新生活が落ち着いてきた頃になる「五月病」 原因と自分で出来る対策を知ろう

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

そろそろ4月も終わりですね。新年度が始まって、新しい生活を始めた人も多いのではないでしょうか。

そんな張り切っていた時期が落ち着いてきてなりがちなのが「五月病」!

今回は

・五月病って正式な病名?

・五月病になぜなるの?

・もしかして五月病?と思ったらどうしたら?

等、早めに五月病についての情報を仕入れられる、お役立ちQAを集めました。

五月病って正式な病名?

正式な病名では、ありません。
六月病、もあるのですが
医師が、プチ鬱なんてポップな言葉を使うはずもなく
環境の変化についていけないことで起きる
精神疾患として 適応障害 がある
とか診断するようです。
患者との話で、五月病ですね!なんて言うことは
あると思います。

たとえば、発症も五月と限定されず
学生なんかは、夏休みを終えた九月ころに発症することも
あるようです。

「五月病」は、新人社員や大学の新入生などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称です。医学の教科書に「五月病」という病名は(正式には)ありません。医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」と診断されると思います。
 五月病の代表的な症状は、なんとなく気分が落ち込む、疲れやすい、仕事や勉強・家事などに集中できない、眠れない等です。4月に仕事や学校、転居などで環境が変わった人には、気がつかないうちに肉体的な疲労と精神的な緊張が溜まっていきます。これがGWの休暇で途切れることで、無理していた分のツケが回ってきて、五月中旬くらいから上記のような精神的な症状が出現します。
 わりと本格的な病気のように思われますが、これは病院などで使われる正式な病名ではなく、現実にはきちんとした定義もないのです。経験的に、この時期に同じような症状を訴える人が多く、原因がわかりやすく思い当たることから、それらを「五月病」と総称している、ということのようです。

抑うつ状態である可能性はありますね。どの本か忘れましたが、五月病のことを触れたうつ病の本を読んだことがあります。うつ病の診断にはICD-10あるいはDSM-IV-TRの診断基準を満たす必要があります。単に抑うつ状態だからうつ病とはなりませんのでご注意ください。

Apathy Syndrome(=無気力症候群)の学生版の
Student Apathy Syndrome が日本では「五月病」と言われていた
のですが……それがいつしかサラリーマン等にも適用されるように
なったのですね。

[Apathy Syndrome は、
分裂病(=精神分裂病=Schizophrenia=統合失調症)の
陰性症状でもあります]

「五月病」の原因には、個人差があり、中には、
燃え尽き症候群的な人もみられますので、単一の原因で、
レッテル貼りができたり、決めつけられるといった
ような状況にはないような印象がありますけどね。

日本の学生の「五月病」は、50年以上の歴史があるのでは
ないでしょうか。
CiaoCiao.

五月ごろによく見られる不調はみな「五月病」で、とりあえず括っとく感じ?

五月病になぜなる?

環境に対応できない状態がたまたま5月ごろに出る状態のようです。(新人に多いとのこと)

>連休前に不具合が発生したとして連休中に不具合を直せば済むことだと思う
そのとおりですが、すぐに環境に適応できない人は連休中にも思い悩むこともあるようです。(個人の性格によっては改善される場合と増幅される場合とに分かれるようです。)

参考:
http://www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/gsk/top_topic/topic_67/mdcl_info.html

五月病というのは、元はといえば新入社員が五月になると出てこなくなることが多いのでいわれだしたことです。なんだか大人はイマドキノワカモノハ、といいますが昔から5月に来なくなっちゃうやつはいたということですね。それがいつの間にか5月に調子が悪い人には片っ端から五月病と呼ぶようになりました。「弱冠」という言葉と同じですね。本来は二十歳の若者に使う言葉ですが、たまに「ケネディは弱冠四十四歳で大統領となった」なんて言い方をしますね。

閑話休題。そもそも就職というやつは質問者さんもそうだったでしょうが新入社員には大変なカルチャーショックです。私もそうでした。バイトとは違うんですな。そして最初は緊張もしていますが、大抵は1ヶ月もすると持続しなくなるというか、まあだいたい環境が変わると1ヶ月目くらいに一度疲れのピークが来ます。私は転職の経験が何度かありますが、新しい職場に来ると、1ヶ月くらい経つと一度疲れのピークがやってきますね。ですから「新しくやってきて最初の1ヶ月目が過ぎた辺りは辞めやすい時期」ではあるのです。

>コンピュータプログラムに例えれば、連休前に不具合が発生したとして連休中に不具合を直せば済むことだと思うのです

コンピュータプログラムに例えれば、不具合が発生したので一度システムを止めて不具合を直して、テストしたときは全く問題がなかったからシステム再開してアクセス数が増えたらまた固まりやがった、というのはよくある話ですね。ローマ字入力がかな入力になっただけで「パソコンが壊れたー!」と騒ぐような技術に疎い連中が「直ったんじゃねーのかよ!」と怒り出して「何時に再開するんだ!」って、それが分かってりゃシステムダウンしてねーのって話です。どこがおかしいかわかんねーのに何時に再開できるか分かるはずもねえだろうって話ですな。
つまりコンピュータプログラムでさえ想定外のバグは日常的に発生するので、人間も想定外のバグは日常的に発生する、ということには技術屋的な視点でもご納得いただけるかと存じます。紙の上で正しかった(はずの)ことが、実際に運用するとその通りになるとは限りません。まだまだ、科学では解明できないことは多いということでございますなあ。

 大学も会社も、学校と違って最初の印象が大事だといわれますね。印象をよくしようと必死に振る舞ったり、働いたりすると、本来の自分とのギャップが大きくなって、5月頃限界が来るのかもしれません。ミスや変なところを見せたら、ダメな奴と思われる。春はそんなプレッシャーがかかりますね。

新生活の緊張が落ち着き、精神に疲れが出るころ、なんでしょうね。

五月病、六月になったら治る?

五月に発症するから五月病と言うのであり五月が終われば治るという定義ではありません。

環境が変わって緊張した日々を過ごす4月が終わった頃にゴールデンウィークがあります。
ここでホッときを抜いたはいいけど、あまりにプレッシャーが強く気持ちをたて直して休み明けに出勤できない。
不登校のような状態に陥ります。
というような例が多いことからその名前がついたようです。

一過性ですぐまた元気を取り戻せる人もいればそのまま数カ月数カ年、続く人もいます。
そうなると五月病とは呼ばずに他の病名がつくようになります。

五月病が6月に治るか…人それぞれなのでは…^_^;

6月になると梅雨時期も来て、気温差やジトジト感で体調を崩す方も居ると思うので…^_^;
,熱中症や日射病なども出てきそうですし。

環境や生活習慣のリズムを取り戻し、体と心がなれるのを待つ方が良いのではないでしょうか…?

月が替われば治る訳ではない。

これって五月病?どうしたらいい?

人間、そんなにずーっと元気ではいられません。むしろ、そっちの方が、限界が来た時にぷつっと言って危険ですよ。

対処法は、

無理に友達に合わせない。疲れてるな、楽しめないな、と思ったら、素直に疲れてるから今日はパスでって、お休みしましょう。
ここで、断ったら誘われなくなるかも・・・なんて思うこともあるかもしれないけど、無理は禁物。
変な嘘をつかずに、素直に疲れてるっていう方がいいですよ(楽しくなさそう、はまずいけど(苦笑))。

家事などちょこっとサボってみましょう。料理も掃除も洗濯もってがんばっていませんか?
今日は何にもやらない日、とか、洗濯はもう少したまってからでもいいか・・・とか。
私は社会人になってから一人暮らしたんだけど、このタイプで、体調崩し始めたころに、”毎日洗濯ができない・・・”って人に相談したら、”え?週末にすればいいじゃん?”って言われて。
自分は凄く深刻だったんだけど、人に言われてそんなもんかーって。

たまに、贅沢してみる。
甘いものが好きなら有名店のケーキを買って、かわいいカップで紅茶飲んでみるもよし。映画が好きなら、映画を一日見てみるもよし。DVDを借りてお菓子を買って引きこもるもよし。やる気が出るように、かわいい文具を買い揃えてみるもよし。
贅沢っていうか自分のテンションが上がることを、ちょっと奮発してもやるっていうのは大事だよね。
運動が好きなら運動でももちろんいいと思います。私は嫌いだから義務感でやってるのでストレス発散にはなんないけど(泣)

泣きたければ泣く。さすがに街中ではあれですが・・・テレビや映画でないてみるの、家でだったら急に涙が出てきたら我慢しないでないてみる。そうすると、途中で、あれ?なんで泣いてんだっけ?とケロッとすることも・・・。涙を流すとどんな理由でもストレス物質が溶け出すらしいんでね。
おおげさに泣いてみると意外にすっきりするのよね。

時には惰眠をむさぼってみる。まあ、授業サボるのはまずいけど、週末なんかはそんな日があってもね。

急激な環境の変化で、心が疲れているようですね。

土日を利用して実家に少しだけ帰ったり、高校のときの友達に電話してみてはどうですか?

きっとリラックスできますよー。
充電しましょ、充電。


あと新しい友達で同じように実家を離れている人がいたら、悩みを相談しあうといいかもしれません。
同じような虚脱感は、誰しもが抱えていますから、分かち合うことでお互いに軽くなれます。

バイトは変に責任を持っていないかな?慣れてないときはさ追いつくのに必死だったけど、たぶんストレスから来てると思う。女性の方なら産婦人科、思春期外来かな?
今なってよかった~社会人になってからなら大変かもね。もし出来るならバイト少しお休みしてさ、気持ちを落ち着けてもいいですよ~
後は栄養をキチンと考えてね~就職の事も考えないといけないし。大変だよね。

これが長引いたら(長引かなくてもそうですけど)うつ病かもしれませんよ。五月病と似ていますけど、うつ病は自殺行為にまで発展しますからね。
あえて、学校とかバイト休んでしまってはどうでしょう?
気持ちの切り替えはとっても大切ですよ。
それはわかっていると思いますが。リフレッシュってことですね。
緊迫し続けている状態でやっても疲れるだけですからね。

心の休養を、存分に。

まとめ

自分で何とか出来なさそうな時は、専門家に相談ですよ!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ