すことができませんでした)

滞在したホテルは、清潔感があり、ミネラルウォーターなどもあったため、快適でした。

帰りに寄った高級ホテルも、見たこともないような金ぴかな豪華なホテルでした。

でも、車窓の風景は牛が歩いていたり、一歩外にでると、物乞いがいたり、落差が激しかったです。

そういう混沌としたところが、魅力とも言えますが、私ももうたぶん、行かないと思います(笑)

日本に帰ってきて、心底ほっとしましたから。

(逆に、日本の美しさ、静けさ、清潔さがいかに素晴らしいか、改めて感じさせられました)

学生時代の最後の旅行、卒業旅行で行きました。

南のボンベイからデリーへかけて行きましたけど、
旅途中でひどい下痢・・。死ぬかと思いました(笑)。

寝台列車に乗ったらトイレの便座も超汚いし、
便座から音がしているので、そぉ~と覗くと何か動いています。
なんと、レールが見えていたんですよね(笑)。
直通でした。

とにかく大変な旅行でしたけど、数年は大嫌いでしたね(笑)。
しかし、そもそも歴史の長い国なので、遺跡はたくさんあるし
貧乏な国だけど、金持ちは大金持ちだし、人は多いし、
カーストは廃止されていてもその名残はずぅーっと残っているしで、
ものすごくカオスな世界です。中国もインドネシアも汚いところは
ありますけど、インドの壮大な汚さには及びません。
なんでもかんでも平均的、右に倣えな日本と比べると、
そういうのはやはり魅力ですね。

社会人になり中国や東南アジアを仕事でたくさんまわりましたけど、
インドを超える国はないですよ。
ニューデリーなんかは都会だからみんなシュッとしているけど、
駅には巨大なネズミが走り回っていたり、列車が来るまで
敷物しいて寝て待ったりと、ホント混沌とした国です。

あれから何十年も経ちましたけど、魅力いっぱいの国だと思います。
もう一回行きたいかって?いや遠慮しときます。

インド中毒ってなんですか?

インドにはまってしまう人の事でしょう。
インドにはまってしまい、長期滞在したり、日本とインドを行ったり来たりする人がけつっこういるようです。
インドでの生活(といっても何かをするわけではなく、ただダラダラとした生活・滞在をするだけですが)が中心となり、お金が無くなると日本に戻ってお金を貯めて、またインドへ行く事を繰り返すような人がけっこういるようです。
インドに旅行して行方不明になり、家族があきらめたころ、ひょっこり帰ってくる人もけっこういるようです。

ちなみに、旅行中犯罪に巻き込まれた形跡がないのに行方不明になる人は、インドが最も多いそうです。

インド中毒とは、インドの国にハマッた人のこと。
インドを愛しちゃった人のことです。

1960年代ヒッピーブームでした。
ヒッピーとはURL参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC
日本の何かに問われず生きていく若者が多くなり、インドのゴアに行ってイゴゴチがよく、そのまま現在も帰ってきてない日本人が多数います。日本の行く不明の人数もインドのゴアにいるんじゃないでしょうか。
現在彼は60代70代でしょう。一度も日本帰ることなくゴアにいる日本は海外旅行の本を作る記者によって数名確認しています。
数名の日本人の主な収入は麻薬などを売買して生計をたてている模様です。その記者がゴアで日本人と思われる60~70代の男性に声をかけました。
「あのヒッピーが流行った時期にインドにきたのですか?」「日本帰らないんですか?」「ご両親と連絡は?」そういう言葉を現地の日本人にかけると、話したがりませんでした。その他は日本語の名前、日本語で会話してくれたそうです。
彼らはのん気生きていました。

現在の若い男性もインドを溺愛し、インドに何度も足を運ぶ人がいます。もちろんゴアに行く目的の人も多いです。
浜辺でのんびり一日過ごして、誰でもフレンドリーに話しかけてくれて、まるで絵で書いたような天国だと、日本人の誰もが言います。

インド中毒は1960年代~1970初期にインドの行きそのまま帰って来なかった日本人のことを主に言ってると思います。
それがインド中毒の始まりだと思います。
※日本に帰って来なかった人のこというわけではありません。

私もインドに行きましたが、インド中毒の手前ぐらいで、インドの思い出を思い出すとドーパミンが増えます。
煙草吸いたい=インド行きたい
同じ感じです。

インドの人は3食カレーを食べるのですか?

3食を食べる人もいますよ。
日本以上にグローバル化が進んでますので、インド=カレーではなくなってるように思います。

まぁ、日本人がインド人に対する偏見の1つでしょうね。

日本ではbreakfastもスシだと思われてるのと、同じレベルでは?

アメリカにいます。近所でインドの人とお友達になりました。カレーはよく食べるけど毎日ではないそうです。ご馳走してもらったのはサラサラしたチキンカレーでした。香草やスパイスの効いた初めて食べる味でした。ご飯もサフランライスで本格的。ママ直伝だそうで、おうちごとに自慢の味があるそうです。私の方も日本のルーでチキンカレー(牛・豚は×)をご馳走しましたが、初めての味と言われました。でも、お代わりしてたから満足してくれたんじゃないかな。朝昼は普通にパン食やパスタなど食べるそうです。夜に時間かけてカレーすることが多いとか。

まず、インドは暑い国と思われているのですが、南インドでは最高気温が50度になることもあれば、北では零下になることもあり雪も降ります。
人口は10億人強で、8割を越える人がヒンズー教ですが、キリスト教徒もいれば仏教・ジャイナ教・シーク教などの人もいます。イスラム教徒だけで、日本の人口以上の信者がいます。公用語もヒンディー語を始めとして18言語が認められています。
最近は垣根が低くなったとはいえ、いわゆるカースト制度は1000を超える分類がされていました。カーストを超えた結婚が難しいため、新聞には結婚相手を募集する人の欄が、何ページにも渡って掲載されています。

このような状況ですので、一言で「インド人」と言い切ることができないのを理解してください。
地域・宗教・環境・気候・民族・カーストなどにより食べ物にも違いがあります。
(日本でも、北海道の人と沖縄の人で食べ物が違いますよね。)


さらに大事なことは、インド人から見るとカレーという食べ物が存在しないということです。
もちろん、日本人がカレーと分類している料理は存在するのですが、インドでは日本で売られているようなカレー粉(およびカレールー)が無く、ガランマサラなどのミックススパイスとターメリックなどの単体のスパイスがあり、これらを使った料理が存在しているのです。
(カレー粉は、インドを支配していたイギリス人が作り出した物です。)

判りやすく言うと、日本人がカレーと称しているのは、インドに沢山ある「香辛料を多用した料理」であり、それらは日本での「醤油で味付けした料理」と同じだと考えれば良いでしょう。「インドの人は3食カレー食べるんですか?」という質問は、「日本人は3食醤油で味付けした料理を食べるのですか?」というのと同じ意味であり、基本的には「YES」です。
ただし、日本人もハンバーガーなどを食べたり、刺身などの様に「醤油を使った料理」ではなく「食べるときに醤油を付ける」程度の食べ方もありますので、インド人もいわゆるカレーだけを食べている訳ではありません。日本で知られているタンドリーチキンなどが良い例ですね。

以上。

インドに住む条件って何ですか?

通常ビザは6ヶ月有効です。6ヶ月を超える場合は、現地で外国人登録をする必要があります。この場合、エイズにかかっていない証明書が必要です。

インド人の配偶者となる場合は、5年間有効のビザが取得できます。必要とあれば、20年有効の永住権も取得できます。

業務査証についてお答えします。

まずは、6ヶ月の観光査証での滞在期間内に就職活動をしてください。

めでたく採用が決まったら、一旦日本に帰国して在日インド領事館に改めて査証申請をします。
申請には、旅券や写真などの他、雇用契約書や招聘状、英文経歴書、その会社の投資認可証など様々な書類が必要です。

思ったより難物ですよ。
フリーアルバイター的にお考えでしたら、業務査証は絶対におりません。

一般にどの国も、外国人労働者の受け入れには消極的ですので、日本へ帰国する人の交代だったりすると比較的楽ですが、新規や増員の場合はなかなか大変です。

日本にいるうちに、日印間の貿易や旅行などを取扱っている会社で、現地派遣要員を求めていないか探してみてはいかがですか。
旨くはまるものがあれば、これが一番の近道です。

まとめ

Photo by photo AC

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ