「ガッツポーズ」ガイド!「ガッツ石松が由来?」「ソフトテニスでは禁止」「海外では何と言う?」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

4月11日は「ガッツポーズ」の日。1974年のこの日、行われたボクシングの世界ライト級タイトルマッチで挑戦者のガッツ石松が8回KO勝ちし、両手を挙げて勝利の喜びをしたことが「ガッツポーズ」と名づけられました

ガッツポーズはガッツ石松が由来とのことですが、もっと前からあったような気がするのですが・・・

本当です。
おっしゃるとおりポーズ自体は前々からあったようなんですが、
それに「ガッツポーズ」という『名前』がついたのが、「ガッツ石松が(誰とやったかは忘れましたが)チャンピンになった際の記事」と言われています。

私も正確には、1974年にガッツ石松がKO勝ちしたとき、新聞記者が彼の両こぶしを高々と挙げた姿を見て、『ガッツポーズ』と表現したのが始まりだと聞いていましたが、1972年にボウリング界から出た言葉 という記事を2つ見つけました。

一般的に言われているのが、1974年の世界タイトル戦で勝った時にしたポーズが最初で、スポーツ紙が命名したと言われていますが、ボウリングが流行していた1972年の週刊『ガッツボウル』(1972年12月14日号、学研)に「自分だけのガッツポーズつくろう」というページがあり、そちらが先だという説もあります。

いずれにせよ、「ガッツポーズ」を有名にしたのはガッツ石松です。

過去にどういう時にガッツポーズしましたか?

サッカーをスタジアム観戦していて応援チームがゴールした時はやります!

ゲームでレアアイテムが出たときですw

ネットのプレゼントでクオカード500円が当たったとき(せこいw)

ターキー完成した時、ダブった時、ストライク取った時、スペア取った時・・・・・

難解な、開発を
苦労賛嘆した、上

反して
早期に
仕上げた、時
ですね

ソフトテニスの先輩からガッツポーズはだめと言われました。ソフトテニスではだめなんでしょうか?

マナーの問題ですが、多分規則でも禁じられていると思います。
こういう問題は書いてあったり書いてなかったりで
所属する連盟(都道府県)によっても微妙に詳細が違ってきます。
プロはパフォーマンスも給料のうちですから問題ありません。

例えば高校野球でホームランを打った選手が秋山(元西武)の真似をして、
ホームでバク転をしてホームインしたところアウトになってしまいました。
高校野球では相手を思いやらない過剰なパフォーマンスは禁止されています。

娘がソフトテニスしていますが、
相手へのガッツポーズは「禁止」みたいです。
ペア同士での小さいものはいいらしいのですが・・・相手へみせるガッツポーズは、場合によっては「反則負け」とみなされると聞きました。

地域によっても違うと思いますが・・・

腕をあげる程度ならばいいのかも!

ただ、質問者様の所属している部では長くその規則になっているみたいなので、「腕をあげる程度はどうですか?」と程度を聞いたらいいかもです。 部活頑張って下さいね♪

ガッツポーズ、海外ではどういう言葉で言われているんですか?

「ガッツ」=「Guts(内蔵・根性)」なので「内蔵ポーズ」は外国には無いと思います。

あえていうなら「Victory Pause」でしょうか。

日本語の「ガッツポーズ」は、doroesuteさんのおっしゃるようにガッツ石松がチャンピオンになったときに拳を振り上げるポーズをとったことをスポーツ新聞記者が記事に書いたことから生まれています。
英語では「ガッツポーズをとる(する)」ことを「strike a victory pose」と言います。ですから「ガッツ石松がチャンピオンになったときガッツポーズをとった。」というのは英語で「Gattsu Ishimatsu struck a vitory pose when he won a championship.」となります。

ガッツポーズは完全な和製英語です。スポーツ選手が「やったぜ!」という意思表示をするとき、右手の拳を固く握り締めぐっと後ろに引いたり、空中に高く突き上げたり、突き上げた拳を2-3回上下に振ったりします。ボクシングの場合はレフェリーが勝者の片手を頭上高く持ち上げます。ガッツボーズはこのしぐさから自然に生まれたもので、ガッツ石松の専売ではありません。かれは好んでこれを日本人離れした大げさなジェスチャーでやったから有名になったのでしょう。
ちなみにガッツ(gutts)とは勇気、気力、根性を表すので日本人好みの英語で、これにボクサーのしぐさ(pose)をつけて生まれたのがガッツ・ポーズです。
スポーツ番組がテレビ中継されるようになってスポーツ選手は独自のガッツ・ポーズを工夫するようになったので英語での表現もいろいろ生まれているでしょうが、古典的な表現は拳を強く握り締める(clench one's fist)その拳を空中に突き上げて上下に振る(pump one's fist in the air)などでしょう。複雑すぎて表現に困るのは(日本語でも)サッカー選手のガッツ・ポーズです。

リオ・オリンピックの卓球男子の銅メダリストである水谷隼のガッツポーズが、張本勲氏が問題にしていました。 「あんなガッツポーズはダメ、手は肩よりあげちゃダメ、礼に始まり礼に終わる」 五輪でガッツポーズなどについてや喜び方など、どう思います?

張本さんも現役時代は、腕をピーンと上げてガッツポーズをしていました。
それをすっかり忘れているのでしょう。あるいは、現役時代は礼が足りないまま野球をしていたのかも知れません。
いずれにしても、自分を差し置いて五輪選手をどうのこうの言う資格はありません。

水谷選手の気持ちはよくわかります。でも、張本のお爺ちゃんのお説教も、「お爺ちゃんのお説教」としてアリだと思います。そういう立場から説教する人も世の中必要です。

あのお爺ちゃんの言葉は、今はもう絶滅危惧種となった「近所(あるいは家族)の面倒なお爺ちゃん」です。私は亡くなった祖父を思い出しますね。

良いと思います。優勝者が無表情で冷めてたら異様です。肩より云々の理由は張さんに聞きたいですね。何ででしょう。「礼に始まり礼に終わる」は柔道ですよね。ただ、水谷選手が勝って床に寝ころんだのは個人的には格好悪いと思いました。相手の選手も困惑した顔してました。

まとめ

Photo by photo AC

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ